FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

水刎(みずはね)

 坪野の太田川には、江戸と明治に造られた石組みの水防施設・水刎(みずはね)がある。先人が築いた、現役の歴史遺産でもある。しかし、樹木が茂りその姿は見えなくなっている。6月5日、草木が生い茂る河原の改善を河川事務所加計出張所へ要望した際、水刎が話題になった。子供たちへの防災教育に貴重な施設だと訴えた。所長は腰が軽い。業者と一緒に現地を確認した。堤防施設の維持管理のため草木を伐採すると言う。夏には全容が現れる。

8827水刎186131 
現在は国道が堤防を兼ねている。水刎は道から2メートルぐらい下にあり、樹木が鬱蒼と茂る

8828水刎186132 
江戸期の水刎の場所。草木が茂っているが、足元には石が敷き詰められている。説明板はあっても、一般の人が踏み込むのは難しい

8832水刎186133 
明治期の水刎。見つけるのに苦労する。管理しないといつかは忘れられ、遺跡になってしまう

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する