楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

カボチャ豊作

 カボチャの葉に勢いがなくなったし、秋植えの畑を準備しないといけないので全部収穫した。今年植えたのは2株。うち1株が植えてすぐ、虫に食われて消えた。追加で植えた1株は白いカボチャだった。ほとんど世話をしなかったのにゴロゴロ出てきた。大きな葉や茂った草に隠れて山から見えなかったのか、猪や猿の被害はゼロだった。近年にない出来栄えで、11月の文化産業祭に出品出来るのでひとまず安心だ。それにしても多い、いい手土産になる。

6455カボチャ179121 
8月には15個ぐらいは収穫している。熟れていないのは白っぽいが、時間がたてば大丈夫だろうと思う。カボチャは保存がきくので、少しづつ広島へ持ち替える

PageTop

畑準備

 秋野菜の植え付け準備をする時期になった。が、今年は雨が多く、草が勢いよく伸びた。タマネギとジャガイモを植えた場所は収穫後、草を2回抜いたが、耕運するためには3度目が必要になった。一昨日と昨日、炎天下の午前8時半から11時過ぎまで、作業時間と同じぐらい休憩しながらゴソゴソ動いた。服が汗でべったり体にくっつき、無残な腹があらわになった。苗が100%育たないこともあるので、白菜の種を多めに播いた。9月中ごろには定植したい。

6169畑準備178242 
耕運した場所の後ろではカボチャが領土を広げ、草と戦争状態になっている。トマトも囲まれてしまい、収穫が難しくなった

6167種蒔き178241 
発芽までは直射日光が当たらないのがよさそうだ。日が一日中当たらない場所は限られている。しばらくの間、陰を求めて移動させる

※24日夜、原因はわかりませんが、新しい記事が書けなくなりました。
 このため、この記事と安芸太田フォトクラブの例会の記事が一日遅れ
 になりました。25日午前10時ごろ、何もしていないのに復旧しました。

PageTop

草刈り6時間

 台風一過、気合を入れて8時から家の裏の草を刈った。2時間が限度で半分ぐらいしかできないだろうと思ったが、覚悟したほどには暑くなく、正午までの4時間となった。途中、夜勤明けの清水さんが声を掛けて来た。実は「草刈り隊」が受けている面積が増えて、盆までに消化できそうにない。清水さんに機械を出してもらって午後4時から、草を刈ることになった。終了は6時、本日計6時間の草刈りデーになった。盆前の締め、 明日は2時間、家の前で汗をかく。

6142草刈り17881 
きれいさっぱり。日本中で草刈りをした人は何十万人いるのだろう。すっきり、ビールが旨い

PageTop

1日中戸外

 初夏を思わすような好天、絶好の楽農日和になった。タマネギの草取りに2時間、堆肥の運搬と鋤き込みに2時間半かかり、久しぶりにいい運動だった。本日の締めは冬用タイヤの交換。いつもは春分の日ごろだが、今年はなぜかタイミングが外れて今日まで延び延びになっていた。普通のタイヤより大きく重いので、納屋からの運搬や装着に骨が折れる。家の周りの草も一気に勢いを増してきた。明日は実家で粗代をかく。体が追い立てられる季節が来た。

4358耕運174192 
ネットが掛かっているのがタマネギ、その右は芽を出し始めたジャガイモ。手前は堆肥を鋤き込んだ場所。ナスやキュウリ、トマト、ピーマンなどを植える予定だ

4353タイヤ交換174191 
11年目に入った愛車。少々高額なタイヤなので使い切りたい。タイヤを理由に車の買い替えは3年ぐらい先

PageTop

頑張れタマネギ

 とある理由で午前の2時間は、地区の吉村さんのドローン空撮をサポート。午後1時からは部落総会を前にした役員会議、3時過ぎからは猿対策でタマネギをネットで囲った。忙しそうだが体力を使うわけではなく、春らしくなった空気の中で気分のいい一日だった。よその畑は見ないようにしているが、今年もタマネギの育ちがイマイチなのが気にかかる。最近連続して作物の出来が思わしくない。土なのか、肥料なのか、菌なのか。楽農が苦悩になりかけている。

3682猿対策173171 
いつもの光景だが、植えた場所は道のすぐそばで、出来を目の前で見られてしまうのがキツイ

3676梅173172 
紅梅はほぼ満開になった。春分の日は近い、「楽農楽写」にエンジンをかける時期だ

PageTop