楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

高齢消費者サポーター研修会

 高齢者を狙った詐欺や悪質商法の被害を食い止めようと、安芸太田町内の自治会長や民生委員、女性会などを対象にしたサポーター研修会が開かれた。講師は消費生活相談員と警察官。相談員は被害を受けそうな高齢者の変化に気付くポイントや声掛けの際の注意点、見守りの連携と相談の大切さ指摘した。還付金詐欺の実際の録音はあまりに言葉巧みで、「自分は大丈夫」を吹っ飛ばす臨場感があった。周囲の人のアンテナの重要性を実感した。

3252研修会172231 
参加者は約80人。地域へどのようにして広げるかが課題。還付金詐欺の録音を含め20分ぐらいのDVDがあれば、部落総会や文化産業祭でPRできるのだが

PageTop

壁紙(芸北・臥竜山:17年2月21日撮影)

4069壁紙1  

PageTop

春の日差し(聖湖など:17年2月21日撮影)

 夕方、深入山の「いこいの村ひろしま」で、たたら製鉄と三段峡の勉強会があったので、その前に芸北・聖湖と八幡を一巡りした。昨日、雨が降ったこともあり、メーンは聖湖の氷紋狙い。小板側から入ると全面真っ白だったが、堰堤近くは結氷しておらず、境はクッキリ分かれていて氷紋はなかった。もう1回ぐらい寒波が来ればチャンスはあるかも知れないが、今年の氷紋写真はダメかも知れない。今日の救いは白い帽子をかぶった臥竜山だった。

3962国道沿い172211 
国道191号沿いの雑木林の影が面白い。昨夜、少し雪がふってきれいな雪面になった

3980聖湖172212 

3995聖湖172213 

4003聖湖172214 
聖湖。湖畔の際まで寄って撮ろうとしたら足が沈みだし、慌てて体を岸側へ倒して難を逃れた。雪庇に乗ったような状態だったのだ(3枚目の写真)

4015聖湖172215 

4022聖湖1722111 
八幡側から入ると、撮れそうな湖面ほとんどなかった。1カ所、橋の上から撮影出来た

4009臥竜山172218 

4069臥竜山172219 
臥竜山。春の日差しを受けながらも、頂上付近のブナ林は化粧を落とさず待っていてくれた

4034廃屋172216 

4040廃屋172217 
定点撮影している長者原の廃屋。一段と傷みが進み、終焉のときが近づいている


PageTop

閉校(町立3小学校:17年2月18日撮影)

 安芸太田フォトクラブの撮影会は趣向を変えて、昨年春に閉校した安芸太田町立殿賀、津浪、修道の3小学校の校舎内にした。いつもとは違う被写体に不安そうだったクラブ員は、ときを忘れ少々興奮気味にシャッターを切っていた。地図や五十音表、注意事項など、子供たちの息吹を探したが、思いのほかきれいで少し残念。反射する木の廊下は、自分の子どものころを思い出し、嬉しくなる。壁に飾られた卒業制作の作品からは、声が聞こえるかのようだった。

3145殿賀172181 

3695殿賀172189 

3642殿賀172182

3656殿賀172187 

3691殿賀172188 
殿賀小学校。1875年(明治8年)創立。1984年の建設で廃校にするにはもったいない。プラネタリウムの設備もある。卓球台が寂しそうだった

3171津浪172183 

3187津浪172184 

3733津浪1721810 

3783津浪1721811 

3814津浪1721812 
津浪小学校。1874年(明治7年)創立、1964年新築。一気にディープな昭和に引き込まれる

3205修道172185 

3241修道172186 

3829修道1721814  

3846修道1721816 

3840修道1721815 
修道小学校。1872年(明治5年)創立、1956年新築。図書室には柔らかい冬の日が差し込み、子どもたちが寝そべって読んでいたらメルヘンの世界だ

PageTop

最高裁弁論

 銀行の記帳台で66,600円を盗んだとして有罪判決を受け、上告していた中国放送アナウンサー・煙石さんの最高裁弁論があった。検察は今になって「店内のビデオ映像では断定できないが、被害者の証言は信用できる」と言いだす始末。証拠なしで有罪を主張する無法ぶりだ。輪をかけてひどいのが「映像で持ち去ったと推認できる」として有罪にした高裁の裁判長。傍聴したのであの顔は忘れない。最高裁には高裁差し戻しではなく、無罪の確定を望む。

