楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

「地方創生」無残

 普通、首相の所信表明を生で聞こうと思わはないが、今国会の柱の一つが「地方創生」だとおっしゃるので、テレビの前に座った。「美しい日本」と言うようなの情緒的な言葉はなかったが、内容はお粗末だった。9月6日付のブログ「アベノミクス崖っぷち」の最後に「地方創生で、学者やシンクタンクの専門家がごく一部の成功例を褒めたたえて、お先棒を担ぐかもしれない」と書いた。何と総理大臣自らがコメンテーター程度の内容を国会で演説してしまった。

0006所信表明149291 
安全保障や領土の話になると目が輝くが、「地方創生」は不得手なのか、迫力はなかった(NHK-TV) 

 宮城の農家の取り組みや観光客が増えた沖縄、大山ビールの人気、若者が活躍する隠岐・海士町などを例に挙げたが、首相が話す事柄ではない。おそらく「地方創生」のグランドデザインが描けないから、目につく事柄をしゃべるしかなかったのだろうか。ただ唯一、共感できる部分があった。「若者こそ危機に歯止めをかける鍵だと確信する」の部分だ。しかし彼は分かっていない。その若者を東京へ吸い上げる構造を作ったのは誰なのか。

0014所信表明149292 
所信表明だから書かれた文章を間違いなく読まなくてはならない。たとえスピーチライターが書いたものであっても (NHK-TV)

 地方創生の演説に注目したのは、高齢化と人口減に直面している自治体の職員と地方新聞社で社説を書く論説委員ではないかと思った。厳しい現実の中でもがいている職員は白けただろうし、論説委員にはあっけにとられた内容のなさではなかったか。この所信表明では地方からの主張や批判、提言すら書きようがないと思う。「景気回復の実感を全国津々浦々へ届けるのが使命」と力んでもそれは自己陶酔。津々浦々は消えようとしているのが現実だ。 

 「 地方創生 今さら」「地方創生 まやかし」など、否定的な言葉で検索すると、辛辣な意見が並んでいる。その中の一つに「皇居を京都へ移せ」があった。それほどの覚悟で臨めと言うことだ。私が考える地方復活のキーワードは極端だが、「東京を衰退させる」「若者に東京を見捨てさせる」だ。地方創生は大企業優先の成長戦略、アベノミクスとは相いれない政策である。二兎を追う首相はいずれ自己矛盾に陥り、そして地方は今と変わりなく衰退するのか。

PageTop

飛び入り投票

 安芸太田フォトクラブの例会の投票へ6人が飛び入り参加するハプニングがあった。例会の部屋が都合で変更になり、たまたま隣の部屋で加計小学校の建て替え工事の設計説明会が、例会より30分遅れで開かれることになっていた。居合わせた教育委員会や建設課の職員に投票を勧めると、気軽にこちらの部屋へ入ってこられた。顔見知りの小さな町ならでは。写真が趣味ではない人たちの感性が得票に反映されたが、上位に選ばれた作品は順当だった。
3230例会149261 
外部の人が入ると賑やかになった。冗談も飛び交い、投票を楽しんでもらって何より

3233例会149262 
上位に選ばれた4点。

左上=撮影会での作品。澄み切った空気、青空と雲とススキが爽やかな秋の訪れ感じ
    させる。風が弱かったが、ススキのたなびき具合はちょうどいい

左下=住んでいる近くでの朝焼け。金属的に光る雲が印象的だ。黒い山の部分の下部
    を少しカットすればもっと良かった

右上=曇り空のおかげで花をソフトに表現できた。バックのボケた土壁がしっとりとし
    た雰囲気を演出して花を引き立てた

右下=野ざらしで浮きあった丸太の年輪がいい舞台になって大成功。タイトルは満場一
    致で「親分登場」、カマキリを擬人化出来た

PageTop

紅と白(佐伯区湯来:14年9月25日撮影)

 明日はフォトクラブの例会。撮影会の作品だけでは足りないので超近場、5キロ以内の佐伯区湯来へ出かけた。彼岸花は盛りを少し過ぎていたものの、水内川の土手や田んぼの周辺には多く咲いていた。開花を前にして草刈りはされていたが、特別に人が手を入れて育てているようには思えない。実はそれが風景に溶け込んで、題材を探す面白さがある。黄金色の稲も引き立ててくれた。ソバ畑もあって満足できる3時間になった。
3065湯来149251 

