FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

労組OB飲み会

 中国新聞へ連載された山城滋さん執筆の「維新の残り火・近代の原風景」が出版された。当然のように昨日、四半世紀以上前のいつもの労組役員仲間が祝いのグラスを傾けた。併せて秋の府中町議選へ初出馬する田中伸武さんと買収疑惑の河井容疑者夫婦を追及する市民グループの先頭に立つ山根岩男さんを激励する会になった。店は歩道に面したビアテラス。偶然、写真記者の川村奈菜さんが通りかかり、かつての上司と目が合って引きずり込まれ、一段と賑わった。

5854出版記念飲み会20711
いつもは居酒屋が会場になるが、コロナが心配なのでビアテラスになった。運よく雨も上がり、爽やかな風が吹き抜けた

5855出版記念飲み会20712
談笑する川村記者(左から二人目)。顔見知りとは言え元上司、しかも前期高齢者。遠慮なく入ってもらえると「おじいちゃん連中」は嬉しい

5873夕焼け20713
上げれば夕焼け。広島駅前のタワーマンションは未だ完売ではない。コロナが追い討ちをかけるか

2020-07-01飲み会
前列着席者右から町議選立候補予定の田中さん、出版した山城さん、河井容疑者夫婦を追及する山根さん。川村記者撮影・提供

5885出版記念20715
「維新の残り火」は表の歴史ではなく、敗者や隠され、埋もれた史実を追ったルポ。定価1800円(税別)、弦書房。「府中愛新聞」は取材や整理記者だった田中さんの独壇場。他の候補予定者には真似のできない紙面だ

PageTop

ズーム藤森会

 昨日、河野防衛大臣がイージス・アショア の配備停止を発表し、秋田魁新報の田口氏へお祝いの電話をした。ライングループの「藤森会」へ祝いの気勢を上げようと投稿すると、ズーム飲み会が決まった。「藤森会」は四半世紀前の新聞労連中央執行委員会の面々。急な連絡で参加は札幌から福岡までの7人だったが、今日は河井案里議員秘書の懲役刑判決もあって一段と盛り上がった。定期的に開こうと言うと、月1回開催がすぐまとまった。次回は7月5日。

5851ズーム藤森会206161
長々と2時間。話題はあっちへ行ったりこっちへ来たり。河井議員夫妻は逮捕なのか、在宅起訴なのか意見は半々に割れた。私は逮捕と予想した。次回会議で肴になってまた盛り上がる

PageTop

備北丘陵公園

  1週間前から孫の杏ちゃんが来ていて、毎日、振り回されて賑やかだ。通じないだろうと思って話しかけると、会話が成り立つ場合もある。自分のことを「私」と言ったりして驚かせる。明日から梅雨空になりそうなので、大型遊具のある国営備北丘陵公園へ出かけた。32度の暑さの中、顔を赤くしながら大人を引き連れて動き回った。滑り台は特にお気に入りで、ばあちゃんにねだって何回も上がっていった。週末までご滞在、杏ちゃんワールド全開。

5783庄原丘陵公園20691 

5796庄原丘陵公園20692 

5808庄原丘陵公園20693
広い公園はコロナの心配はなし。アスレチックゾーンもあり、「大きくなったら父さんと来ようね」
             ◆
5742杏ちゃん20651 - コピー  5745 - コピー - コピー 

5736昼寝20652
2歳半。カメラを向けると、ときにすまし顔をする。昼寝は大胆、静けさが戻る
(5日撮影)

PageTop

アベノマスク到着

  作った人や配達した人には申し訳ないが昨日、必要でもないアベノマスク届いた。例えれば米軍の空襲に対し、町内会へ消火用のバケツを2個づつ配るような愚策だった。夏が近づき、熱がこもるから屋外では使わないように、と厚労省は呼び掛けている。官房長官やアベ応援団は何を錯乱したのか「マスクの値段を下げる効果があった」と言い出す始末。冬、鍋用の白菜が高騰したとき、1個づつ無料で配ると宣言してもらおう、春には値段が下がるから。

5749 - コピー
アベノマスク(前)と1ヵ月以上も前に購入したマスク2箱(計100枚)。今日、6㌔の散歩コースに捨てられたマスクが7枚あった。商品としてのアベノマスクは完敗

PageTop

宮島閑散

 45年来通う散髪屋さんは自宅から約25㌔離れた五日市にある。そこから宮島までは15㌔ぐらいで、観光客が激減している様子を確認したくて、散髪後に足を伸ばした。報道では知っていても、現場を踏まなくては実感できない光景だった。人がいない回廊は題材になったが、閑散としている土産物店街では気の毒で3枚しか撮れなかった。営業している店の店員に視線を向けるのも気が引けた。土産は買ったが、打撃が大き過ぎて支援にはなっていない。

5656宮島20631
連絡船には20人ぐらい。1時間4便で2社が運航しているので単純計算すれば、入島者は1時間に合わせて200人ぐらいにしかならない

5658宮島20632
営業中のレストランの玄関に座り込むシカ。ほほえましいとは言えないコロナ写真だ

5660宮島20633
営業している店は2割に届かないだろう。観光地は賑わいがあってこそだと痛感する

5667宮島20634
干潮。いつもは多くの人が歩いているのだが、夫婦と思われる二人だけ。本殿へ手を合わせていた

5669宮島20635

5724宮島20636

5718宮島20639 

5712宮島206311 

5688宮島206310 

5727宮島20637

5676宮島20638
本殿、回廊。この時期でないと撮れない光景、アングルは多くある。写真愛好家の皆さん、今が撮りどき。お礼に食事や土産で支援しよう  

PageTop