楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

納涼まつり                                            (加計商店街:17年7月15日撮影)

 加計の商店街で開かれた「かけ納涼まつり」を安芸太田フォトクラブの撮影会した。しかし、皆さん都合がつかず、私一人だけになってしまった。若い人や子供がびっくりするほど多く、ここが安芸太田とは思えない光景だった。3連休初日、子や孫が街から帰って来たのだ。田舎の商店街なので明るさが不足して、撮影条件は悪い。ISO12,800だから画面は荒れ、ギリギリのシャッター速度でブレも多い、それにノーファインダーもあって生き残りは少ない。

7487納涼まつり177158 

7522納涼まつり177151 

7585納涼まつり177152 

7594納涼まつり1787153 

7607納涼まつり177154 

7611納涼まつり177155 

7640納涼まつり177156 

7659納涼まつり177157
どうしても肖像権が気になる。上から3枚目だけはお母さんの了承を得た

PageTop

初めての夏(三段峡:17年7月14日撮影)

 NPO法人・三段峡ー太田川流域研究会の本宮理事長が、中国新聞の情報誌「フェニックス」の取材を受けた。場面は三段峡を歩く会。私は取材には関係なしで同行した。夏の三段峡の撮影は初めて。ときどき爽やかな風が吹くが、汗がにじみ出た。先週、上流域が大雨だったため砂利が移動して、流れが変わっていた。何十年、何百年かけて瀬戸内海へ運ばれていくのだろう。夏は難しく、写真の出来は今一つ、団体行動での撮影を理由にしてはいけないが。

7301夏三段峡177141「 

7356夏三段峡177144 
取材者は委託された記者、カメラウーマン、編集管理の3人(写真上のこちら向き)。私にも取材経験はあるが、多くはカメラを持っての一人旅だった

7324夏三段峡177142 

7334夏三段峡177143 

7422夏三段峡177145 

7439夏三段峡177146 

7447夏三段峡177147 

7470夏三段峡177148 
渓谷で夏らしさを出すのは難しい。花があるかと思ったが、写真にはならなかった

PageTop

雨に誘われ                                         (安芸太田町内:17年7月7日撮影)

 なぜか撮影気分にならない日々が続いていた。曇天、雨模様なので出かけてみた。加計・空谷地区、田之尻のあじさい園、深山峡を廻った時点では、その次を決めていなかった。候補は温井ダム・猪山、筒賀・龍頭峡、戸河内・那須の三カ所。那須集落へ入る道路筋に、写真になりそうな渓流のポイントを思い出した。那須は思い通りにならなかったが、そこへ行くまでの吉和郷筋の太田川がいい霧を出してくれた。つくづく、写真をやっていて良かったと思う。

7063空谷17771 

7068空谷17779 
空谷地区。しとしと降る雨、人の気配はなく、花が静かに迎えてくれた

7075あじさい園17772 

7098あじさい園17773 
筒賀田之尻・あじさい園。「今年は最悪」と園長の森下さん、「ではまた来年」と挨拶して次へ

7123深山峡17774 

7147深山峡17775 
深山峡。適度の水量、風もなく、手抜き承知で手持ち撮影。脇を絞めて1/10秒程度

7239那須17776 
那須集落へ行く途中の滝。撮影しているとクラクションが鳴った。慌てて車を移動して詫びると「ええよ」

7172吉和郷177710  

7276吉和郷17777 

7285吉和郷17778 
吉和郷筋の太田川。蛇行するV字谷には、雨上がりに千変万化の霧が流れる。嬉しくなる場面が突然現れる

PageTop

不調                                               (筒賀・あじさい園:17年6月25日撮影)

 雨不足だったためか、今年のアジサイは芳しくない。北海道旅行もあって、見頃を逃したかと心配していたが、「例年に比べ10日遅く、花も小さい」と筒賀・田之尻の「あじさい園」の主人の声は沈みがちだった。山を背景に多くの花を入れて撮れるアングルはなく、アップ主体の撮影になった。7月初旬までは狙えそうだ。やっと梅雨らしい天候になったので、雨模様だったら出かけてみよう。花や紅葉は毎年同じように、見せ場を作ってくれるとは限らない。

7003あじさい園176251 

7008あじさい園176252 

7014あじさい園176253 

7025あじさい園176254 
筒賀・田之尻「あじさい園」。最後の写真の場所は、いつもなら花で埋まるのだが

PageTop

絶好の雨上がり                                          (吉水園・臥竜山:17年6月11日撮影)

 午前10時ごろから2時間の雨。正午集合の安芸太田とあすなろ両フォトクラブの撮影会は絶好の条件となった。吉水園ではしっとりとした1時間、観光客はそれほど多くなく撮りやすかった。その後は芸北・臥竜山へ直行。まだ早いと思ったヤマボウシが見頃で迎えてくれた。3、4日は大丈夫だろうが、予報が雨模様ではないので霧の中は望めそうにない。今日はピンポイントだった。雪霊水の駐車場あたりでは適度の霧があり、申し分のない撮影行になった。

6771吉水園176111 

6773吉水園176119 

6799吉水園176112「 

6826吉水園176113 

6836吉水園176114 
吉水園。私は今年3回目、葺き替えられた晴れと雨の屋根を撮れた

6865臥竜山1761112 

6869臥竜山176115 

6924臥竜山176118 
臥竜山。見た目に傷みはないと思ったが、写真で見ると完璧ではなかった。木によっては白くないのもあるからまだチャンスはある

6874臥竜山1761110 

6904臥竜山176116 

6921臥竜山176117 
雪霊水の駐車場近く。薄い霧が流れ、時おり弱い日も差した。「最高、最高」を連発

6950長者原1761111 
定点撮影している芸北・長者原の廃屋。一冬を越し、また一段と傷みが激しくなった

PageTop