FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

宮参り

 孫の杏ちゃん100日の宮参りは桜満開、爽やかな春の日差し。神社でも、写場でも、お食い初めの場でもぐずることなく、途中睡眠を挟んで約5時間半、お利口さんだった。4人の爺婆が入れ代わり立ち代わり顔を寄せてあやすと、時折ニコッと笑みを見せる。写場のスタッフさんも懸命に呼びかけてベストショットを演出した。日ごろにはない大量の映像や音声情報が、幼い脳に注入されて混乱気味だったかもしれない。日々成長、お疲れ様。次は誕生祝い。

8329宮参り183311 
杏ちゃんの額にお神酒を付けるお父さん。こんな風習があるとは知らず、慌てて撮った

8335宮参り183312 
この場面で笑ってくれたら「あんた、役者じゃねぇ」となるが、そうはいかない

8365宮参り183313 
お食い初めの会食。食べられる訳もないが、杏ちゃんには尾頭付きの鯛や赤飯などが出された

PageTop

幸先よし

 待ちに待ったプロ野球開幕。藤友さんと「お隣ビューイング」で盛り上がった。昨年は、レプリカユニフォームを着こんで臨んだが、ジョンソンが打ち込まれて負けてしまった。今年は、普段着で観戦した。途中、逆転されたが「負ける気がせんわ」と意気軒高。カープはほとんどの選手が持ち場でいい仕事をして、予定通り勝った。ヤクルトがベイスターズに快勝し、巨人・菅野が負けていい気分に浸った。混戦を予想する評論家が多いが、ぶっちぎってもらいたい。

8316開幕戦183,301 
ビールにウィスキー、日本酒、焼酎。寿司もあって花見気分。私がカメラに近かったので巨大になって撮影ミス

※訂正=3月23日の記事中、雛飾りを5段と書きましたが、7段でした。妻と娘からきつく
                指摘されました。

PageTop

桜猛追

 安芸太田の加計辺りでは梅がそろそろ盛りを過ぎようとし、間を置かず桜が猛追している。写真が撮れていないので午前、近場を走った。霞がかかったようでシャキッとしなかったが、「桜前の春らしさ」が何とかなった。今年の桜は1週間か10日ぐらいペースが早い。つぼの地区交流センターの大桜も一気に3分咲きぐらいになった。湯来・湯の山のしだれ桜は7分咲きか、4月1日には「花の駅・安野」では花まつりがある。2日ぐらいまでが撮りどきだろう。

2357津浪183301 
津浪。爽やかな朝、ゆっくり畑仕事をする男性がいい雰囲気だった。梅は満開

2372香草183302 
香草。若い桜、年々大きくなっている。密集し過ぎていて近寄ると撮り難い

2388勝草183303 
勝草。人は住まなくなっても、花は必ず春を告げる。住んでいた人の思いを考えながら撮る

2392田原183304 
田原。お寺の屋根をもう少し広く撮りたいが、電柱が邪魔してこれが限度。それでも電柱が1本写っている。山には携帯用のアンテナが2本ある

2395木坂183305 
木坂。太田川からは高い位置にある集落。谷底と違って日照時間が長いので太陽光発電に向いているのだろう。耕作地はひどく荒れている

2420井戸183306 
井仁。標高が高く、まだ春は浅い。田んぼでは米づくりの下準備が始まっていた

2423坪野183307 
昼前に坪野へ帰って来た。8時ごろだったら雰囲気は全く違ったかも知れない。寺の屋根は風景に溶け込む

8312湯の山183308 
湯来・湯の山。1、2日で満開だろう。ただ、立ち入り禁止区域が増え、周辺の整備も十分でなく、撮影ポイントは減っている

PageTop

久しぶりの楽農

 4月を通り越したような陽気、畑に発破をかけられた。昨日はジャガイモを植え、今日は大根や小松菜、ホウレンソウの種を播いた。玉葱は昨年秋、苗の育ちが悪くて入荷が2週間遅れた影響だろうか、今一つだ。だが猿にとってはご馳走だからネットで囲った。久しぶりに草取りもして、かがんで動いたためか、腰のあたりが重い。明日はプロ野球開幕、広島で藤友さんと「お隣ビューイング」をする。来週は大腸ポリープの切除ある。農作業は当分お預け。

8295畑仕事183291 
日が長くなって明るいうちにネットを張り終えた。奥の湿った場所には大根やホウレンソウの種を播き、ジャガイモを植えている

PageTop

組長引継ぎ&総会

 2組の組長引継ぎと部落総会が開かれた。2組の会計は残高約4,000円で、事業がある訳ではないので超健全財政である。部落総会では30年ぶりに規約が改正された。実情に合わなくなった部分を現状に合わせた。名称も「坪野部落」を「坪野自治会」に変更した。役員の改選は難航したが、自治会長を1年間の条件で留任を引き受けた。崩れた水路の石垣の改修、太陽光発電設置に伴う車両通行不能の発生など、新たな問題が発生している。

