楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

氷点下23度、大苦戦                                        (芸北・八幡:18年2月9日撮影)

 午前4時、県の「ひろしま道路ナビ」で芸北・八幡の気温は氷点下18度だった。昨夜、アルコールを早めに飲んで、備えた甲斐があった。日の出前に八幡へ着くと、23度へ下がっていた。星空にクッキリの月、「霧氷の花 霧が流れて 光るダイヤ」にワクワクした。暗転、雲が一気に広がった。日が当たる順番に走り回るつもりだったが、最初のポイントでじっと待つ羽目になった。日が当たっても10秒ぐらい。日差しは弱く、望みの場所を滅多に照らさず大苦戦。

1835八幡18291 

1858八幡18292

1874八幡18293 

1886八幡18294 

1893八幡18295 
芸北・八幡。撮影場所に着いたのは6時48分、最後の写真は8時15分。同じ場所でやっと撮れた4枚。2枚目は西の空、この後、雲が湧いて東へ流れ、日の出を隠した

1926八幡18296 

1939八幡18297 
芸北・八幡。霧氷の木だけへ日が当たって欲しいが、叶わぬ願いだ。しかも、薄い雲を通した日差しだから、あきらめの気分にもなる

※昨年1月26日付ブログ「氷点下19度」を参照、ワクワクした気分が分かると思います。
  それにしても氷点下23度は、北海道並みです。

PageTop

壁紙(戸河内・松原:17年12月17日撮影)

1148壁紙 

PageTop