FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

ガイドブック

 「さんけん」の本宮理事長から三段峡の樹木などの撮影を頼まれていた。何の目的かはっきり聞かないまま引き受けた。晴れては撮り難いし、雨では徒歩の長距離がキツイ。曇りの日と私の暇な一日が合致しなくて延び延びになっていた。晴天だが意を決して入峡した。正面口で本宮さんに見せられたのは「奥入瀬フィールドミュージアムガイドブック」。224ページにレベルの高い風景や植物の写真がたっぷり掲載されている。三段峡版を目指すと言う。大役だ。

4171三段峡186177 
奥入瀬を300㍍づつに区切り、2ページのイラスト地図に植物などの位置を書き込み、次の2ページに写真を掲載している。案の定、晴れの写真は少ない

3752三段峡186171  3915三段峡186175 

3780三段峡186174 3929三段峡186179

4154三段峡186176 
明るい対岸と川がレフ板になるのを知った。木は見上げると逆光になって木肌はつぶれ安いのだが、大木が浮かび上がった

3766三段峡186172 
右の渓流側は日が当たって白っぽく飛んでいるが、それはそれで夏の雰囲気になった

3773三段峡186173 
ケヤキの大木。日が当たっていればこそ撮れた。斜めの影がなければいいのだが

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する