楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

「桜協賛」展覧会&例会

 しだれ桜ですっかりメジャーになった安芸太田・寺領の自治会から昨年秋、満開に合わせて写真展を開催してほしいと依頼があった。春も近くなり会場になる地域の集会所を下見に行った。桜の写真だけと思っていたが、地元の希望は桜と安芸太田の風景だった。遠方からの観光客へ安芸太田のPRを狙っておられた。その姿勢に脱帽だ。安芸太田フォトクラブはこれまで町内で定期的に写真展をしているが、今回はまさに地域密着になる。力(リキ)が入る。

2481寺領152271 

2485寺領152272 
展示会場の与一野集会所。上の写真の鉄柱右横に主役のしだれ桜が見える。満開の時期、この集会所ではお茶の接待があり、弁当を食べる人もいて賑わう。腕の確かな写真愛好家も多く、展示した写真は鋭い目にさらされることになる

                     ◆

2487例会152273 
例会で投票するクラブ員。自分の作品以外の5点を選ぶのに迷い、その上で順位を付けるのだから、悪くすると訳が分からなくなってしまう

2491例会152274 
上位に選ばれた作品。右下は私の写真

左上=他のシュープールがなく、何より雪のディテールが美しい。作者は左上の木の影が
    お気に入り。下辺をトリミングして、半切サイズで展示する

左下=撮影会での作品。雲の流れで照らされる場所が刻々と動いていたが、タイミングは
    申し分ない。
遠くが暗く落ちて画面が引き締まった

右上=雑木林の中のスノーシューハイキング。なるべく多くの人が木に隠れないようにす
    るには、バチバチ撮るしかない。カラフルなウエアも助けてくれた


PageTop

春未だ

 冬でもなく春でもない日が進んでいる。紅梅は一気に咲かないし、足元の草花も目を凝らさないと見つかり難い。昨日までは玉葱に猿対策用のネットを掛けたり、畑を耕運したりしてウオーミングアップ程度の農作業をしたが、今日は雨模様で炬燵の守となった。午後、ブログ更新用にカメラを持って家の周りをウロウロしたのだが、ワクワクするでもなく、シャッターを切ることになった。モデルになった花には申し訳ないが、こんな日もある。

6369 - コピー 

6382 - コピー 

6416 - コピー 
紅梅、ホトケノザ、水仙。オオイヌノフグリは曇天で花を閉じていたので撮れなかった

6426 - コピー 
右手前はワケギ。大きいので10㌢ぐらいだから、食卓へ上がるのは3週間後ぐらいだろうか

PageTop

山道づくり

 3日ほど坪野を留守にしている間に猿の群れが出没した。不注意にも納屋の戸締りをおろそかにしていてジャガイモを食い荒らされた。居残った猿の鳴き声が裏山から聞こえた。追い払うには山の中へ入り込むのが一番だが、獣道しかない急斜面は簡単に歩けない。近所のSさんと一緒に、人が歩けるように邪魔になる小さな雑木を切り、滑り落ちないように幅15㌢ぐらいの通路を作った。これでロケット花火と群れに割って入る「挟み撃ち作戦」が出来る。

2476山道152231 
杉林の中は比較的歩きやすいが、獣道をたどっていると人では歩けない崖にぶち当たり立ち往生することがある。雑木林ではまともに前へ進めず、帰ろうとすると来た道が分からなくなる。山は荒れに荒れている

PageTop

壁紙(戸河内・深入山:15年2月20日撮影)

6313壁紙152208 

※写真にカーソルを合わせて左クリックし、拡大した写真を右クリックして、「背景に設定」を
     クリックしてください。

PageTop

壁紙(戸河内・小板:15年2月20日撮影)

6301壁紙152205 

PageTop

〝運悪く〟晴天                               (聖湖・深入山:15年2月20日撮影)

 午後、広島市内へ行く用事があるのに〝運悪く〟久しぶりの晴天。午前中だけでも撮らなくてはならない。深入山の登山だけを予定していたが、思いのほか雪が多く芸北・聖湖へ足を伸ばした。定番ポイントには福岡のグループがいた。「九州ではこれほどの雪はありませんからねぇ」と満足そう。深夜の出発、夜明けからの撮影だと言う。新雪のあとの数少ない冬の好天、運のいい人たちに拍手。私の撮影は残念ながら正午までの3時間半しかなかった。

6267聖湖152201 

6274聖湖152202 

6283聖湖152203 
聖湖の3点。上から2枚目の写真を撮った後、カメラにアクシデントが起こった。いつもお世話になっているYさんへ電話、的確な指示で見事に復活した。不用意に何かの操作をしたらしい。感謝、感謝

6301小板152204 
戸河内・小板の集落。光線状態がよく、急きょ国道にストップして撮影。深入山へ急いだ

6304国道沿い152206 
国道191号沿いのおそらく私だけの撮影ポイント。道路脇には除雪した雪が170センチほどあって、背伸びしないと見えない

6313深入山152207 

6320深入山152209

6337深入山1522010 

6347深入山1522011 
深入山のゼブラ模様4点。スノーシューを履いても30センチ近く埋もれてしまい、早々に登山をあきらめ雑木林へ向かった。66歳を自覚して、体力づくりが先決だ

