楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

タマネギ収穫

 晩生のタマネギが倒れたので収穫した。出来はまずまずで合格点。昨年11月、天候不良で苗の育ちが悪く、2週間遅れで入荷したので心配した。大雪でつぶされた茎は、3月初めになっても箸ほどの大きさでしかなかったので、3年連続の不作を覚悟した。早生は小さかったが、晩生の茎は4月になると太く高くなり期待させた。5月末なると草も元気がよくて、玉は隠れて見えないほどになった。「茎ばっかり育ったのでは」と不安だったが、いい姿を見せてくれた。

3185玉葱18621 
明日、5箱を広島へ持ち帰る。タマネギの後ろにはホウレンソウと春菊、大根、ジャガイモが並ぶ。青いネットの中には赤タマネギが残っている。ビニールテントにはミニトマト。他にナス、ピーマン、キュウリ、オクラ、ショウガ、里芋が育っている

PageTop

久しぶりの楽農

 4月を通り越したような陽気、畑に発破をかけられた。昨日はジャガイモを植え、今日は大根や小松菜、ホウレンソウの種を播いた。玉葱は昨年秋、苗の育ちが悪くて入荷が2週間遅れた影響だろうか、今一つだ。だが猿にとってはご馳走だからネットで囲った。久しぶりに草取りもして、かがんで動いたためか、腰のあたりが重い。明日はプロ野球開幕、広島で藤友さんと「お隣ビューイング」をする。来週は大腸ポリープの切除ある。農作業は当分お預け。

8295畑仕事183291 
日が長くなって明るいうちにネットを張り終えた。奥の湿った場所には大根やホウレンソウの種を播き、ジャガイモを植えている

PageTop

カボチャ豊作

 カボチャの葉に勢いがなくなったし、秋植えの畑を準備しないといけないので全部収穫した。今年植えたのは2株。うち1株が植えてすぐ、虫に食われて消えた。追加で植えた1株は白いカボチャだった。ほとんど世話をしなかったのにゴロゴロ出てきた。大きな葉や茂った草に隠れて山から見えなかったのか、猪や猿の被害はゼロだった。近年にない出来栄えで、11月の文化産業祭に出品出来るのでひとまず安心だ。それにしても多い、いい手土産になる。

6455カボチャ179121 
8月には15個ぐらいは収穫している。熟れていないのは白っぽいが、時間がたてば大丈夫だろうと思う。カボチャは保存がきくので、少しづつ広島へ持ち替える

PageTop

畑準備

 秋野菜の植え付け準備をする時期になった。が、今年は雨が多く、草が勢いよく伸びた。タマネギとジャガイモを植えた場所は収穫後、草を2回抜いたが、耕運するためには3度目が必要になった。一昨日と昨日、炎天下の午前8時半から11時過ぎまで、作業時間と同じぐらい休憩しながらゴソゴソ動いた。服が汗でべったり体にくっつき、無残な腹があらわになった。苗が100%育たないこともあるので、白菜の種を多めに播いた。9月中ごろには定植したい。

6169畑準備178242 
耕運した場所の後ろではカボチャが領土を広げ、草と戦争状態になっている。トマトも囲まれてしまい、収穫が難しくなった

6167種蒔き178241 
発芽までは直射日光が当たらないのがよさそうだ。日が一日中当たらない場所は限られている。しばらくの間、陰を求めて移動させる

※24日夜、原因はわかりませんが、新しい記事が書けなくなりました。
 このため、この記事と安芸太田フォトクラブの例会の記事が一日遅れ
 になりました。25日午前10時ごろ、何もしていないのに復旧しました。

PageTop

草刈り6時間

 台風一過、気合を入れて8時から家の裏の草を刈った。2時間が限度で半分ぐらいしかできないだろうと思ったが、覚悟したほどには暑くなく、正午までの4時間となった。途中、夜勤明けの清水さんが声を掛けて来た。実は「草刈り隊」が受けている面積が増えて、盆までに消化できそうにない。清水さんに機械を出してもらって午後4時から、草を刈ることになった。終了は6時、本日計6時間の草刈りデーになった。盆前の締め、 明日は2時間、家の前で汗をかく。

6142草刈り17881 
きれいさっぱり。日本中で草刈りをした人は何十万人いるのだろう。すっきり、ビールが旨い

PageTop