楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

さんけん新聞 3号

 さんけん新聞3号の初校ゲラが出来上がったのが8月1日、確認・訂正が終わったのが3日、事務局からブログ用に紙面の写真が送られて来たのが、今日5日になった。毎月1日発行でブログ掲載を2日にするためには、原稿締め切りが20日、リライト・レイアウト終了を27日ぐらいにする余裕がないといけない。ただ、収容できる記事数、行数、写真点数が、大雑把だがつかめてきたのでスピードアップ出来そうだ。ワードの編集技術アップも課題だ。

IMG_20170805_114405.jpg一口メモ」と「この人」の決まり物に、「南峰と歩く」が加わった。「南峰と歩く」のレイアウトはその都度変えて、紙面に変化を持たせたい

PageTop

さんけん新聞

 月1回発行予定の「さんけん新聞」が出来上がり、NPO法人三段峡―太田川流域研究会の会員へ配信された。B4縦、7段、記事はワードで縦組み。これまで発行した猿新聞やつぼのしんぶん、県写連だよりはA4縦に横組みで、レイアウトしながら記事を直接打ち込んでいるが、さんけん新聞は会員の原稿だから手間がかかる。記事スタイルに一旦リライトし、行数調整をしながら見出しや写真を組み込む。我流のワード編集だから時間はたっぷりかかった。
                           ※カテゴリーに「三段峡」を追加しました。

111 さんけん17731B4だから我が家ではプリント出来ず、事務局で写真を撮って送ってもらった。紙面制作の約束事はほぼクリアしたと思うが、気になるところが何カ所かある。発行日は7月1日にしている。事情があって第2号

PageTop