楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

トリミング

 県写連のクラブ訪問でお邪魔した可部フォトクラブで使われていたトリミング用の型紙を、安芸太田フォトクラブの例会で早速採用した。それほど使うことはないだろうと思っていたが、何回も登場することになった。実際にトリミングすると、「ああ、そうですね」と納得する声が挙がった。本来はトリミングしなくていいフレーミングで決めるのが基本だが、なかなかそうもいかない。9月の作品は収獲の田んぼが多く、さすが田舎の写真クラブの本領発揮だ。

0516例会169301 
2枚のL字型の型紙を使ってトリミング。クラブ員に撮ってもらったが、やらせ写真になった

0517例会169302 
上位に選ばれた作品

左上=秋雨に煙る稲刈りの終わった田んぼ。背後に山があるが、かすかに稜線が浮かべば
     申し分なしだ。家の近くの絶好の素材。田植えが終わって、苗が育つ3週間後ぐらい
     もいいだろう
左下=親戚一家が稲刈りの手伝い。手前の若い二人はカップルで、バインダーを使うのは
     女性。男性はぴったりついて歩いたそうだ。タイトルは「ラブラブ」、女性の笑顔が
     何にも代えられない
右上=夕映えの筒賀・井仁の棚田。秋の空気感を捉えた。地元に住んでいる強みだ。都会
     の人が借りて作っている田んぼが増え、ハゼ干しする田んぼが多くなったと言う。日
     本の風景が維持される
右下=「ヨーイドン」、バッチリのタイミング。撮影場所が指定されていて、バックがゴチャゴ
     チャしているのが惜しい。トリミングして上部のテントを消したい

PageTop

例会訪問・可部フォトクラブ

 県写連加盟団体への訪問で、小西県写連副会長、北恵ヒロシマ・ラボ・クラブ会長と連れだって可部フォトクラブの例会へお邪魔した。会員数は9人。出品作品は2Lサイズを基本に、点数に制限はなさそうで、10点以上の人もいた。会長の樋野村さんはモノクロにこだわりのある超ベテラン。批評ではトリミング用の型紙を手に、作者と話しながら1点1点丁寧にアドバイスされた。和気あいあいの雰囲気だった。後半の懇談では肖像権やモノクロが話題になった。

0489可部フォトクラブ169282 
トリミング用の型紙を使ってアドバイスする樋野村会長。安芸太田フォトクラブでもやってみよう

0495可部フォトクラブ169284 
外部の人の話を聞きたい、との要望で懇談がセットされた。左から同行した北恵さんと小西さん

0505可部フォトクラブ169286 
例会会場の可部公民館がある安佐北区総合福祉センタービル1階ロビーで、年1回のクラブ展が開かれている。47回目、10月5日まで

PageTop

モノクロの秋(空谷など:16年9月27日撮影)

 都会の人が見たら首をかしげるような大規模農道をモノクロで撮りたくなって、加計・修道から豊平へ向かった。しかし、立ち寄った空谷や田野原、長笹の集落に引き止められて、最初の目的からは外れてしまった。モノクロで撮ったらどんな写真になるのかを考えると、これが意外に面白い。モノクロだけだった30年以上前にはなかった感覚だ。彼岸花が多い地区だが、「赤」ばかりに引き寄せられることがなく、いつもとは違う素材を探していた。出来はともかく。

9562空谷169271 

9572空谷169272 

9578空谷169273 

9595空谷169274 
空谷地区の4点。耕作放棄地や空き家が目立つが、懸命に頑張っている人達がいるのが分かる風景がある

9601修道169275 
修道地区には彼岸花が多い。来年のクラブの9月撮影会はこのコースにしよう

9627田野原169277 

9657田野原169279 

9624田野原169276 

9649田野原169278 
田野原の4点。彼岸花へ呼び寄せられて初めて入った集落。田植えどきもいいだろう

9690長笹1692710 

9706長笹1692711 

9710長笹1692712 
豊平・長笹地区。谷筋から上がり、遠くの山が見渡せる風景は、私には「長野」をイメージさせる。日の出のいいポイントだろうと思わせる場所があった

