FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

可部フォトクラブロビー展

 朝刊を見てびっくり。案内はがきで今日からの開催だと思っていた第54回可部フォトクラブのロビー展の記事が載っていた。代表の樋野村さんへお詫びの電話をし、会場でお会いできるか話したが、あいにく所用があった。体調を崩されたと聞いていたが元気そうだった。7人が26点を出品。大滝さんのポートレートは毎回楽しみ、樋野村さんの「光彩」は切り取り方が流石だ。コロナの影響もあってか、今年撮影の作品は少なく、苦労の跡がうかがえた。

6064可部フォト209161
最近、写真展の案内が届くようになった。コロナに負けてはおれないとの気持ちが強くなっているのだろう。安佐北区総合福祉センター1階ロビー。26日まで、8時30分から22時まで

PageTop

広島山岳会写真展

 コロナが影響したのか、写真展の案内が来ない。来場も期待できず中止になっているのだろう。県写真連盟監事の笹田さんから、自身の作品が展示されている「第2回広島県山岳会・スポーツクライミング連盟写真展」の知らせがラインで入った。17人が40作品を出品、登山者ならではのチャンスを捉えている。デジカメになって携行が楽になり、手軽に撮れるようになったお陰だ。サイズも額もバラバラなのが、普通の写真展らしくなく、逆に楽しかった。

5966山岳会展208261
写真に詩を焼きこんだ作品もあり斬新、ポストカードのプレゼント有。笹田さん(左)と。NHK広島放送局2階ギャラリー。8月30日まで、9時30分から17時30分(最終日は16時30分まで)

PageTop

スマホ電話会議

 24日のさんけんのパソコン会議に続き、今度はスマホによる電話会議が開かれた。議題は5月5日開催の第55回広島県写真連盟展の実施の可否。状況はますます悪くなっているので異論なく、中止を決めた。出品作を決めている各クラブへ早急に連絡する。コロナウイルス騒ぎでパソコンやスマホを使った会議や飲み会が普通に開かれるきっかけになるだろう。出張が減り交通機関やホテル、居酒屋が影響を受け、目に見えないうちに社会が変わる。

5344スマホ会議203281
気心の知れた少人数の会議には全く問題ない。大人数だと議論が出来ず上意下達、形式的な会議になる危険性がある。写真左下は撮影している私

PageTop

ニッコールクラブ広島支部展

 第3回ニッコールクラブ広島支部写真展へ出かけた。15人がテーマを決めた作品や自由作品を3点づつ、計45点出品している。「広い会場しか取れなくて、写真が小さく見えるんですよ」と受付当番の人。 同クラブは会期最終日、記念講演会を開く。しかし今年は、新型コロナウイルスの影響で、昨日になって本部からの講師派遣が取りやめになり、講演会は中止に追い込まれた。「準備万端整えたのに」と悔しがる。聴講するつもりだったが残念。

5221ニッコール展202202
来場者と作品について話すクラブ員(左)。県立美術館の県民ギャラリー、23日まで

5211ニッコール展202201
会場にはクラブの例会の様子が写真で紹介されていた。17年にクラブ訪問をした際、私が撮影した写真。データを軽くしたブログの写真をプリントしているが、予想以上に鮮明だった

PageTop

県写連役員会

 今年の広島県写真連盟展は5月5日から。逆算すると3月初めには年次総会と代表者会議が必要で、例年より早めの役員会開催となった。新年度事業で写真集を発行するかどうかのアンケートをしたが希望者は予想以上に少なく、見送らざるを得なくなった。このため、協議する事項が減り、いつもは4時間近くかかる会議は半分で終了した。かといって課題はある。高齢化などによる加盟員の漸減、新役員の選出、財政の先細りなどだ。知恵を出さなくては。

5169県写連役員会20291
総会を前に事務局・会計の小下さん(左)にはおんぶにだっこである。4期8年、頭が下がる

PageTop