楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

終わりの始まり

 黒田日銀が「マイナス金利」に追い込まれた。景気は「緩やかに改善している」と判断しているのが正しいのなら、不必要な金融緩和ではないのか。異次元の金融緩和ともてはやされた夢が、もはや後戻りできない悪夢になっていることに、やっと気付き始めたのではないだろうか。安倍人事によって総裁に就任した3年前のニコニコした表情は、今日の記者会見ではもう見られなくなった。甘利大臣が辞任した翌日、黒田日銀の終りの始まりに見えてならない。

6801マイナス金利161291 
無謀とも言えるほどのマネーをぶち込んで3年も経ったのに、結果を出せていない。普通のサラリーマンなら左遷、役員なら解任だ。もっとも、目標が達成できなくて、年金生活者は助かっているのだが (NHK-TV)

 マネーの流れがよければ景気が良いし、滞れば不況になる。ひと昔前は、公定歩合の上げ下げが日銀の大きな仕事だった。それが今では「通貨の番人」の本分を忘れ、博打場とも言えるような株式・債権などの市場で、プレーヤーの一人になってしまった。そういえば最近、金融の混乱が起きたとき、各国の中央銀行や財務当局が緊急会議を開き、市場へメッセージを出すことがなくなった。猛獣使いが猛獣と一緒になって、檻の中で暴れているからだろうか。

 マネーは経済活動の血液だと教わった。「金融緩和」と聞くと思い出すことがある。30数年前、血液の病気になった人のために同僚数人と病院へ出向き、成分献血をしたことがある。患者のお姉さんが来られて「輸血すると一気に顔色がよくなるんですよ」と深々と頭を下げられた。後日、訃報が社内に掲示された。黒田日銀の金融緩和で円安になり、株が上がって元気になったようにみえるが、いっときのことだ。病が直ったわけではない。しかも根は深い。

 年始からの株価の落ち込みに麻生大臣は「日本のファンダメンタルはいい」と発言した。安倍首相は、初めて有効求人倍率が1を超えた高知県の例をアベノミクスの成果と持ち上げた(求人人口減が要因との報道で打ち消された)。都合の悪いことには「被害軽微」と言い、改善した経済指標を「大戦果」のように宣伝したいのは分からないでもないが、大本営発表はつじつまが合わなくなる。3年も経つのに「2%の物価目標」が達成できないのがそのいい例だ。

PageTop

不発惨敗                                       (王泊ダム・芸北大暮:16年1月27日撮影)

 晴れ間があるとの予報。スポットライトに浮かび上がる雪景色のチャンスだ。しかも明日からは雨になりそうだ。「今日しかない」と思って、王泊ダムから芸北へのドライブに決めた。が外れるもので、垂れ込めた雲の流れは遅く、小さな青空が出てもすぐ消えた。王泊ダムで気分が萎え、芸北・大暮へ回ったところでギブアップ。最後は温井ダムの駐車場で睡魔に引き込まれた。最近にない不発惨敗の撮影になった。寒波の後の冬晴れが、今年はあるのだろうか。

3797王泊ダム161271

3802王泊ダム161272

3813王泊ダム161273 
王泊ダム。国道から400㍍ぐらい、スノーシューを履いて撮影ポイントへ向かった。小動物はなぜ、危ないガードレールの上を歩くのだろう。湖面の模様も今一つ、日が当たってくれれば何とかできたかもしれないが、いかんともしがたい

3851大暮161274 
芸北・大暮。道路脇の写真になる民家。何年か前、安芸太田フォトクラブの撮影会で立ち寄ったが、そのときと同じようにおとなしい犬が迎えてくれた。少し年を取ったようだ

3860天狗石161275 
天狗石山。青空が出て、雲が流れれば、大きな山に千変万化の模様が現れたのだが

PageTop

時速30㌔

 坪野へ帰る国道に雪はないだろうと思ったが、安佐北区可部の幕の内トンネルあたりから雪が残っていた。昨夜の冷え込みのため、道路に張りついて氷になった雪にシャーベット状の雪が重なって、ハンドルを取られたり、尻を振ったりした。対向車が怖い、時速30㌔の安全運転に徹した。県北のようには除雪態勢が整っていないのだろう。芸北よりも走り難かった。坪野では40㌢を超えたようだ。屋根にたっぷりの雪、不用意に軒先へ行ってはいけない。

