楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

1日中戸外

 初夏を思わすような好天、絶好の楽農日和になった。タマネギの草取りに2時間、堆肥の運搬と鋤き込みに2時間半かかり、久しぶりにいい運動だった。本日の締めは冬用タイヤの交換。いつもは春分の日ごろだが、今年はなぜかタイミングが外れて今日まで延び延びになっていた。普通のタイヤより大きく重いので、納屋からの運搬や装着に骨が折れる。家の周りの草も一気に勢いを増してきた。明日は実家で粗代をかく。体が追い立てられる季節が来た。

4358耕運174192 
ネットが掛かっているのがタマネギ、その右は芽を出し始めたジャガイモ。手前は堆肥を鋤き込んだ場所。ナスやキュウリ、トマト、ピーマンなどを植える予定だ

4353タイヤ交換174191 
11年目に入った愛車。少々高額なタイヤなので使い切りたい。タイヤを理由に車の買い替えは3年ぐらい先

PageTop

頑張れタマネギ

 とある理由で午前の2時間は、地区の吉村さんのドローン空撮をサポート。午後1時からは部落総会を前にした役員会議、3時過ぎからは猿対策でタマネギをネットで囲った。忙しそうだが体力を使うわけではなく、春らしくなった空気の中で気分のいい一日だった。よその畑は見ないようにしているが、今年もタマネギの育ちがイマイチなのが気にかかる。最近連続して作物の出来が思わしくない。土なのか、肥料なのか、菌なのか。楽農が苦悩になりかけている。

3682猿対策173171 
いつもの光景だが、植えた場所は道のすぐそばで、出来を目の前で見られてしまうのがキツイ

3676梅173172 
紅梅はほぼ満開になった。春分の日は近い、「楽農楽写」にエンジンをかける時期だ

PageTop

瓢箪からジャガイモ

 昨年の秋ジャガは育ちが悪かった。11月、産業祭の出品用に1株ほど試し掘りをしたら、ピンポン玉ぐらいだったので、収穫する気にもならなくなった。そのまま放置していたが、耕運しなくてはならないから仕方なく掘ってみた。すると立派な芋が出てきた。土の中で一冬越した味はどうか。レンジでチンして、味付けなし食べると甘さがあって大合格。秋ジャガは必要に応じて、春までその都度収穫すればいいのだ。ただ、春ジャガが夏を土の中で越せるかは不明。

3638ジャガイモ173161 
畝にある白いひものようなのは枯れたジャガイモの茎。手前のバスケットは小さなジャガイモ、芽を出すから残らず収穫する

PageTop

耕運

 ジャガイモの植え付けが近くなったので、いよいよ今年の楽農を始めた。約3時間、堆肥を入れて耕運しただけで運動量はさほどではない。少しヒンヤリした空気が、むしろ心地よかった。近所では猿対策のためにタマネギをネットなどで囲っている畑が増えている。まだ、雪で押し潰される可能性はあるが、そろそろネットを張って防御態勢に入る時期になった。畑仕事を適度に組み入れて、運動不足を少しでも解消しよう。体重93キロ、1年後の目標は85キロ。

3613耕運173141 
堆肥を運んだネコ車と初仕事の耕運機。水洗いしてご苦労さん

PageTop

剪定伐採

 体がなまっている。運動がてら裏庭の木々を剪定、伐採することにした。自然に生えた雑木、ひこばえが大きくなった柿、モミジに絡みついた蔓植物、伸び放題になった百日紅と椿。冷たい空気は苦にならなかったが、切れ味の悪いノコと剪定ばさみに加え、日ごろ使わない筋肉がすぐ疲れを訴えた。まだ、本命の梅の木と家の前には私が剪定できる木がある。明日はもっと寒くなりそうだが、こ奇麗にしよう。それにしても今、太ももや背中が重く、肘が痛む。

2417剪定171111 

2419剪定171112 
写真で見るとそれほどの量には見えないが結構ある。幸い裏は広いので切った枝は山積みにして、乾燥したら焼く。田舎だからできることだ

PageTop