FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

梅一輪

 坪野で年内の事務処理を終えて、広島へ帰ろうとしたら標準木にしている庭先の紅梅一輪が目に入った。記録によると、概ね1月下旬から2月下旬にかけて開花するのだが、12月に咲くのは15年の16日に次いで早い。暖かい冬を裏付けている。ただ、明けて16年はそれなりに雪が降ったから、寒い冬を期待しよう。広島へ帰ると孫の杏ちゃんが迎えてくれた。1月4日までの滞在予定で、小さな女帝が年末年始を席巻する。年末寒波らしい。雪を見せたい。

0853紅梅1812271 
根元に近い位置に咲いていたので、愛車のCX3をバックに置いた。15年12月16日と14年2月27日付のブログ参照

0868杏ちゃん1812272 
少しは増えたが、相変わらず髪が少なく男顔の杏ちゃん。街中でお婆さんから「イケメンになるねえ」と声を掛けられるという。お母さんも慣れて、「女の子です」と言わず適当にやり過ごす。見知らぬ人から「お嬢ちゃん」と言われたことはないそうだ

PageTop

イノシシ捕獲

 「大きゅうはないがイノシシが捕まった」と、坪野で唯一罠を仕掛けている岡本さんから知らせがあった。撮影のため、連絡をお願いしていた。体長60㌢程度。罠の周囲の斜面には、何本もの獣道がある。難を逃れた仲間は罠の恐ろしさを見ただろう。岡本さんは警戒心を解くため、仕掛けが落ちないようにして米ぬかを檻へ入れ、何回も食わせる作戦をとる。その場で殺処分、土を入れ替え、再び米ぬかを食べさせる。約300㌘の肉が届いた。年末が楽しみ。

0822猪1812242 

0815猪1812241 
イノシシは鉄製の檻へ何回も激突して威嚇する。血こそ出ていないが眉間と額の毛はちぎれて無くなっている

PageTop

水路に猪

 いつも水路を見回っているSさんから「猪が水路で死んでいる」と連絡があった。国道脇の水路に体長1㍍近い大物が横たわっていた。山側には落石ネットが張ってあり、山から転落したとは思えない。国道を歩いていて足を踏み外したとしても死ぬほどの高さではない。車にはねられたのだろう。車も相当傷んだに違いない。この夏の夜明け前、芸北で野うさぎをはねた。黒い影が走り、衝撃と音がした瞬間、目をつむり、ブレーキを踏み、ハンドルを強く握った。

0287イノシシ181181 
頭の部分は水につかっている。国道までの高さは1.2㍍ぐらい。役場へ「ロープがないと上げられない大きさ」と通報した

PageTop

梅開花

 標準木にしている紅梅が2輪、3輪やっと開いた。寒さが影響して例年になく遅いと思っていたが、過去の記録を見るとそれほどでもない。11年から14年までは今年と同じ26日前後だった。15年が2月16日、16年は前年の12月16日、17年は1月18日だった。3年続きで早かったので錯覚した。昨年、剪定に入った造園業の兄に、庭の古木の紅梅へ支柱を立ててもらったが、大雪の重みで幹が折れた。それでもツボミは健気に咲こうとしている。

8159梅開花182262 
朝は膨れたツボミだったのに夕方に開きかけた。よく見ると他にも2輪咲いていた

8152梅倒伏182261 

梅支柱 
上は折れた紅梅。何十年、住む人や庭の木々へ春を告げたのだろうか。下は支柱を立てる兄(左、昨年2月27日)

PageTop

塹壕

 小動物が家の周りや畑を掘るのは日常だが、巣穴を作ろうとしたのではと思うほどの大きな穴が裏庭に出現した。穴より塹壕に近い。周囲の足跡から見ると狸のようだが、寝入っている夜のことだから分からない。昨日見つけて穴を埋めたのに、「なんてことをするんだ」と言わんばかりに、より大きく、深くなった。地中の獲物を狙ったとも思えず、ご苦労なことだが目的が分からない。明日からしばらく留守にする。地下壕のような「住まい」が出来ていたりして。

5128塹壕176141 
根が邪魔になったろうに、奥行きは25センチぐらい。怒られるかもしれないが再度、埋め戻した。比較対象物はいつものようにビール缶

※1年半ぶりの「藤森会」で北海道へ。ブログは当分お休みです。

PageTop