FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

選りによって

 思いもよらぬ動きが予測される台風12号が週末、中国地方を襲う。広島・岡山・愛媛の被災地に大雨を降らせそうだ。これ以上の被害拡大にならないよう祈る。明日28日から2泊3日、新聞労連の「藤森会」で熊本を旅行する。北海道、東北、関東、関西、九州から27人が参加する予定だが、全員が集まれるかどうか。酷暑に次ぐ台風、選りによって真正面からぶつかる日程だ。解散予定は30日午後、新幹線が走ってくれればいいのだが。缶詰は御免被りたい。

9162台風187271 
最悪のコースと時刻。最近の予報精度は高いので、覚悟しなくてはならない。上陸後、一気に弱まって欲しい(正午前のNHK-TV)

 今夜はベイスターズ戦に出かける。陽が落ちても30度以上で蒸し暑く、夕立の予報もある。何が何でも勝ってもらわなければ、100倍疲れてしまう。
 2本の満塁ホームランでカープが快勝したが、撮影は絶不調だった。打者がバットを振る瞬間の判断が遅れたり、振らないのにシャッターを切ったりして失敗ばかりだった。あまりの暑さとは言え、選手と同じで好不調の波があるのだろうか。登録抹消2軍行きである。今日のトピックスはちびっこカープファンの登場。関東に住む3歳になった藤友さんの孫。野球の「や」の字も分からないが、「カープ」だけ分かる。次回観戦は9月5日、優勝目前であってほしい。

9206カープ187273 
外野へ移動して撮影。代打新井のセンターライナー、完全に遅れてボールも写っていない

9217カープ187271 
ラッキーセブンの風船飛ばし。中央が藤友家の孫、カープの「赤」が遺伝子に組み込まていく

9237カープ 
1試合で2本の満塁ホームランを見られるのは滅多なことではない。10安打10点、効率がいい

PageTop

サンショウウオ観察会

 「さんけん」会員限定のオオサンショウウオ観察会が24日、三段峡と内黒山の谷筋で開かれた。講師はNPO法人日本ハンザキ研究所の岡田純理事長。「三段峡は良好な生息環境が維持されている」と指摘した。内黒山では3種類のサンショウウオの幼体を確認した。ルーペで見るとウーパールーパーそっくりの顔が可愛い。指と尖った爪は精密細工のようだった。オオサンショウウオの観察は夜、残念ながら夕方から坪野で草刈りがあり参加できなかった。

9135サンショウウオ187243 
三段峡で石をはぐって探したが見つからなかった。オオサンショウウオは夜行性、夜に期待

9152サンショウウオ187242 

9149サンショウウオ187241 
内黒山の谷。石や木くずを取り除くと体長3~7センチ程度のサンショウウオが十数匹見つかった。厳冬や大水の中で、けなげに生きて命をつないでいる

PageTop

酷暑の中で

 「暑い」と言うのも嫌になるような毎日が続く。集落は朝夕を除いて静まり返る。ブログを書く気にもならず「猛暑休暇」に入った。撮影に出かける気力も起こらない。草刈りや畑作業はボチボチしているが、午前の1時間から2時間でギブアップ。熱くなった体を水風呂に浸かって冷やす。午前中からエアコンをフル回転、電気代を言ってはおれない。ソフトドリンクと発泡酒の消費量が激増している。40度超えが普通になるのだろうか、温暖化の深刻さを感じる。

9121ひまわり187221h 
22日、草の伸びを押さえるため、家の横を耕運した。砂埃が舞うほど乾燥していた。手前の3本はヒマワリ、全戸へ種が4粒づつ配られ、秋の産業祭で大きさのコンテストがある

PageTop

酷暑・納涼

 大雨の後に酷暑がやって来た。被災地も大変だろうが、坪野では土曜午前、2時間以上の草刈り隊があり、汗だくだくになる。翌日曜の午前に坪野川の清掃の予定だったが、葬儀が入ったため、草刈り隊の後、前倒しで坪野川の一部を清掃した。クラクラするほどの暑さだった。午後はエアコン全開で体を休め、午後7時からの加計納涼まつりの撮影に備えた。汗びっしょりになって9時に終了、ぐったりの一日だった。結果、ブログを書くのが一日遅れになった。

9118川掃除187141 
川幅1.5㍍ぐらいの坪野川。山側の草木が覆いかぶさる。金属刃の草刈り機で強引に切り落とすのは板谷さん、落ちた木を山側へ上げるのも一仕事だ

4868加計納涼187141 

4920加計納涼187142 

4961加計納涼187143 

5009加計納涼187144 

5018加計納涼187145 
商店街で開かれ加計納涼まつり。全ての人ではないが、声をかけながら撮影した。NGを出す人はいなかった。著作権・肖像権セミナーで聞いた「こそこそせずに堂々と撮ろう」を実践した

PageTop

さんけん新聞 14号

 新聞の紙面改革は大々的に打ち出す場合と気付かぬうちに変える場合がある。さんけん新聞はこれまでに行間を狭くして、文字を太くした。中規模の変更だった。今号から発行人欄へホームページのアドレスを加えた。このため「一口メモ」の天地が狭くなり、1行の文字数を減らして、行数を増やした。ほとんど気付かない変更だ。この程度でもワードで編集すると思いのほか手間取る。次の紙面変更があるのかどうか、14号にして安定期に入ったのか。さんけん新聞第14号 18年7月
原稿は理事らが手分けして書いている。新聞記事スタイルに少しづつ慣れたのだろう、元の原稿が跡形もなくなるようなリライトは減ってきた。編集作業も若干楽になっている

