楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

組長引継ぎ&総会

 3月下旬の週末の日曜は、組長引継ぎと部落総会に決まっている。明日の日曜が町議会選挙投票日のため、今年は一日繰り上がった。2組の組長引継ぎは会計を確認して、ささやかな弁当で和やかな会。部落総会では、住民からの要望に対する執行部としての考えや今後の取り組みについて私が説明し、概ね了解してもらった。新規事業の花見の宴、部落会計から草刈り隊への助成が承認された。今年は長引く役員改選がなく、1時間半で終了。ホッ。

3743二組引継ぎ173251 
2組引継ぎ会の記念撮影。6人のうち仕事と急な通院同伴で二人が欠席になり、寂しくなった

3748総会173252 
部落総会の後のテレビ組合総会。うっかりして部落総会を撮り忘れた。今年から「腰が痛くなる」との声を受け、テーブル席になった

PageTop

水路工事終了

 坪野の用水路の改修工事が終わり、役員と水路委員で現場を確認した。補助の限度額の関係で2期工事になり、今回の長さは15㍍だった。安芸太田町は40%補助、隣の広島市は地元負担ゼロだそうだから、唸ってしまう。水漏れが深刻な場所は沢山あって、全てを改修すると部落の財政は吹っ飛んでしまうだろう。だましだまし直すしかない。水路に溜まった砂利を取り除いて通水、農業用だけでなく消防用水でもあるので、勢いよく流れて一安心だ。

3050水路工事完成172161 
住宅の近くで漏水が確認されたので緊急性があり、1期、2期合わせて60㍍ぐらいの工事になった

3055通水172163 

3064通水172162 
砂利を取り除き、板の壁を立てて通水。水路にはシジミが沢山いる。きれい過ぎる水だと、味がいいのかどうか。シジミ汁を試してみようか

PageTop

冬の日

 火曜に坪野へ帰ってから、雪が続いたこともあって撮影気分にならず閉じこもっていた。ニュースショーは同じ顔ぶればかりで、「ハっつあん、熊さん」の与太話には飽きた。最近テレビに出なくなった識者をネットで探すと、マスコミでは報道されない情報に出会えて退屈しなかった。今朝、雪の合間にやっと日が差して、家の周りを少しだけで撮った。午後、部落総会を控えた組長会議が開かれ、収支や行事を確認した。プロ野球同様、地域もキャンプインだ。

2956冬日172111 

2959冬日172112 

2963冬日172113 

2966冬日172114 
晴れた時間はそれほど長くなかった。車は2日前から道の近くまで出しておいた

2969組長会議172115 
会議の準備で大変なのは事務局兼会計の宮本さん(右端)。昨年まで私が担当していたので、苦労が分かる

2971冬日172116 
会議が終わって出ると、遠くの山が白く霞んだ。吹き飛ばされた雪なのか、霧なのか分からなかった

PageTop

水刎ね

 坪野の用水路の改修工事が明日から始まるので、現場へ水が行かないようにするため、上流で大田川へ放流する作業をした。水路は幅2メートルほどの坪野川を跨いでいる。壁の板を外せば水は両サイドへ落ちる。ただ、下流側に堰を作らないと完全には止まらない。板と土砂で堰を作ったが、数センチで水が越えそうで増水したら少々不安。そこで思案、大きな石を水路に置くと、水が両方へ刎ねられ、堰の水位は15センチぐらい下がった。してやったり。

2688水路171311 
板とブルーシートで作った堰の後ろへ土砂を流し込む板谷さんと住谷さん。下流へ流れる水を完全にストップした

2694水路171312 
水を刎ねる石を置く板谷さん。大きな石がそれとなく近くにあるのが田舎だ

PageTop

大雪のとんど

 夜来の雪は強くなるばかり。しかし、竹は二日前に伐採して用意してあり、とんどの中止は考えなかった。作業は午前8時、雪の中から竹の掘り出しから始まった。その竹は降る雪にすぐ隠れてしまう。とんどの中に入れる木や枯草は雪もぐれで濡れた状態になった。そのためだろう、威勢よく燃え上がらず、組み立てた竹を倒して燃やした。「こんなことは今までにない」と、気落ちした雰囲気になった。それでもとんどは年の初めの大切な行事、地域力の証だ。

2451とんど171151 

2473とんど171152 
雪の中から竹を掘り出すのは、重なり具合が見えないので手間取る。今年はいつもより2メートルぐらい低くした

2481とんど171153 
降りやまない雪に、テントを立てることにしたら晴れ間が出た。決めたのは部落長の私、結果的には大いに役立ってホッ

2489とんど171154 

2498とんど171155 
年男、年女が点火。いつもなら竹の破裂音が集落に響き渡るのだが、今年は様子が違った

2506とんど171156 

2510とんど171157 

2515とんど171158 
女性陣が豚汁とぜんざいを用意。豚汁2杯、いい味だった。酒にはふぐのひれが入っている

PageTop