3137湯来149252 
県道433号から彼岸花がよく見える。わき見運転は厳禁、車を止めて土手の散策がお勧め

3185湯来149255 

3190湯来149256 

3154湯来149254 
ソバの花に引っ張られて近づくと畑の下には彼岸花が咲いていた。クックックッと嬉しくなる。お寺もあって申し分ないが、障害物が多くあり撮影ポイントは限られた。日が差したのは20分ぐらい待って1分ぐらいが1回だけだった

3211坪野149257 
締めくくりは坪野へ帰って来て定番ポイントでの撮影。陽は山の端へ近づいたが、運よく雲間が出来て何とか間に合った

PageTop

要望書提出

 坪野簡易水道の早期更新を求める要望書と183人の署名簿を安芸太田町長へ提出した。建設から45年たって老朽化しているのに加え、水源の上流約2.5キロにクリーニング工場が進出するため住民の不安が高まった。冒頭、部落長が要望書を読み上げた後、地域の思いを訴えた。町長は、「安全性を十分に説明して理解を得たい。設備更新は町内の簡易水道全体の中で検討したい」と述べた。予想された発言、長い取り組みの一歩がスタートした。

3049要望書提出 
水源を深くするなど住民の要望を町長へ訴える部落長の林さん(左から3人目)

PageTop

白菜定植

 台風が24日ごろに来そうなのだが、先送りも出来ないので白菜と広島菜を定植した。ひ弱な苗へ「頑張りんさいよ」と声をかけた。9月5日から雨が降らず畑はカラカラ。雨だけ持ってくる台風であって欲しいと思うのは身勝手だろうが、強風で苗が傷まないのを祈るだけだ。今年は大根もカブも、葉物野菜も発芽が思わしくない。いつもと同じように播いているのに、二葉がまばらに出てしまうと気分は落ち込む。毎年が1年生だと思い知らされる「楽農」である。

0003白菜149211 
定植する妻と藤友夫婦。1畝に2列で22本、計5列。全部思うように育ったら食べ切れないが、それは「捕らぬ狸」だ

PageTop

初秋爽快(雲月山など:14年9月20日撮影)

 「午後、県北には晴れ間」の天気予報が的中。戸河内インター近くの駐車場を正午に出発した安芸太田フォトクラブの撮影会は、爽快そのものだった。彼岸花、コスモス、ススキを求めて芸北・雲月山から千町原を巡った。芸北に彼岸花はなく、ススキは1週間ほど早かったが、澄み切った空気と青空、浮かぶ白い雲が初秋を演出してくれた。締めくくりは芸北で初めて出会った赤い蕎麦畑。本日最高のプレゼントになった。

2942橋山149201 

2954橋山149202 
芸北・橋山。里山に控えめに咲いているコスモスは凝らずに撮るのがいいように思う

2980雲月149203 

2988雲月149209 

2990雲月1492010 
芸北・雲月山。ススキはあと一歩、風がなく、かすかに吹くのを待った。カラスの写真は、風を待っているわけにはいかなかった

3009千町原149205 
千町原。普通ならシャッターは切らないが、秋が来た印なので撮った

3000霧が谷149204 

3010千町原149206 
霧が谷と千町原。初秋の高原の草むらには探し回るといくらでも被写体がある

3027千町原149208 

3019千町原149207 
千町原。赤い蕎麦に埋もれて撮影するクラブ員。広い通路があり、畑や蕎麦を傷めることはないようなので無断で入らせてもらった。今年が初めての作付けだと思う。成功して来年以降、さらに拡大して欲しいのだが

PageTop

敬老会

 坪野地区の敬老会が開かれた。招待資格は喜寿からで、参加者は約半数の33人だった。座って、食べて、祝ってもらうだけではない。詩吟やカラオケで舞台を賑やかす招待者も多い。今年の新入生・山本さんは河内音頭を身振り手振りを交えて熱唱、年齢を全く感じさせなかった。私は撮影担当、皆さんに写真がプレゼントされるので、いい表情を撮ろうと力が入る。以前は、カメラを意識する人もいたが、慣れてもらってそんなことはなくなった。 

