楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

田んぼ数々

 晴天続きで、苦戦しているのではないかと案じたが、流石、田舎の安芸太田フォトクラブである。例会には多くの田んぼ作品が集まった。田植え前から活着した苗が並ぶまで、日ごと変化する農村風景が捉えられている。山に囲まれた地域だから変化に富んだ水鏡が現れる。身近に題材を発見する面白さを、クラブ員が感じているのではと思う嬉しくなる。6月は写真になる季節だ。アジサイ、ヤマボウシ、天霧、吉水園・・・。好調だった5月以上を期待したい。

4917例会17526 
上位に選ばれた作品を川・森・文化・交流センターのロビーに展示するクラブ員

4905例会175261 
上位に選ばれた作品

左上=濃い青の田んぼが印象深い。活着した苗を初々しく捉えた。町の写真愛好家には
     里山らしくないと不満だろうが、身近な風景の魅力を見つけるのも大切だと思う

左下=こんな場面に出くわしたら、思わずニタッとすること間違いなし。藁屋根を隠す右の
     建物が悔しいが、致し方ない。花は毎年同じではない。来年も訪ねて欲しい

右上=正確に、美しく植えられた苗がラインを描く。コメ作りをする人が見たら「植え方が
     うまいなぁ」と感心するだろう。映り込む山が苗を引き立てる

右下=遊園地で童心にかえるお年寄りの表情が全てだ。左の女性の表情もいい、タイミング
     もバッチリだ。左右と下をトリミングしなくてはいけない

PageTop

お疲れの一日

 昨日は、県写真連盟展の疲れが残る中、坪野で忙しい一日になった。疲れが上乗せされて、ブログを書く気にならず、早々に寝入って今日の執筆になった。広島から帰る途中、部落で集めた日赤の会費をJAで納入。昼過ぎまでかかって役場へ提出する資料数点をまとめ、午後は住民から出された行政への要望を役場本庁と支所、河川事務所へ出かけて説明した。夕方からはNPO法人三段峡―太田川流域研究会の総会へ。帰宅するとぐったり。

4883写真展記事175251 中国新聞に掲載された写真展の記事。モデルになっているのは、たまたま、安芸太田フォトクラブの岡崎さん

4888さんけん総会175252 
NPO法人の総会会場は三段峡入口の三段峡ホテル。昭和の雰囲気の大広間に、対岸の緑がよく映る

PageTop

新聞&テレビ取材

 60周年とモノクロ企画が取材理由になったのだろう、県写真連盟展会場で中国新聞とNHKの取材を受けた。NHKの昼のニュースで紹介されると早速、兄から冷やかしめいた電話が入った。夕方の時間帯でも放送された。私の出番は15秒ぐらい、モノクロ企画についてしゃべりたかったが叶わぬこと。明日は中国新聞に掲載予定、写真についてたっぷり話したが、さてどんな扱いになるのか。マスコミでの紹介は動員数に大きな効果がある。ありがたい。

4842県写連展175236 

4838県写連展175231 

4874県写連展175235 
上は来場者に取材する中国新聞記者。2枚目はインタビューするNHKスタッフ。3枚目、額の広さと顔の肉付きはどうしようもない私

4855県写連展175232 
モノクロコーナーが今回の目玉。1枚1枚興味深く見てもらえると嬉しくなる

4868県写連展175234 
私が所属している「あすなろフォトクラブ」の土井さんの作品が紹介された。「取材する写真を推薦してほしい」と依頼されたが、立場上、受けられない。「スタッフの感性で選んでください」とお断りした結果、この作品が選ばれた

PageTop

60周年「モノクロ企画」

 広島県写真連盟展を明日から県立美術館で開く。展示作業に加盟クラブ員が100人ぐらい集まった。今年は連盟創立60周年記念の企画でモノクロ部門を設けた。252点のうちモノクロ作品は38点、数は少ないが壁2面にピタリと納まって、カラー作品に負けない存在感を見せた。鮮やかなカラー作品を見慣れた来場者にはどう映るだろうか。色彩に頼らないモノクロ表現の新鮮さを感じてもらえればと思う。アンケートへの書き込みが楽しみだ。

4821県写連展示175221 
仕事は大人数、展示委員の準備は万端、作業は1時間足らず終了した。県立美術館の県民ギャラリー、28日まで、9時から17時まで

PageTop

雲なし、夏の暑さ                                      (戸河内・小板など:17年5月17日撮影)

 午前中の「草刈り隊」が終わり、昼からは夏のような暑さの中、あすなろフォトクラブの撮影会。晴天続きで水量も少ないだろうから新緑の渓流は無理、行先を思案しながらの出発になった。田植えが終わったばかりの井仁の棚田を経由して戸河内小板、戦後すぐ消滅した集落の田代を回った。雲が少し流れただけで「いい雲がでたよ」と声が出るほどの晴天で、強い日差しに苦戦した。この時期の撮影は雨模様がいい。6月を楽しみにしよう。

