FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

泣き顔

 ゴールデンウイークで孫の杏ちゃんがやって来た。1カ月ぶりのご対面。近寄って呼びかけると、けげんそうな顔がみるみる歪んで泣き顔になった。興味はあるが見ると怖いのだろう。記憶回路がつながっていない状態では無理からぬ。しばらくすると「敵ではない」と理解できたのか、徐々に表情が緩んだ。見た途端に爺婆を認識してくれるのはいつごろだろう、楽しみに待とう。顔は真ん丸、太ももの肉付きがたっぷりの健康優良児。「〇〇部屋じゃのう」。

8607杏1842918615杏184292 
泣く直前の微妙な表情の変化が面白い。こちらが笑ってしまう。笑顔になるとホッとする

PageTop

草刈り隊始動

 草刈り隊が始動。今年はスイバの育ちが著しく、背丈が伸びて大草になったように見える。集まった隊員は10人、爽やかな時期なので3時間の作業を宣言して突入した。草はまだ柔らかく、予想以上にはかどった。請負う面積が今年も増え、隊員が一人減って受け入れキャパは限界に近い。これからほぼ毎週のように9月下旬まで作業が続く。午後は実家の代かきを手伝った。草刈りの疲れと風邪気味で戦力にならず、「四分の一人役」程度だった。

8595草刈り隊184281 
9割ぐらいが休耕田になったのではないだろうか。草刈り隊がいなかったら、風景は荒れ放題になる恐れがある

8601代かき184282 
代かきの後の「えぶり」作業。水平になったようで、土の偏りはある。私は野球中継を聞きながら、座っている時間が長くなった

PageTop

「春」並ぶ

 雪、雨、霧の中の桜。私が入院したため撮影会は出来なかったが、安芸太田フォトクラブの例会には様々な「春」が並んだ。桜と雪が一緒に納まる写真は滅多に撮れないが、チャレンジした作品があった。思い通りに捉えるのは難しかったようだが、拍手したい。雪が降ったのは4月8日、私は病院のベットの上だった。チャンスを逃した悔しさが残る。新緑も一気に進み、山笑う状態を通り越して深緑へ足早だ。5月の撮影会は中旬になる。条件は厳しいだろう。

8588例会184272 
展示する作品が決まり、題名を考える。額に入れると一層引き立つが、撮影以上に苦労する

8587例会184271 
上位に選ばれた作品。雪、雨、霧が勢揃い

左上=奥の山に雪とたなびく霧。撮影のタイミングが少し遅れたが、光景を思い浮かべて走った
     だけの成果はあった。撮ってなんぼなのだ

左下=雨の中、与一野のしだれ桜。晴天のときには出せない、独特の味がある。咲き方が悪か
     った部分を霧が包み込み、杉も霞んで別世界になった

右上=山の形と霧が桜を引き立てた。撮影地は住んでいる集落内、素材は身近にある。見つけ
     て欲しいと思っている桜は、そこら中にあるのだろう

右下=霧の中、桜の向こうに朝日が輝いた。微妙な色があるのだそうだが、写真にするとモノ
     クロのシルエットになった。雰囲気は十分だ

PageTop

早期大腸癌

 大腸ポリープの診断は早期の上行結腸癌だった。下層粘膜へわずかに食い込んでいたが、リンパも血液も陰性で「ギリギリセーフ」の状態。医師の丁寧な説明もあってか、冷静に受け止められた。今後、半年ごとに内視鏡検査で経過を診る。人間ドックのお陰だと思う。胃癌と肺癌になった二人の兄へ知らせると、さして心配するふうでもなく、逆に安心させられた。診断は24日、ブログへ書くかどうか時間を置いたが、伏せる意味もないので公表を決めた。

8581診断184241 
小さな文字と図で説明されたメモ。赤字で書かれた「早期」と「進行」の際だったことが分かる

8579衣笠184241 
24日、病院から帰る途中に鉄人・衣笠さんの訃報を知った。私と同じ上行結腸癌。闘病中だったろうに、広島のテレビでは最近まで、みじんも感じさせない笑顔を見せていた。19日、声がかすれる野球解説を聞いて、咽頭癌なのではと心配した。凄い人だ。NHK夜7時のトップニュース、8分間の大きな扱いだった

PageTop

広島県写真連盟総会

 例年、3月下旬に開く広島県写真連盟の総会があった。毎年6月ごろに県立美術館で開く連盟展の日程を取れず、後期の日程が決まる4月12日の調整会議後になったためだ。連盟展の要領を確認する代表者会議がなく、時間的には短くなったが、申し訳ない失敗をした。役員改選で新任と退任の方に挨拶していただくのを失念してしまったのだ。後の祭り、会議終了後に頭を下げたが取り返しは付かない。笑顔で対応してもらい、救われたのだが。

