楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

要望事項の確認

 住民から出された行政への要望事項を、部落役員が地域を歩いて現場を確認した。道路の傷みは進んでいて、「車だと分からんが、手押し車のお婆さんは確かに歩きにくいよのう」。太田川河川敷には木が茂っていて、両岸に砂が堆積している。堤防にもなっている国道の石垣には木が育っている。万が一の洪水時には心配だ。実はその昔、坪野の集落は川に中だったのだ。他にも台風時には危険な廃屋がある。役場と河川事務所へ地域の要望を提出する。

4629地域巡視175101 
アスファルトがはがれ、網目模様がいたる所にある。手直ししたぐらいでは、イタチごっこになるだけだ

PageTop

日めくりカレンダー完成

 4月26日付のブログで紹介した「あきおおた家族 日めくりカレンダー」坪野地区版が届いた。農作業する人、大工さん、仲睦まじいご夫婦、医院、郵便局、針工場の人たちなどなど、皆さん自然な表情で登場している。いい思い出写真になった。ミスが1カ所出たそうだ。印刷物には付き物で、「尾崎よ、仕事をせにゃ(しなければ)、ミスもせんのじゃけえのぅ」と、上司に慰められた若い日を思い出した。突貫工事で頑張った地域おこし協力隊の松岡さんに拍手。

4566日めくりカレンダー17511 
中央が16日(火)の私。会員に届けられる「あきおおた家族新聞」(右)では、花まつりの準備をする安野地区の人たちが特集されている

PageTop

花見

 つぼの地区交流センターの桜は、安芸太田町内でも有数の大きさだ。でも、私が坪野へ来てからでも、花見は開かれていない。もったいない話で、急きょ宴を企画すると飛び入り参加を含めて20人が集まった。会費2,000円、ビールは一杯100円。満開微風、雨続きだったのに隙間をくぐって絶好の日和に恵まれた。途中からはカープのテレビ中継も入って一層にぎやかになった。高齢の方に喜んでもらったのが何よりで、来年からは恒例行事にしたい。

3878花見17491 

3880花見17497 

3882花見17498 

3894花見17492 
ささやかでも和気あいあい。坪野小学校跡地の桜で、子供のころ登った話に花が咲いた

3918花見17493 

3925花見17494 

3958花見17496 
立派な桜なのだが、電線や電柱、照明塔、民家があって写真を撮れるポイントはごく限られている。それでも何とかアングルを探す

PageTop

組長引継ぎ&総会

 3月下旬の週末の日曜は、組長引継ぎと部落総会に決まっている。明日の日曜が町議会選挙投票日のため、今年は一日繰り上がった。2組の組長引継ぎは会計を確認して、ささやかな弁当で和やかな会。部落総会では、住民からの要望に対する執行部としての考えや今後の取り組みについて私が説明し、概ね了解してもらった。新規事業の花見の宴、部落会計から草刈り隊への助成が承認された。今年は長引く役員改選がなく、1時間半で終了。ホッ。

3743二組引継ぎ173251 
2組引継ぎ会の記念撮影。6人のうち仕事と急な通院同伴で二人が欠席になり、寂しくなった

3748総会173252 
部落総会の後のテレビ組合総会。うっかりして部落総会を撮り忘れた。今年から「腰が痛くなる」との声を受け、テーブル席になった

PageTop

水路工事終了

 坪野の用水路の改修工事が終わり、役員と水路委員で現場を確認した。補助の限度額の関係で2期工事になり、今回の長さは15㍍だった。安芸太田町は40%補助、隣の広島市は地元負担ゼロだそうだから、唸ってしまう。水漏れが深刻な場所は沢山あって、全てを改修すると部落の財政は吹っ飛んでしまうだろう。だましだまし直すしかない。水路に溜まった砂利を取り除いて通水、農業用だけでなく消防用水でもあるので、勢いよく流れて一安心だ。

3050水路工事完成172161 
住宅の近くで漏水が確認されたので緊急性があり、1期、2期合わせて60㍍ぐらいの工事になった

3055通水172163 

3064通水172162 
砂利を取り除き、板の壁を立てて通水。水路にはシジミが沢山いる。きれい過ぎる水だと、味がいいのかどうか。シジミ汁を試してみようか

PageTop