楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

代かき&きみまろ

 休日だから二人の甥が加わって、いつもの次兄と計4人で実家の田んぼの代かきをした。肥料をまく人、トラクターに乗る人、小さな田んぼを耕運機で代かきする人、水を調整する人、えぶり(グラウンドをならすトンボのような物)で田んぼを平らにする人。特に担当が決まっているわけでもないのに、ことは順調に運んでいく。やっぱり仕事は大人数に限る。明日と明後日はまた、次兄と二人の作業になる。進み具合はグッと遅くなるが、焦らすのんびりいこう。

3090代かき154291 
「えぶり」を突く次兄とトラクターで代かきをする甥。この角度からの撮影は初めてで、新緑の進み具合がいつもより1週間ぐらい早いように思う

                      ◆

 「トラクターでの稲刈りに挑戦」。夕食、一杯飲みながら「綾小路きみまろの人生ひまつぶし」を見ていて、テレビ局の余りのお粗末さに笑ってしまった。「トラクター」は耕す機械で、稲や麦などを刈り取って脱穀するのは「コンバイン」だ。トラクターを使ったら稲を踏み倒して、鋤き込んでしまう。多くの人が番組作りに携わっているだろうに、田舎出身のスタッフはいなかったのだろうか、誰も気付かなかったとは情けない。番組制作に協力した農家の人が気の毒だ。

3095きみまろ154291 
「BSジャパン様。黒毛和牛と白黒模様の乳牛を取り違えるぐらいの低レベルミステイクです。もし地方創生の番組を作られる場合、東京人にとって地方は別の国ですから、真剣に綿密に取材してください」

PageTop

猪の後始末

 草刈り隊が請け負っている休耕田が猪に掘り返され、草を刈るのが難しいためSさんがトラクターで耕運した。私は長く伸びた草を刈った。刈って耕運しないと土が偏って波打ってしまう。完璧に平坦するには代かきをすればいいのだが、そこまでの経費はない。雨が降って土がジワッと落ち着けば十分だろう。休耕田の草をトラクターで鋤き込む人もいる。それにしても、草との闘いにトラクターが出動せざるを得ないのが、今の田舎の現実でもある。

3073猪の仕事154281 
猪が掘った窪みは深い所で25センチ以上はある。刈り払い機を水平に動かせず作業に手間取るし、足場が悪く不安定だ

3079耕運154282 
草を刈るより当然時間がかかった。年4回刈る経費を頂いているが、この耕運で1回分減らして収支を合わせたい。が、さて草が言うことを聞いてくれるかどうか

PageTop

オイル漏れ

 購入して7年になる耕運機のロータリーの軸からオイルが漏れだした。2、3日で直ると思ったのだが甘かった。サービスマンは「ゴールデンウィークですから、部品がいつ届くか分かりません」と、つれない返事。キュウリやトマト、ピーマン、ナス、唐辛子、長ネギなどを植える場所をまだ耕運しておらず、オイル漏れを承知で堆肥を鋤きこみ、畝を作った。明日修理に出す。5月には私が9日間の検査入院、加えて車検もある。重なるときは重なるもので出費が痛い。

3067耕運機154271 
代替の耕運機があるか問い合わせるサービスマン。結局、今日中に畑を作ることになった

3070耕運154272 
草を取って、堆肥をまいて、耕運して、畝を立てた。4時間がかりで終わったのは午後6時。中央の鋤き残した所には出来の悪いワケギがある

PageTop

草刈り隊始動

 田んぼや畑が忙しくなると草刈りも本番になる。高齢者や不在地権者の休耕田の草を刈る「草刈り隊」が始動した。「ナイロンコードが減らんかった」との声がそれを裏付けるように、草がまだ初々しくてバリバリ刈り進んだ。参加者は10人、小手調べの2時間だった。4日ぐらいで1クールが終わり、それを年4回繰り返す。この時期はまだ心地よいが、汗だくの夏が来る。元気で草刈りが出来ることに感謝するぐらいの気持ちで、「何のこれしき、ダイエット」。

3064草刈隊154251 
スイバは50センチ以上あるが、平均の草丈は25センチぐらい。10日もすると草の勢いに押されて刈り難くなるから早いに限る

PageTop

雨の春満開

 久しぶりに枠いっぱいの40点が出品され、安芸太田フォトクラブの例会は春満開になった。雨ばかりだったため、色鮮やかな春ではなかったが、趣のある作品が多かった。Uターン者の新加入もあり、活発な例会になった。その人が関東で入っていた写真クラブでは、テーマを決めて作品づくりをし、例会ではテレビに映し出して発表する方式だったと言う。自由に撮影する安芸太田方式がいいのか、テーマを決めるのがいいのか。要は楽しくなくてはいけない。

3060例会154242 
投票後、上位作品が決まった後も感想を述べ合うクラブ員。見ごたえのある作品が多かったと言うことか

3058例会154241 
上位に選ばれた作品。右下は私の写真

左上=雨の後、一面に敷き詰められた桜の花。
池のように見えるが実は舗装された地面。
     雨を逃さなかったのが成功のポイントになった

左下=湖面に現れた模様が桜を引き立てた。画面は整理されていて、しっとりした雰囲気
     が見る者を落ち着かせる。おそらくワクワクしたはずだ

右上=桃源郷のような山深い里に見えるが、「花の駅・安野」だ。霧に包まれる背景の高
     い山が風景を大きく見せてくれた

PageTop

粗代

 昨日までの雨模様が一転快晴。ゴールデンウイークの田植えに向けて粗代かきが始まり、実家の田んぼ仕事が本番を迎えた。いつものように私がトラクター、次兄がこまごまとした作業を担当。水は十分あるので順調に進む、3日後には完了して、28日ごろから代かきになる。面積7反、変形田んぼが20枚の典型的な中山間地農業だ。TPP交渉でコメが押し切られそうだ。何年か後、瑞穂の国で国産米を食べられるのは富裕層と田舎人だけだったりして。