6298井仁175201 
筒賀・井仁。初めて行った集落の最上部から。条件が整えば撮影ポイントになりそうだ

6330小板175202 

6342小板175203 

6349小板175204 

6378小板175206 

6366小板175205 
戸河内・小板。2枚目は日曜日の安芸太田フォトクラブの撮影会で撮った田んぼ。田植えが終わり、緑は少し濃くなった。最後の写真、左はスズランを狙う92歳の上土井さん

6398田代175207 
戸河内・田代。5月に行った奥三段峡前の集落。上土井さんによると、分教場もあったそうだ。日を改めて生活の跡を示す石垣を撮りたい

6403田代175208 
三段峡。日陰はしっとりする。ツツジが咲く中での渓流釣り、どうやって渡ったのだろう

PageTop

野ウサギの赤ちゃん

 休耕田の草刈りをする「草刈り隊」第1クールの最終日、可愛い小動物を驚かせてしまった。フル回転する草刈り機の先に、動きの緩慢なネズミのような姿が見えた。ヤマネだと直感し、保護した。役場へ連絡すると「写真を撮って山へ放してください」との返事。以前、ヤマネを安佐動物公園に引き取ってもらった話を思い出して電話すると、「触ってもいけない希少種です。写真を送ってください」。撮った写真を見るとヤマネの特徴である背の黒い線がない。

 メールで「野ウサギのように見えます」と書いて送ると、早速、「野ウサギの赤ちゃんです。母親が近くにいるでしょうから、元の場所へ戻してください。探してお乳をあげるでしょう」と電話があった。山際の柚子畑へ戻すと、見計らったようにトビが上空を旋回し始めた。トビを見て恐怖感に襲われたのは初めてだ。飛び去ったすきに、見えにくい木の下の草の中へ移した。草刈り機に追われ、人に捕まり、写真を撮られ、山に捨てられ、さぞ怖かったろう。ごめん。

4790野ウサギ175201 
捕獲した小動物は牙をむいて威嚇するが、野ウサギは静かにしている。親に会える幸運を祈ろう。比較対象物に適当なのはビール缶しかない

PageTop

クラブ訪問⑥ 宮島フォトクラブ

 宮島フォトクラブの訪問記が16日、県写真連盟の加盟団体へ配信された。本来ならその夜、紙面をブログに掲載するのだが、運悪く印刷用のA4サイズ印画紙がなくなっていた。昨日、17日はくたびれて、大竹写友会の写真展とカープ観戦のブログは書けなかった。午前中に広島の自宅で2本書き、坪野へ帰る途中に印画紙を買って、訪問記は2日遅れの掲載になった。来週は県写真連盟展があり、6月7日には温品フォトクラブを訪問する。適度に忙しい。

4776宮島フォト175181
大竹写友会の写真展会場で、宮島フォトクラブを訪問したことが知られていた。コツコツ、県写真連盟の活動をPR

PageTop

完封負けの次は逆転負け

 何と言うことだ。昨日、大竹写友会の写真展を見た後の、今年2回目の野球観戦は惨憺たる結果になった。4月25日は巨人・菅野に完封負け、昨夜の横浜戦は9回3点のリードを守れず、延長10回逆転負けした。6回まで無得点、7回一挙4点取って嫌な気分をふっ飛ばしてくれたのに・・・。不吉なことはあった。昼ごろ、坪野の水路にいる大きな鯉が力なく流され、柵に引っかかっているのが見つかった。流れのないたまり場へ移したが、その甲斐はなかった。

4747カープ175172 

4770カープ175173 
上は7回の逆転、このとき3回「宮島さん」を大合唱したのに、下が結果を物語っている

PageTop

大竹写友会・フォトクラブ虫干                                    第12回合同写真展

 17日、県写真連盟に加盟している大竹写友会が、友好団体のフォトクラブ「虫干」と開いている第12回合同写真展を訪ねた。24人が69点を出品。今回初めてテーマ「動物・鳥」部門を設けた。ペットや野鳥、中にはアメンボウもあって肩の凝らない21作品が並ぶ。会員の得意分野はそれぞれで、変化に富んでいて飽きさせない。たっぷり1時間、話をさせてもらった。会期終了後、市職員が7点を選んで市役所内に半年間展示される。いい地域貢献だ。

4702大竹写友会175171 
会場の大竹市立図書館2階の「ギャラリーおおたけ」は贅沢なほど広い。21日まで。10時~17時(最終日は16時まで)。翌22日は県写真連盟展の展示だから忙しい

PageTop

壁紙(戸河内・松原:17年5月14日撮影)

6292壁紙 

PageTop