楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

田んぼに 空に

 台風のせいで撮影会が中止になり、出品数を心配したが、安芸太田フォトクラブの例会は、実りの田んぼや大きな空、大胆に切り取ったコスモスなどが出揃った。浅い秋のこの時期にしては合格点だった。遠くへ出かけた作品は芸北・八幡ぐらいで、ほとんどが住んでいる近くだ。現場に立ち会ってみたい題材もあって、「地元の強み」をつくづく感じる。「10月の撮影会は」、「天候によっては朝早くですよ」。冷え込み、鮮やかな秋本番を期待しよう。

6812例会179231 
上位10点に入る作品が、一人に偏る場合がある。「今日は〇〇さんデーじゃねぇ」。

6815例会179232 
上位に選ばれた作品

左上=杉と竹の林から朝日が、空き家の屋根に差し込んだ。稲が色づいていたら一層秋らし
     さを表現できた。こんな場面に出会い、さぞドキドキしただろう

左下=出荷用の露地白菜の畑。変形した田んぼに沿って畝が曲がり、ビニールの覆いが造形
     になった。今では白菜が育って見えなくなったと言う。撮るタイミングは限られている

右上=実った稲、杉林、形のいい雲。役者がそろった。よく見ると稲が倒伏したため、数株
     をまとめて縛っている。農家の苦労が忍ばれる。アップでも撮りたかった

右下=漂う霧を朝日が染めた。自宅の近く、作者の領土のようなもので、他人はむやみに立
     ち入らず、お任せしよう。鉄塔など気にすることはない

PageTop

廣陽&ラボ 写真展

 運良く、広島市内での会議と二つの写真展の初日が重なった。草刈りなどを午前中で切り上げて急いだが、綱渡りになってしまった。ゆっくり鑑賞できなかったのが残念、申し訳なかった。創部68周年の廣陽カメラ倶楽部は県写連内の有力クラブ。39人が3枚組写真とテーマ「私の想い出写真」の計4枚を出品している。会議が終わって5時になったヒロシマ・ラボ・クラブ展では、北恵会長と入れ違いになった。12人、計39点の優しい視点の作品が並ぶ。

6790広陽179191 
第38回廣陽カメラ倶楽部展。2年に1回の開催。広島県立美術館の県民ギャラリー、24日まで、9時から17時。無料

6794ラボ179192 
第48回ヒロシマ・ラボ・クラブ展。受付の人にモデルになってもらった。NHK広島2階ギャラリー、24日まで、9時から18時。無料

PageTop

カープ連覇

 祝。カープ2連覇。マジック2になった14日から、交流センターでパブリックビューイングをした。14日は勝ったのに、巨人が2位阪神に勝ち切れず引き分けて優勝ならず。16日のヤクルト戦はまさかの逆転負けで地元Vを逃した。3度目の正直は敬老会の後、阪神との直接対決を3-2で退けた。たまったストレスがやっとふっ飛んだ。田舎では慣れないイベントなのか、多くて12人ぐらいでちょっと寂しかったが、日本一に王手がかかれば、ぜひやりたい。

6760カープ優勝179181 
優勝が決まった瞬間。この後、3人が駆け付けた。パブリックビューイングは途中経過でヤキモキするのが面白さを倍加させるのだと実感した

6762カープ優勝179182 
25年ぶりの昨年とは違い、ワクワク感や感激度はやや少ない。が、優勝とはいいものだ

PageTop

敬老会

 台風が去り、敬老会が無事開かれた。例年、日曜に開くのだが、町のビッグイベント「しわいマラソン」があるので一日ずらして今日にした。それが幸い、爽やかな秋日和になった。参加者は年々減っていて、世話をする「若手」の方が多い。来年からは、敬老者とスタッフが混ざって会食するのを考えてもいい。今年のトピックスは地元の神楽団有志のボランティア出演。演目はえべっさんが鯛を釣り上げる「恵比寿」で、神楽どころらしく盛んな拍手に包まれた。

6550敬老会179181 
開会の挨拶は地区長の私の役目。「元気な姿で若い者を引っ張って欲しい」と激励した

6575敬老会179182 
女性が多い。積極的に外へ出る人が元気になるのだろう、平均寿命がそれに現れている

6670敬老会179183 
カラオケで美声を聞かせる山本さん。声も衣裳が年齢を感じさせない

6704敬老会179184 
15分ぐらいの演技だったが、敬老会が華やかになった。民俗郷土芸能は地域の宝だ

PageTop

カボチャ豊作

 カボチャの葉に勢いがなくなったし、秋植えの畑を準備しないといけないので全部収穫した。今年植えたのは2株。うち1株が植えてすぐ、虫に食われて消えた。追加で植えた1株は白いカボチャだった。ほとんど世話をしなかったのにゴロゴロ出てきた。大きな葉や茂った草に隠れて山から見えなかったのか、猪や猿の被害はゼロだった。近年にない出来栄えで、11月の文化産業祭に出品出来るのでひとまず安心だ。それにしても多い、いい手土産になる。

6455カボチャ179121 
8月には15個ぐらいは収穫している。熟れていないのは白っぽいが、時間がたてば大丈夫だろうと思う。カボチャは保存がきくので、少しづつ広島へ持ち替える

PageTop