3048粗かき154211 
今日はまず、家の近くの5枚。耕運機に比べればはるかに楽だが、狭い田んぼだから非効率で時間がかかる

PageTop

水路掃除&地区協総会

 この時期は地域行事が重なる。今年は地方選もあって、後ろにずらすわけにもいかず、午前は水路清掃、午後は坪野地区連絡協の総会があった。水路清掃は雨天決行、国道沿いは男性、部落内は女性が担当する。山からは大きな岩が水路に崩れ落ちていた。金属ネットがなかったら、自動車直撃だったかも知れない。一方、地区総会は順調に進んだ。多忙だった一週間、3時前からはカープの中継を見ながらのうつらうつらが至福のときになった。

3019 - コピー 

3028 - コピー 
例年に比べ岩や砂利の量は少なかったが、人力作業は体に応える。それにしても機材を持っている人はいるもので、田舎だから自力解決できる

3036 - コピー 

3039 - コピー 
地区協総会の前の防火訓練では消火器の操作を体験(写真上)し、町商工観光課の「田舎民泊体験」担当者の事業PRと協力要請を聞いた

PageTop

桜締めくくり(芸北・長沢など:15年4月18日撮影)

 安芸太田フォトクラブの撮影会は、与一野での写真展を撤収し、締めくくりの桜を求めて芸北・長沢、橋山、空城へ。雲がどんどん広がり、条件は芳しくない。それでも来年までのお別れなのだから撮るしかない。満開まで2日ぐらいだろうか。古民家をリホームして昨秋オープンした「空城 さくら亭」では、その雰囲気に誘われて撮影会では初のコーヒータイム。写真の出来は今一つだったが、気分のいい春の一日になった。        (14年4月24日付ブログ参照)

8205王泊ダム154181 

8222王泊ダム154182 
芸北・王泊ダムの2点。冴えない空模様に先が思いやられた。満水の湖面の変化も少ないが、一応撮っておく

8234長沢154183 

8245長沢154184 
芸北・長沢の2点。満開まであと一歩、立ち寄り程度ではいい写真は望めない。雨の後、霧に煙らせたい。豪雪地帯・芸北の地で樹齢400年、よく頑張っている

8255橋山154185 

8262橋山154186 
芸北・橋山の2点。日が差し始め、適度に風も吹いてくれた。長沢と橋山の桜の撮影はワンセットになっているようで、長沢で見かけた写真愛好家に出会う

8308空城154187 
芸北・雄鹿原小学校空城分校跡。わずかに散る桜を撮れた

8332空城154189 

8330空城154188 
芸北・空城の河野邸を改装した「空城 さくら亭」 http//www.sorajo-sakuratei.com

8351小板1541810 
戸河内・小板。いつの季節でも題材になる民家。自動車が主の帰りを教えてくれた

PageTop

消化不良勝利

 昨日、17日は実家の田んぼの水路を手直しし、夜はマツダスタジアムで中日戦を藤友夫妻と観戦した。1対0で勝ったのだが、その1点は丸の先頭打者ホームラン。そのときは入場前でビールを仕入れ中だった。得点シーンを見ないままの「消化不良勝利」になった上に、今朝の新聞でケネディ米駐日大使の始球式があったのを知った。9回表は1死2、3塁と攻めたてられ、やっとの思いで切り抜けたときには脱力感。今のカープには1勝がやねこい(苦しい)

2901カープ154171 
広島駅の近くで弁当やつまみを購入。この後、球場近くでビールを買って、カープの経済波及効果に貢献した

2911カープ154172 
先発・福井には申し訳ないが3、4点は覚悟していた。7回無失点の好投。連写機能を使わず、ボールが手から離れた瞬間を狙うのが面白い。4枚目でこのカットが撮れた。打者の打った瞬間にもチャレンジしたが、なにしろヒット2本では撮影もあえなくアウト

2945カープ154173 
ラッキー7のジェット風船上げ。他の人の顔がはっきり写らないようにするのは難しい。トリミングしているので窮屈だ

2985カープ154174 
「今日もカープはカーチ、カーチ、カッチ、カチ。ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい」

3014カープ154175 
得点シーンを見なくても、ギリギリの勝利でも勝ちは勝ち。天下を取ったような気分で祝勝会

PageTop

現場確認

 部落内の街灯をLED化するための調査と、住民から出された改善要望の現場を確認した。午前と午後の2回、集落を歩いて1周した。街灯が付いている電柱名は「ヨシガセカン 左2」など私にはチンプンカンプンだが、部落長のTさんと業者さんは慣れたものだった。砂防ダムにはたっぷり土砂が溜まり、町道にはつぎはぎが多くあり、限界を迎えている所もあった。LED化は補助申請、要望事項は文書と写真をそれぞれ役場へ提出する。事務局の私が作成する。

2851街灯調査154151 
雨の中、一つ一つを確認して写真撮影。中にはカバーがないのもあった。総工費は約90万円、ほぼ半額の補助がある。電気代が安くなり約6年で元が取れる予定だ

2865地域調査154152 
川の横の道がへこんでいる。空洞になっているのか、早目の手当に越したことはない

2871地域調査154153 
初めて行った砂防ダムには、土砂が溜まって木が生えていた。これでは流れてくる土砂をほんのわずか遅らせる効果しかないように思う

2898地域調査154154 
古い機械を「だましだまし使う」と言うが、穴が空けばその都度埋めて急場をしのいだ「だましだまし」の道だ

PageTop