8557県写連総会184211 
著作権・肖像権セミナー、「県写連の会」などを報告。年会費について意見はあったが、議事はスムーズに進んだ

PageTop

自治振興会会議

 安芸太田町自治振興会連絡協議会の会議に出席した。町側から当初予算や地方創生事業の「地域商社あきおおた」の設立、加計や戸河内を拠点にした「生涯活躍のまち」づくりについて説明があった。資料を基にスラスラ話されても、理解できたかと言えば心もとない。高齢化・人口減に起因する深刻な問題には茫然とするのが現実だ。会議は必要だが、アリバイづくりではいけない。小さな町だからこまめに町民の思いを吸い上げるのが早道だと思うが。

8554自治振興会会議 
会議は2時間、うち意見交換が1時間組まれた。大人数になると意見は出しにくい。5月に加計支部会があるので、そこで発言したい

PageTop

ボールキャッチ

 昨夜はカープ初観戦、モヤモヤ勝利だった。試合前に幸運がやって来た。1回の守備につくカープ選手がスタンドへ投げ込んだボールを妻がつかんだ。2階のスカイシートへよくぞ届いた。會澤捕手のサイン入り、スポンサーの社名が入ったファンサービス用の軟らかいボールだ。決勝点は1塁安部の盗塁を刺そうとしたボールが外野手をも抜けて転々、一気にホームを駆け抜けた。逆だったら激怒ものだ。8、9回をヒヤヒヤで逃げ切り、変な疲れが残った。

8479カープ戦184191 
2度とない出来事。ファウルをゲットできる確率より低いのではないだろうか

8498カープ戦184192 
背番号51・鈴木誠也が帰って来た。当面は代打要員、外野手とのキャッチボールなどサポート役を務めていた

8513カープ戦184193 
ビジターシートをヤクルトファンが埋めた。今年からヤクルト、中日、横浜はスペースを半分に減らされたはずなのに、カープ球団とファンクラブの間で話し合いがあったのだろうか

8517カープ戦184194 
ラッキーセブンの風船飛ばし。3人の顔が隠れないように撮影するが、失敗が多い

8546カープ戦184195 
試合終了。外野手は尻タッチ、素知らぬ顔のタナキクの二人、ハイタッチは1塁バティスタと3塁美間

PageTop

水路掃除

 春恒例の水路掃除があった。強い運動を避けるように言われている私の役目は、作業に合わせてパイロンを移動させたり、撮影したりするぐらいだった。しばらく体を動かしていなかったためか、途中から生汗が出だした。今年は例年になく崖から土石が水路へ落ちていた。道路管理者へ知らせるため、目印の赤いテープを張って、撤去せずに残した。大きな崖崩れの危険情報でもある。水路が無かったら直接、国道へ転がるのだから、安心して走られない。

8464水路掃除184151 
水路は国道脇だけで約800メートル。集落内は女性が担当する。土石が崩れやすい場所は決まっているが、水路を埋めるほどになったのは初めて。しかも3カ所

PageTop

県写連役員会

 県写真連盟の総会を1週間後に控え、役員会で議事を確認した。普通は3月末ごろなのだが、今年は連盟展の日程が一昨日にならないと決まらなかったので、開催が1ヵ月ずれ込んだ。今年度の目玉事業は、広島の写真団体が連携して招致する「著作権・肖像権セミナー」。県写連が事務局担当するから、会場を満員にし、スムーズな運営にする責任が大きい。課題は副会長人事。人選が整わず、当面空席でしのぐ。各クラブへ若手の推薦をお願いする。

8447役員会184141 
会場は広島駅近くの二葉公民館。今回は和室になって足がしびれるのを心配したが、それ用のテーブルがあって助かった

PageTop

展覧会場確保

 県立美術館で開催する広島県写真連盟展の日程と部屋を決める、今年度後期分の利用調整会議があった。クジを引くのは会長の役目で、毎回重い気分になる。特に昨年秋、前期分の会議で失敗しているだけに、崖っぷちに立った心境だった。参加したのは32団体、クジは22番を引いてしまった。希望の部屋が確保できるか微妙な順番で、加盟クラブの皆さんの顔が浮かんだ。連敗を覚悟したが結果は〇。来年2月18日からの1週間になった。ホッ。

8435県美抽選会184121 
くじ引きは利用申込書の受付順で、トップバッターは私だった。「22」が見えた途端、ガクッ。撮影は県写連事務局の小下さん

PageTop