6783大雪161261 
下の屋根の雪は落ちているが、上にはまだある。納屋と母屋の間を歩けるのは、中間の一本道だけ

PageTop

寒波避難

 今夜、広島市内で所用があるため、土曜夜から広島の自宅に帰っている。坪野へは明日戻るが、結果的には大寒波を避けた形だ。「広島道路ナビ」によると、坪野から直線で約6㌔北西の加計の積雪は51㌢だから、標高が80㍍低い坪野は30㌢ぐらいか。気象庁のピンポイント予報では、夜まで雪マークになっている。ときには晴れ間が出るだろうから、近くの集落の近年にない雪景色を撮れるのに、数少ないチャンスを逃すことになる。イライラッ。
                  広島道路ナビhttp://www.roadnavi.pref.hiroshima.lg.jp/の「冬期道路情報」
                  気象庁のピンポイント予報http://www.tenki.jp/

6765自宅雪161251 
自宅は標高50㍍くらいの山の頂上にある。積雪は8㌢ぐらい、道の雪は普通すぐ融けるのだが、冷え込んで10時を過ぎても轍ができない。長靴がなくこの記録写真だけで家の中へ

6771安芸太田天気161252 
気象庁ピンポイント予報の安芸太田町。これに国土交通省のリアルタイムレーダーを組み合わせて予想すれば、万全と思うが、それでも外れることはある
        国土交通省
のリアルタイムレーダー
http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/

PageTop

大きな我が子

 祝優勝・琴奨菊。中国新聞福岡支局に勤務していたので、福岡出身の関取には思い入れがある。何度もカド番に追い込まれた魁皇には気をもまされ、14日目や千秋楽にやっと8勝すると安堵して体の力が抜けた。1046勝の通算最多勝利のときには、近所の家に聞こえるほどの歓声を上げた。後輩の琴奨菊もカド番が5回、あっけなく負ける姿は魁皇に似ている。それでも見放せないもので、カープにも通じるファン気質だ。大きな大きな我が子である。

6743琴奨菊161241 

6750琴奨励菊161242 
ビデオを撮影したくなかったので、実況を撮った。ファインダーをのぞくスポーツカメラマンが「決定的瞬間を生で見たことがない」と言う意味を体感した(NHK-TV)

6756八幡大雪161243 
強烈寒波の最多積雪は、昨日撮影に行った北広島町八幡の142㌢。日本最南端の豪雪地帯なのだ(NHK-TV)

PageTop

降りっぱなし                             (小板・聖湖など:16年1月23日撮影)

 大寒波前日、芸北へ。安芸太田フォトクラブは午前9時、戸河内インターの駐車場に集合。薄い青空も見えていたが、三段峡入口あたりで雨になり、板が谷を上って行くとミゾレは雪になった。以降、止むことはなく、深入山を過ぎると芸北らしく、50㍍先が霞んで見えなくなることもしばしばだった。流石に他の写真愛好家には出会わない。これほど降ると撮影もままならず、3時間で終了せざるを得なかった。寒波明け直後、各自の「冬チャレンジ」に期待しよう。

3678深入山161231 

3685深入山161232 
深入山では登山グループが出発、でも景色は見えなかったろう。私たちも同じこと、趣味とはこんなものだ。「いこいの村ひろしま」には巨大なツララがあった

3696小板161233 

3710小板161235 

3700小板161234 
多くの写真愛好家が撮影する戸河内・小板の原田さん宅。ツララを撮らせてもらおうと挨拶すると話が弾み、これまでに提供された写真を出してこられた

3735小板161237 

3725小板161236 
小板。もう一軒の茅葺き屋根の家。冬期以外、週末に帰られているのを見ることがある

3744聖湖161238 

3752聖湖161239 
芸北・聖湖。柴木川が流れ込むあたりだけ、一部結氷していない。融け始めて湖面に模様が現れるのはいつごろか。凍るより、融ける方を予想するのが難しい

3774八幡1612310 

3780八幡1612311 
芸北・八幡。気を付けたが、レンズに水滴が付いている。8割方ボツになった

PageTop

結氷セーフ(立岩ダム:16年1月22日撮影)