2424敬老会149141 
受付準備の女性陣。慣れたもので余裕が感じられる

2518敬老会149141 

2602敬老会149142 

2604敬老会1491412 

2608敬老会149143 

2629敬老会149144 
互いの健康を気遣いながら、楽しい会話が弾む

2794敬老会149148  

2866敬老会1491415 
写真上は、会場を巻き込んで歌う山本さん。写真下は、なりきって歌う芝さん

2660敬老会149145 

2893敬老会149146 
女性コーラスグループと小学6年生の岡本君のユーフォニウム演奏 

2805敬老会149147  
敬老者と「少しだけ若いスタッフ」も一緒に舞台を楽しむ

2684敬老会1491414 
プラス1は吉村さん(右立っている人)のラジコンヘリ。小さな短冊には「長寿」と書かれている

PageTop

猪対策用の電柵

 実家の稲刈りが始まった。今日は餅米の小さい田んぼ1枚だけで小手調べ程度だった。あれだけ雨が降り続いたのに、稲は倒れていない。「出来が悪いんかのう」と次兄。株張が悪く、米粒が小さく、粒数も少ないようだ。足を骨折したこともあり、盆以来、行っていなかった間に猪対策の電柵が張られていた。昨年までは山際の一部だけだったが、今年は道路の両側にまで拡大していた。天からも、山からも攻められる米づくりである。

9892電柵149121 
電柵用の電源は小屋の中にある。小屋側の道路脇は問題ないが、こちら側への通電のためは、竹の棒を使って道路の上を越えるように線が張られていた。杭を立てるブロックには穴が開けてある。何とも手間のかかる仕事ではある

9895電柵149122 
稲が電柵にかかったらアースされて電撃効果がなくなるので、野菜づくりの支柱を使って起こされていた

9897電柵149123 
電柵に草が当たらないように草を取る次兄。「除草剤を使おう」

PageTop

たっぷり楽農

 長雨が嘘のように、秋の晴天がやって来た。この3日間、裏庭の草刈りや畑づくりで、たっぷり汗をかいた。草の量が並みではない。煙が集落に漂うが、少しづつ焼くしかない。畑を見た人たちからは「ようやってですのう」、「いつの間にやったん」と声がかかった。カブやホウレンソウ、春菊、水菜、ラディッシュなどの種を播いた。小動物が畝を歩き回らないようにテープを張ったときには、薄暗くなった。明日は広島でプチイベントがあり、頑張らざるを得なかった。

9883畑149102 

9889カボチャ149103 
写真上の手前はカボチャの囲いがあった所。草に隠れていたが買い物カゴ一杯分の収獲があった。ホッタラカシにしては上出来

9880畑149104 
出来はまちまちだが、長ネギは何とか鍋を賑やかにしてくれそうだ。土寄せは、これが意外に疲れる

9879畑149101 
トマトの屋根がなくなって、元気なサトイモがよく見えるようになった。春、畝をテープで囲ったら、小動物が歩き回らなかった。楽農楽写方式だ

PageTop

畑復活

 妻と藤友さん夫婦が駆けつけて、草むら状態の畑に挑んだ。昨日の雨で土は軟らかくて草を抜くのは楽だったが、集めると小山が出来た。早速、耕運して畝を立て、大根の種を播いた。4人とも今夏一番の大汗。部分的でも畑らしくなると気分が乗って来るものだ。カブやニンジン、葉物野菜も播かなくてはいけないし、トマトのビニール屋根や猿対策をしたカボチャのネットも撤去しなくてはならない。天気予報も晴れが続く、一気に本来の畑を復活させたい。

9866草取り14971 
草を抜く妻と藤友さん。ピーマンもナスも出来が悪い。長ネギの草を取ると白い茎の部分が目立った。土寄せをしなくては

9868草取り14972 
二日前に刈った草と抜いた畑の草が小山になった。焼いて灰にしたり、白菜の周りへ敷いて防草用にしたりして有効活用する 

9872畝立て14973 
畝立て作業。小型だが、この耕運機は優れものだ。正回転で耕運、逆回転に切り替えると畝立てが出来る

9878種蒔き14974 
大根の種まきをする藤友夫婦。株の間隔をハンマーの柄の長さで決めて、軽く叩いて浅い穴を作る。そこへ種を2粒播く

PageTop