PageTop

水路土砂撤去

 大雨は仕事を増やす。太田川から取水している水路が土砂で埋まった。業者に撤去を発注するのは決まり事だが、重機が入らない場所は人力しかない。有志が出動して砂利をかきだした。だが、余りの多さに水流の力で太田川へ押し流す作戦にした。しかし、思い通りにはいかず土砂は水路に残った。水路の底を見ると砂は少しずつ流れている。水に頼るしかない。結果は後日になる。お疲れの後、週末の避難活動の検証と、力仕事の慰労を兼ねてグィ。

9024土砂撤去18791 
水路は完全に埋まった。毎年のように繰り返される作業だ。作業員は手慣れたもので完璧に除去した

9017土砂撤去18790 
水路が集落へ入る前に、太田川へ水を落す場所がある。ここで土砂を落す作戦だがその量は余りに多い。炎天下、休憩中

9031土砂撤去18792 
水が流れてきた。水路の底の土砂を下流へ送る。終わりのない作業、時間切れになった

9034土砂撤去18793 
ささやかに慰労会。肴の絶品は太田川のイダの刺身。イダは大水が出て岸辺に避難していてすくい取られた。被害魚である

PageTop

流れ出る山水

  「大雨が降ると浸み込んだ水が、山際の田んぼに噴き出す」。数年前に亡くなった方に教えてもらった。我が家の裏の休耕田だが、俄には信じられなかった。昨日からの避難所を閉鎖して、家の周囲を見回っていると、2枚の休耕田がきれいな水をたたえていた。噴き出すほどではなかったが、石垣のそこら中から水が流れ出ている。山の地下に水の道があるのだろう。流れ出る以上に降ったら山が崩れる。もっとも浸み込まなかったら大洪水になる。

9013山水18771 

9015山水18772 
草刈り隊が1週間前に刈った休耕田、初めて見る光景だ。見え難いが石垣の左右下部から水が出ている

PageTop

大雨、避難所開設

 台風7号はさほどではなかったが、引き続いた梅雨前線の活動は活発で6日深夜には大雨が予想された。6日午後、山際に住む人を中心に明るいうちの避難を呼びかけた。高齢者に1泊はキツイと思われたが、防災意識の高さを裏付け避難所は「にぎわった」。小さな集落だから、民泊気分で会話が弾んでいた。集会所にテレビがないのが課題、朝食のおにぎりを用意すべきだった。「避難したくなるような受け入れ態勢にしよう」との声があった。検証したい。

9002大雨18763 
坪野ふれあいセンター。雨の中、5時ごろから避難が始まった。避難者は16人、10時ごろには毛布をかぶって、ごろ寝で埋まった

9011大水18765 
善福寺。避難者6人、本堂にテレビが用意され、広島―巨人戦をゆったり観戦。残念ながら敗戦

9000大雨18762 
坪野の前の太田川。記憶では10年ぶりぐらいの水位。2005年の洪水で集落が浸水し、大きな堤防が整備された。まだ恐怖感は起きない

8998大雨18761 
堤防には集落から太田川へ流れる川の水を調節する水門が二つある。委託されている人が24時間、30分ごとに両方の水位を記録する。長雨になると負担は大きい。自動化できるはずだが

PageTop

猪の仕事

 猪の怪力には驚かされる。家の近くの草が茂った休耕田が昨夜、猪に掘り返された。2㍍✕4㍍、深さは最大40㌢ぐらいある。これまでに見たことがない豪快さだ。スコップや鍬を使っても大仕事なのに、よくも鼻先だけで掘れるものだと感心する。食べる物があるとも思えないのに。猪が掘った横の休耕田は昨日、草刈り隊できれいに刈った。そこは無傷、草に身を隠せる場所を選ぶのだろうか。深夜、寝静まった田舎で出歩く人はいない。野性は用心深い。

8983猪18722 
草丈は40センチぐらいはあろうか、ヒメジオンが咲いている。実は左の道路を挟んだ50メートル先には、収穫していない我が家のジャガイモがある。なぜか道路を横切らない

PageTop

県写連だより12号・セミナー

 広島県写真連盟など在広の写真団体が協力した「著作権・肖像権セミナー」を掲載した県写連だよりが各クラブへ配信された。執筆、割り付け、校正は2日で終わったが、発行は所用があって予定通り1週間後になった。講演を紙面化すると、内容の極々一部しか掲載できない。どこがポイントかを絞るのに、ミミズが這ったようなメモを何度も見返す。見出しには取らなかったが、山口氏の「こそこそせずに堂々と撮ろう」が記憶にも、記録にも残った言葉だった。
プチャ
PDFの紙面をJPGに変換する方法を県写連事務局の小下さんに教えてもらった。文字がにじんでいて読みにくい。「さんけん新聞」は本宮事務局長に変換してもらっているが、A3のためかもっと鮮明だ。小下さんには他の方法も研究してもらおう

PageTop