 ダムが結氷しているかどうかは、空振り覚悟の賭けだ。明日、撮影会で芸北へ行くので樽床ダムは除外、王泊か立岩のどちらかになる。加計の山崎交差点が両ダムへの分岐点、「エーィッ、立岩」と決めたが自信は全くない。途中の道はシャーベット状、崖のツララも融けながら落ちていた。ガソリンの無駄遣いと思いながら到着した。ところが薄い氷が迎えてくれた。暖かい日差しが少しづづ溶かし、湖面の模様が変わる独り占めのときが流れた。滞在1時間半。

3518吉和郷161221 
立岩ダムへの途中、わずかに川が凍っていた。「撮れるときに撮っておこう」との思いでシャッターを切った

3520打梨161222 
途中の打梨。この橋の奥には老夫婦が住む一軒家がある。冬は街へ出られるので除雪されない。小動物が渡っていた

3536立岩161223 
ダム管理棟までは除雪されている。その先の廿日市市吉和部分からは徒歩になる。写真愛好家と思われる足跡があった。追って100㍍入ったが熊が怖くて引き返した

3553立岩ダム161224 
堰堤へは自由に入れる。管理棟は無人、設置されているカメラに行ったり来たりする私が写ったことだろう

3593立岩ダム161225 

3601立岩ダム161226 

3611立岩ダム161227 

3666立岩ダム161229 

3659立岩ダム161228
思うような形には融けてくれないし、なかなかタイミングよくきらめいてくれない

PageTop

壁紙(吉和:16年1月20日撮影)

3487壁紙 

PageTop

取り戻せない「時」                           (筒賀・吉和など:16年1月20日撮影)

 日が昇るとともに坪野では木から雪が落ち始めた。まずい。が、加計あたりまで行くと日差しはなく、筒賀へ入ると雪が降り続いた。直線10㌔ぐらいで別世界。旧吉和村では60㌢以上の積雪になって、芸北・八幡に負けない冬景色があった。冬の吉和へ行くことは少ないので撮影ポイントを知らない。遠目に雪をかぶったいい屋根が多くあったが、カメラを構える場所へ行く道が分からない。長い写真歴なのにいかがなものか、時を取り戻せない悔しさが残った。

3401筒賀161202

3404筒賀161203 
戸河内インターから吉和への国道脇。雪が降っていればこそ撮れる光景だ。それにしても橋は祠だけのためなのだろうか、山仕事用とも思えないし

3419坂原161204 

3429坂原161206 

3423坂原161205 
筒賀・坂原。雪が降れば茅葺き屋根に見えるから、このときだけ題材になる。空き家が多い

3456吉和161207 
吉和。短時間だが降る雪が弱まった。冬ならではの林、スポットライトで日が差せばもっと・・・

3467吉和161208 

3503吉和1612011  
吉和。雪が止んでくれたらもっとクッキリになったろうに残念。半逆光か斜めから日が当たってくれれば最高だ。もっとも、木の雪が落ちては元も子もないが

3487吉和1612013 
凍り具合が絶妙のタイミング。出会いがしらの交通事故と言いってもいいぐらいだ

3473吉和161209 
車を掘り出す女性。家に置いておくと出せなくなるので、離れた駐車場へ出すのだそうだ。するとこの作業が必要になる

PageTop

積雪10㌢

 坪野へ帰ると積雪10㌢ぐらい。一度は落ちたようだが、屋根の上には昨夜からの雪が乗っている。納屋の軒下を駐車場にしているが、後部が少しはみ出しているから、雪ずりしたら直撃する。それに、落ちた雪が山になって車を動かせなくなる。今夜も降りそうなので道路の近くへ駐車した。ワイパーを跳ね上げ、凍りつくのを防ぐためサイドブレーキはかけない。明日も雪模様、近場を走ってみよう。本命の芸北の撮影は、もうひと踏ん張り降ってからだ。

6714雪161191 

6718雪161192 
4分咲きぐらいの紅梅が彩りを添える。道路近くへ移動した車が寂しそうだ。雪の中、一晩頑張ってもらうしかない

PageTop