※写真にカーソルを合わせて右クリックすると拡大します。それをさらに右クリックすると白い縁
  のある写真になります。

PageTop

ネット記事

 天候が芳しくなく炬燵でゴロリゴロリ。テレビを見たり、つまみ食いのように本を読んだり、ネット記事を探したりして日が過ぎる。民主党とやり合ったNHK会長の「籾井」で検索すると、新聞やテレビが報道し切らない記事を掲載するサイトに出会った。目からウロコの情報があり、分かりやすく書かれて、予定調和の文章でないのがいい。早速「お気に入り」に追加した。他にもニュース・解説サイトを登録しているが、ネット情報は玉石混交。読む側の力が試される。

2467ネット記事152191 
自衛隊の機関誌・朝雲新聞が、「人質救出に自衛隊」と発言した安倍首相を無責任と批判した、という紹介記事。批判精神が鋭いサイトだ。それにしても最近のマスコミは官邸に対して腰が引けている。どちらを向いているのか、信頼を失うばかりなのに

PageTop

梅開花、黒田投手お帰り

 1月下旬に膨らんだ我が家の標準木にしている紅梅のつぼみが、18日もかかってやっと花開いた。昨年より11日早い。どんよりとした空模様で、花びらを光が透けてくれないが、開花宣言だから撮らざるをえない。今日の広島のトップニュースは、黒田投手のカープ復帰会見。「お帰り」、それを待っていたかのような梅の憎い計らいだ。満開までには10日ぐらいかかるだろうか。そのころは球春真っ只中、カープの楽しみが膨らむ。秋には24年ぶりの大満開。

2409梅開花152161 
雨や雪、朝方や夕方、花を撮るタイミングはいくらでもある。春を告げる家の周りの草花を引っ張ってもらおう

2421黒田復帰152162  
黒田投手、カープ復帰会見の生中継。修羅場をくぐり、勝負の怖さ知っていることを感じさせる堅実な発言が印象的だった。浮ついたリップサービスより頼りになる(中国放送)

PageTop

カニツアー

 昨夜9時ごろ、「明日は何か予定があるんねぇ」と電話が入った。冬場のこの時期、どうしても外せない用事があるわけはなく、即決で3夫婦が出かけることになった。目指すは1月に予定をしていて中止になったカニづくし。松江への横断道が開通して山陰がグッと近くなり、9時半には鳥取・境港に到着した。市場で魚を買い込み、アジア博物館、井上靖記念館を見学した後、皆生温泉の近くで「かにかに御膳」を満喫した。超特急の日帰りツアーもいいもんだ。

2371境港152151 
境港の市場。イカを覗き込む面々。価格交渉にたけている人がいて、結果的に購入量が増える

2377アジア博物館152153 

2380アジア博物館152152 
米子市にあるアジア博物館内の「かすり館」(上)と「モンゴル館」。ペルシャ錦館、染色工房棟などもある。ガイドさんがいたら、アジアの文化、歴史に引き込まれたと思うのだが残念。井上靖記念館は撮影不可、丁寧に書かれた直筆原稿と多彩な人脈に、人柄がしのばれた

2386カニ完食152154 
次々に料理が出てくるので、まとめて全部は撮れない。完食した写真で満足感を出してみた

PageTop

流れる雲(聖湖など:15年2月14日撮影)

 曇りの予報を押し切って決めた安芸太田フォトクラブの撮影会は、雲の流れが速く、晴れ間が差し込む好条件になった。それに、長く通行止めだった戸河内側から進入する芸北・聖湖の周回道が開通し、ダム堰堤まで行けた。途中、湖畔まで降り、結氷した湖面を移動する光の帯を撮影出来て満足。普通ならこの時期、全面結氷するが、暖冬なのだろう広い水面があった。少し暖かくなれば、凍った部分が解けて、面白い模様が出来るはずだ。近いうちに再訪。

6119深入山麓152141 
芸北への途中、国道から深入山山麓の雑木林を撮っていると、スノーシューハイキングの一行が通過した。クラブ員からは「スノーシューが欲しいね」

6149聖湖152142  

6165聖湖152143 

6167聖湖152144 
聖湖の3点。思うような場所へ光の帯が当たってくれない。シャッター回数が増えるばかり

6188聖湖152145 

6189聖湖152146 
ダム堰堤を渡って聖湖の向こうに臥竜山が見える場所へ。結氷具合の情報を写真愛好家へ提供する写真

6232荒神原152147 

6251荒神原152148 
芸北・荒神原。雪のとき撮影ポイントになる場所。日が傾く3時ごろがいい

6259野々原152149 
芸北・野々原。よくある素材だが、手前に邪魔する木がなくすっきりしていて、撮る気になった

PageTop