FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

二日連続

 昨日18日、小雨、曇の予報に二日連続、ガイドブック用の撮影で三段峡へ入った。雨はわずかで無風、最高の条件になった。正面口から黒淵まで片道5時間半、約500枚を収めた。同じ被写体を何枚も撮るから、題材は80カットぐらいか。花や珍しい植物は「さんけん」の小林さんが丹念に記録しているので、私の守備範囲は木や風景になる。ガイドブックを思い浮かべると、趣味の撮影とは探す題材が異なる。見逃しがあるのだろう、いくら撮っても不安は残る。

4207三段峡186181 
正面口の岩。ほんの一瞬日が差し、苔を照らした。「晴れないでください」と願った

4393三段峡186182 
ガイドブックにはこんなカットが必要なのだろう、と思いながら撮った

4424三段峡186183 

4473三段峡186186 

4514三段峡186188 
大木を大木らしく撮るのは難しい。撮影枚数が増える。3枚目、欲を言えばもっと濡れていればよかったのだが

4629三段峡186189 

4741三段峡1861811 

4701三段峡1861810 
探勝路脇には岩を食う大木、工事した人の遊び心思わせるガードがある。脇見のお勧め。2枚目の木は落そうな岩を止めているように見えるが、多分、木が後から育ったのだろう

4485三段峡186187 
人物を入れる場合、撮影意図を告げる。断られたのはアジアの人だった。言葉も通じなかったし、恐らく後から金を要求されると思ったのではないか

4429三段峡186184 

4443三段峡186185 
いつもの感覚で撮る写真。ガイドブックに使えなくもないので、まあいいかっ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する