9728坂根1692714 

9736坂根1692715 
帰り道に立ち寄った坂根地区。畑の持ち主に挨拶すると「Oさんが1時間ぐらい頑張っちゃった」と言われた。
安芸太田フォトクラブの会員、Oさんの地元を荒らしたことになる

PageTop

苦戦

 風景の中にあるコスモス、彼岸花、ススキを思い描いた安芸太田フォトクラブの撮影会は、クリーンヒットにはならなかった。筒賀、吉和を巡ったが、遠目にもなかなか見つからない。以前コスモスが咲き乱れていた場所は雑草に覆われ、残念な姿になっていた。湿気の多い空には夏雲、遠景は霞んでしまい2ストライクに追い込まれた。帰り道、立岩と鱒溜の両ダムでやっとバットに当たったが、内野安打ぐらいだった。1カ月後の秋本番を待とう。

9451坂原169241 
筒賀・坂原。猪に掘り返されて畑が出来なくなったのだろう、コスモスが風前の灯になっていた。思惑が外れたときは立ち尽くしてしまう

9483坂原169242 

9484坂原169243 
筒賀・坂原。それでも何とか撮らなくてはならない。座り込み、邪魔なな背景を避けて無理矢理パチリ

9493立岩ダム169244 

9500立岩ダム169245 
立岩ダム。大雨でダムが濁ったのだろう、水際の植物が泥で白くなっていて撮れるところは限られた。波紋が現れ少し救われた

9516鱒溜ダム169246 

9521鱒溜ダム169247 

9520鱒溜ダム169248 
鱒溜ダム。風景へ人工物を入れないようにするのが私だが、鮮やかなブイにひかれた。しかし写真にすると物足りない

PageTop

CSチケット ゲット

 カープファンだけだろうが今日、クライマックスシリーズのチケット争奪戦が展開された。ネットとコンビニだけでの販売で早い者勝ち。高齢者では取れそうもないので、関東に住んでいる藤友さんのお嫁さんに頼んだ。見事、初日三塁側の「6人がけテラス席」をゲットしてもらった。7月に信州へ、8月に徳島・阿波踊りへ行った6人が宴会を開く。入場料一人4,500円に飲食代がかかっても安い。長崎出身のお嫁さんも旦那に感化されてカープファン。感謝、感謝。

0466カープチケット169231 
ネット販売なので、全国のカープファンがマツダスタジアムに集う可能性がある。ホテルを確保できるか心配する  (広島テレビ)

0468 - コピー 
CS第2ラウンドが決まっているのは広島だけ。巨人とⅮeNAのファンはチケット争奪戦へ参加したのだろうか。それともビジターシートは売り出していないのか。まあ、進出できなくてもネットで高く売る手があるから、人の心配するのはよそう   (スポーツナビ)

PageTop

公共交通を考える会

 高齢化・人口減が進む安芸太田町では、客がほとんど乗っていないバスが走っている。公共交通の維持が重苦しい課題である。町は各地区で「公共交通を考える会」を開いて、現状の経費や利用実態を説明し、住民の声を聴いている。坪野地区では8月にアンケートをした上で「考える会」を開いた。要望やアイデアが出された。今すぐ結論を出せることではないが、10数年先を考えると、暗澹たる思いになる。バスの利用促進に妙案がない。

0443公共交通169221 
明るい話ではないからか、参加者は少なかった。日本全国の田舎に忍び寄っている問題で、古里で余生を全う出来なくなるのが現実味を帯びてくる

PageTop

町観光基本計画ワークショップ

 来年2月をメドに最終案をまとめる安芸太田町の観光基本計画を策定するワークショップに参加した。メンバーは若い人、女性が多くて「ここは安芸太田町?」と思うぐらいだった。検討テーマは、①もう10分~20分滞在させるには、その工夫は ②1泊2日のツアー案。いきなり示されたテーマに戸惑ったが、私が書いた「集落ツアー」は、発表のとき「限界」がプラスされて、意外に受けた。これから月1回のペース。三段峡会議も重なるからハードな秋になる。