8289二組183211 
2組は6軒で構成している。一人は不幸があって欠席した。組長引継ぎの後、天気がいいので組長を務めた住谷さんの庭先で撮影した

8292総会183212 
自治会、テレビ組合、神社の各総会が開かれる。役員選出が長引き3時間以上の会議になった。段取りなどがよかったのか、議事は比較的スムーズに進んだ

PageTop

復帰

 安芸太田フォトクラブの例会へ、体調不良で休会していたOさんが元気な顔を見せた。予告なしの登場にワッと明るくなった。「家にいると笑うことがないので、楽しいです」と表情は明るかった。親の介護や足の痛み、地域の行事で欠席する人がいて、なかなか全員勢揃いにならないのは残念だ。元気に復帰されるのを待とう。4月は忙しい。火葬場ロビーの写真の展示替えとしだれ桜の名所・与一野での写真展がある。欠席の人へも声を掛け、賑やかにやろう。

8277例会183231 
参加者と出品数が少ないため、投票方式をではなく、順番に好きな写真をピックアップする方式にした

8284例会183232 
上位に選ばれた作品

左上=花の駅・安野。展示されているディーゼル車へ紅梅と霧に包まれる山を映り込ませた。
     「ギリギリのアングルです」。ツボミの桜、霧に霞む山がいい脇役になった

左下=田んぼの水たまりへ出来た氷。トラクターのタイヤの跡など狭い範囲に素材があった。
     ピントもしっかりしていて、氷の質感を表現できた

右上=棚田に早春の日が差した。堆肥の小山が並び、今年も農作業が始まった。上部と右を
     トリミングして、主題の堆肥を強調した方がよかった

右下=撮影会での作品。谷が深い安芸太田ならではの光景だ。山の端がかすかに浮かび、い
     い雰囲気になった。一人ならジッとベストタイミングが待てるのだが

PageTop

雛飾り

 1カ月ぶりに孫の杏ちゃんがやって来た。生後3か月。話しかけたり、口でポンと音を出してあやしたりすると、笑顔を見せる。和室にはこの度お母さんになった孫へ、義父が贈ったお雛さんが飾られている。嫁ぎ先へ持って行くよう促したが、狭いからと断られた。久しぶりに妻が飾った。本来なら節句を過ぎたら人形を納めるか、後ろ向きにするのが習わしのようだが、杏ちゃんを待ち続けた。立派な5段飾り、20年ほど前に亡くなった義父の笑顔が見えるようだ。

8272杏ちゃん183232 

8250杏ちゃん183232 
頬はぷっくり膨らんでいるが、まだ鼻の方がほんの少し高い。鼻筋が通り、目もパッチリで別嬪さん。親ばか、婆ばか、爺ばかにさせてくれる

PageTop

壁紙(加計・安野:18年3月21日撮影)

2202壁紙 

PageTop

長雨(加計・安野:18年3月21日撮影)

 降りやまない雨。安芸太田フォトクラブの撮影会は、散り始めた紅梅と満開前の白梅が競演している「花の駅・安野」にした。安芸太田町内の標高が高い所は咲き具合が今一つだから、移動はせずに、2時間足らずで終った。撮影条件はまずまず、霧も適度に流れてくれた。出会った写真愛好家は一人、もったいない話しだ。4月1日に花まつりが開かれる。桜がピタリ満開になればいいのだが、3、4日ぐらいだろうか。桜情報を随時発信したい。

2210安野183213 

2229安野183214 

2299安野183218 

2202安野183211 

2203安野183212 
桜が満開になると多くの人が撮影する駅舎近く。見た目はまだ寂しいのだが、写真にすると春らしくなる

2262安野183215 

2281安野183217 

2279安野183216 
駅から離れた場所に定番ポイントがいくつかある。雨の日や太陽が山の端にかかる前にいい表情を見せる

2304安野183219 

2314安野1832110 
V字谷が深く、背景の山に霧がかかると狙い目だ。刻々と変化するから、山が見えなくなっても心配はいらない、しばらく待てばいい

PageTop

第1回招致委員会

 広島地区の写真団体が連携して6月に開く、「著作権・肖像権セミナー」の招致委員会の初会合を開いた。集まったのは全日本写真連盟、中国新聞写真クラブ、日本写真作家協会、日本風景写真協会、広島広告写真協会、広島写真美術協会、広島女子カメラ部と県写真連盟。参加人数の割当、自治体広報担当への案内、当日スケジュールの概略、今後の日程などを確認した。イベントの成否は準備が9割、当日は1割。十数年前の現役当時を思い出す。

8243招致委員会183201 
絵画や書、写真などの文化団体のクラブや会派、流派にはそれぞれ主張や歴史、人脈などがあって横に連携し難い。今回の取り組みは画期的だ。成功させて次の一歩へつなげたい

PageTop