3070煙石さん172171 
全国ネットのニュースになるほど、この種の事件での最高裁弁論は異例

3083煙石さん172172 

3092煙石さん172174 

3093煙石さん172175 
祝儀や香典にお金が入っていないことは、ままある。葬儀の帳場で、本人の前で開封するのは、こんな事故を防ぐためだ

3088煙石さん172173 

3117煙石さん172177 
「被告が抜き取ったとは断定できないが、被害者が入れたのは信用できる」。これでは裁判にならない

3107煙石さん172176 
控訴審で有罪判決を下した高裁の裁判長。検察は弁論で、裁判長の判決理由を真っ向から否定したことになる   (写真は中国放送など)

PageTop

水路工事終了

 坪野の用水路の改修工事が終わり、役員と水路委員で現場を確認した。補助の限度額の関係で2期工事になり、今回の長さは15㍍だった。安芸太田町は40%補助、隣の広島市は地元負担ゼロだそうだから、唸ってしまう。水漏れが深刻な場所は沢山あって、全てを改修すると部落の財政は吹っ飛んでしまうだろう。だましだまし直すしかない。水路に溜まった砂利を取り除いて通水、農業用だけでなく消防用水でもあるので、勢いよく流れて一安心だ。

3050水路工事完成172161 
住宅の近くで漏水が確認されたので緊急性があり、1期、2期合わせて60㍍ぐらいの工事になった

3055通水172163 

3064通水172162 
砂利を取り除き、板の壁を立てて通水。水路にはシジミが沢山いる。きれい過ぎる水だと、味がいいのかどうか。シジミ汁を試してみようか

PageTop

氷紋空振り                                            (芸北・王泊ダム:17年2月15日撮影)

 寒さが緩み、ほど良い氷紋が出ているのではないかと思い、王泊ダムへ出かけた。結果はべったりのグレーで空振り。国道186号が崖崩れで通行止めのため、遠回りして芸北細見から入った。定番の撮影ポイントへの道には動物の足跡だけ、今回の寒波後に歩いた人間は私だけかだろう。スノーシューを履いて片道500㍍、晴天無風で汗がにじんだ。13日の立岩ダムに続き、あっけなく2連敗。残るは樽床ダムだが予測が難しい。何とかヒットを打ちたいが。

3527王泊ダム172151 

3537王泊ダム1721562 

3538王泊ダム172155 

3541王泊ダム172153 

3567王泊ダム172154 
もう少し溶けたら、まだらに模様ができるのかも知れない。明日は3月下旬並みの暖かさで、明後日は雨の予報、元の水面に戻るのだろうか

PageTop

壁紙(戸河内・深入山:17年2月13日撮影)

3513壁紙 

PageTop

雪崩注意(深入山など:17年2月13日撮影)

 寒さも緩み加減で、氷紋が出ているのではと思い、立岩ダムをめざした。途中の道は除雪されているものの、崖のような斜面にはたっぷり雪があった。雪崩で谷へ押し落とされたり、道が塞がれて帰れなくなったりする危険性があり、途中で引き返した。気象情報の「雪崩注意」を実感した。雲は切れ、流れは速く、深入山の木立に作戦変更した。頂上あたりから、今日ついたばかりのシュプールが、何本も走っていた。私は、ほんの少し登った所でギブアップ。

3370鱒溜ダム172131 
鱒溜ダム。立岩ダムの手前で標高は低い。写真になり難い程度の氷紋。大きな模様が出ていれば何とかなったのに

3377内黒172132 

3393内黒172133 
内黒峠経由で深入山へ。午後2時ごろになると、恐羅漢スキー場に来た九州の人が帰り始める。離合が困難な場所があり、出会わないことを祈りながら走る

3466深入山172134 

3471深入山172135 

3502深入山172136 

3513深入山172137 

3522深入山172138
深入山。雪がふかふかで、スノーシューでも30センチ以上埋まってしまい、休み休み登らないときつい。滑り降りる人がいたらワクワクしただろうに

PageTop

「読者の写真」展

 中国新聞の「読者の写真コンテスト」で、2016年に入賞した61作品の展覧会へ出かけた。毎月、紙面に掲載されるが、ときには「なぜこの写真が」と思うこともある。しかし、全紙サイズにプリントされると「なるほど」となる。新聞印刷の限界ではある。入賞作は風景、暮らし、動植物、祭り、ネイチャーなどバランスがよく、飽きさせない。OBとして言わせてもらえるなら、月別ではなくジャンル別の展示の方が、会場にまとまり感が出るのではと思うのだが。

2986読者の写真展172121 
場内は撮影禁止。そんなときは普通、会場入り口付近の看板を手前に場内を小さく撮影するのだが、看板は置かれていなかった。やむなく展覧会の雰囲気がない美術館入り口の写真で我慢。作品目録がなかったのも意外。以上はOBの独り言。広島市西区商工センターの泉美術館、3月12日まで(月曜休館)、10時から17時、無料

PageTop