0433観光計画169211 

0439観光計画169212 
付箋を貼るこのやり方は消化不良気味になる。一人5分間のスピーチを組み合わせないと議論は上滑りし、まとめ役に誘導される危険性がある

PageTop

敬老会

 未明から台風に刺激された秋雨前線の雨。大雨警報が出された中で敬老会を実施するかどうか、気を揉んだ。判断するのは地区長である私の役目だ。「敬老者には元気な顔を合わせてほしい」との思いから、開催を決めた。幸い雨は強くならず正解だった。もう一つの仕事は、開会あいさつ。人生の先輩に対してしゃべるのは難しいものだ。アトラクションでは敬老者もカラオケを歌って賑やか、「ひょっとこ踊り」の飛び入り出演もあって会場は沸いた。

9217敬老会169181 
テレビで雨のレーダー画像や安芸太田町のピンポイント予報を見ながら、決行を判断した。「dボタン」がこれほど役立ったことはない

9220敬老会169182 
欠席者の弁当を仕分けする福祉部の皆さん。事務局の段取りの良さでスムーズに進んだ

9262敬老会169183 
開会あいさつをする私。お祝いとともに、「いろんな行事へ参加していただき、元気な顔を見せてください。それが地域を元気にします」とお願いもした

9341敬老会169184

9389敬老会169186 

9386敬老会169185 
歓談、食事。当然なのかも知れないがアルコールは今一つ進まない。一方、カラオケは「なり切る人」もいて切れ目がなかった

9405敬老会169187 
宮崎の「ひょっとこ踊り」が爆笑を誘った。面の中にこもった声だが、Ⅾさんの奥さんだと分かった。結局、顔は見せないまま帰られた。ユーモア・サービス精神に感謝

PageTop

カープ凱旋

 午前は歯の定期点検、午後はヒロシマ・ラボ・クラブの写真展。そして夜は、いつもの4人が御用達の居酒屋で、巨人戦をスマホ観戦しながら正式のカープ優勝祝賀会を開いた。優勝が決まっていても負ける気がしないので、心地よい酔い加減だった。巨人に完勝が何より痛快だ。ペナント授与のセレモニーは我が家に帰って賑やかに祝った。CSも日本シリーズもこの調子で勝つと思えるから、勢いとは恐ろしいものだ。目指すは90勝、残り5勝3敗だから出来る。

0251カープ凱旋169151 
ビールも飲むが、巨人も飲み込んで上機嫌。この後、テーブルには次々料理が届けられ「おめでとうございます」

0255カープ凱旋169152 
我が家に帰って優勝セレモニーを待つ。花を添えて巨人をシャットアウト、隣の家に大きな歓声が響いたに違いない。ご容赦、ご容赦

0275カープ凱旋169153 
テレビ放送席の安仁屋さん(左)。解説者を忘れた一人のカープファンである。シーズン前の安仁屋さんの順位予想は必ずカープの優勝、シーズン100勝をも宣言する

0277カープ凱旋169154 
チャンピオンフラッグの場内一周。今日のお客さんは、優勝の胴上げを見られると思っていたかも知れないが、優勝セレモニーも記憶に残るに違いない

PageTop

ヒロシマ・ラボ・クラブ写真展

 広島県写真連盟に加盟しているヒロシマ・ラボ・クラブの第41回写真展へ出かけた。同クラブは1963年の設立で、県写連の名簿には3番目に掲載されている古参組だ。風景、花、スナップ、祭りなど、会員の自由な作品が多く、クラブ色は薄い。会長の北恵さんと、来年の県写連展のモノクロ企画や写真に対する考え方について長話になり、今月末に訪問する可部フォトクラブの例会へご一緒することになった。NHK広島2階ギャラリー、18日まで。

0233ラボクラブ写真展169152 

0234ラボクラブ写真展169151 
快く撮影に協力していただいた。右が北恵会長。NHKのギャラリーは手ごろで多くの写真展が開かれる 
                              

 帰り道、車の中から撮影した今の広島。カープの存在は、他都市の人には信じられない大きさだ。宗教にも似ていて、人も企業も信者に近い。どうせやるならでっかくやった者の勝ち。
0239広銀本店169153 
広島銀行本店。頭取以下、有頂天なのか、こんな巨大な懸垂幕は初めて見た。25年の思いが詰まっているとはいえ、さて、おいくら

PageTop