楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

壁紙                                           (加計・温井ダム:17年11月21日撮影)

0672壁紙 

PageTop

最後の輝き                                           (温井ダム:17年11月21日撮影)

 文化産業祭で借りたパネルを加計体育館へ返却し、安芸太田フォトクラブの写真展を撤収した後、温井ダムへ走った。もう、紅葉は無理だろうと半分は諦めていたが、最後の輝きを見せてくれた。終焉も捨てがたい。撮影するポイントは毎年ほぼ同じになるが、被写体の手前の木が段々大きくなり、撮れなくなる場所が増える。今年の秋写真は、手すきの時間が少なくて、しかも一気に冬が来てしまい、消化不良になった。雪の前の冬枯れを探そうか。

0623温井ダム1711211 

0638温井ダム1711212 

0653温井ダム1711213 

0666温井ダム1711214

0672温井ダム1711215

0681温井ダム1711216
温井ダム。撮影開始が3時前だから駆け足状態になった。幸い雲がなく、待ち時間なし

0716猪山1711218 
猪山地区へ足を伸ばしたが、日蔭が多く撮る気は失せていった。坪野の柿は全滅だったのに、猪山は豊作だった
                        ◆
 帰り道、滝山川発電所近くで鉄塔の解体工事に出くわした。了解を取って撮影。作業現場は温井ダムへ上がっていく国道の高さとほぼ同じで、ドローンか、ヘリから撮ったような写真になった。2本の命綱を頻繁に架け替えながら移動し、4人の息を合わせた仕事ぶりはプロそのものだ。地上で徹底的な訓練を受けたのだろうと思われる安全第一の作業ぶりには感心した。撮影より、彼らの身のこなしに見入った。礼を言うと、「はーい」と若い声が返って来た。

0731高所作業17112111 

0737高所作業17112110 
国道には運よく近くに退避場所があって車が止められた。こんな写真を撮れる条件は、日本全国滅多にないないだろう。しかも、この日この時だけ

PageTop

文化産業祭

 雪こそ降らなかったが冷え込んだ。来場者が減るのを心配した坪野地区文化産業祭は、例年通りの人出があって一安心だった。飲食を屋内に変更したのも正解、寿司や豚汁は完売、鮎の塩焼きも売れ行き好調だった。缶ビール1本、日本酒1合は100円の格安で、日本酒を3杯飲んでしまった。10時開会で野菜の競売が終わるのが2時半だから短い。ただ、準備と後片付けもイベントの内と考えれば、地域力がないと出来ない大きな行事だ。

0466産業祭1711191 
テープカット。切ったテープはつないで、また来年使用する。白い手袋はあるのだが、そこまですることもない

0470産業祭1711192 
交流センターなどでは、年に何回か消防訓練が義務付けられている

0483産業祭1711193 

0491産業祭1711194 

0544産業祭1711197 
販売が始まると一気に売れる。鮎1尾400円、寿司1パック400円、豚汁200円、ぜんざい100円。作るのも、売るのも、買うのも皆住民

0498産業祭1711195 
午前中だから大宴会にはならないが、鮎や豚汁を肴に話は弾む

0515産業祭171196 

0560産業祭1711198 
今年は文化作品と農産物の仕切りをなくした。広々して良かった。イスを置いたのも喜ばれた

0571産業祭1711199 
グランドゴルフのホールインワン大会。距離を5メートル、10メートルにしてもなかなか入らない

0604産業祭17111910 
農産物の競売。出品数は例年より少なかったが、比較的いい値が付いて、まずまずの売り上げが地区協へ入った

PageTop

秋しっとり                                           (加計・吉水園:17年11月18日撮影)

 文化産業祭の準備が終わり、一般公開されている県名勝・吉水園へ。昨夕、テレビの情報番組で紹介されたが生憎の雨模様、観光客はボチボチで撮影には好条件だった。意外に若い人が多い。スマホで自撮りしたり、インスタ映えを探したり、古さが新鮮なのだろう楽しむ視点が違うようだ。狭い庭園なので、ほとんどのアングルで撮っているように思うが、新しい発見はある。公開は年8日しかないのだから必ず行くようにしている。明日19日まで、次は来年6月。

 0325吉水園1711181

0336吉水園171182 

 0350吉水園1711183 

 0368吉水園1711184 

 0389吉水園1711186 

 0388吉水園1711185

0403吉水園1711187 
受付の人が「今日はカメラの人が多いです」。晴れの日もいいが、雨の方が好きだ

PageTop

文化産業祭準備

 年内最後のビッグイベント・坪野地区文化産業祭の会場を設営した。例年なら交流センターのグラウンドがバザーや飲食会場になるが、明日は最高気温の予測が6℃なので、舞台や隣接の消防屯所を使う。室内での宴会になりそうだ。農産物が不作で出品は昨年の半分ぐらいか。農協の審査員によると、9月からの雨と低温、病気が祟った。それでも上位入賞作物は、素人が見ても納得の出来で脱帽。賑やかしに出品した私のカボチャは、何と銀賞に入った。

7321文化祭準備1711181 
手前が文化作品、奥が農作物の展示場。昨年まではパネルで区切っていたが、文化作品の出品が減る傾向にあり、パネルを減らしてぶち抜いた

7325文化祭準備1711182 
審査する農協の職員。「他の地区より立派」とお褒めの言葉。競売では「苦労されたのだから、安く売らないように」とアドバイス

7333文化祭準備1711183 
厨房では女性陣が豚汁の準備。人気があり例年完売する、寒い明日はなおさらだろう

PageTop