FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

さんけん新聞 14号

 新聞の紙面改革は大々的に打ち出す場合と気付かぬうちに変える場合がある。さんけん新聞はこれまでに行間を狭くして、文字を太くした。中規模の変更だった。今号から発行人欄へホームページのアドレスを加えた。このため「一口メモ」の天地が狭くなり、1行の文字数を減らして、行数を増やした。ほとんど気付かない変更だ。この程度でもワードで編集すると思いのほか手間取る。次の紙面変更があるのかどうか、14号にして安定期に入ったのか。さんけん新聞第14号 18年7月
原稿は理事らが手分けして書いている。新聞記事スタイルに少しづつ慣れたのだろう、元の原稿が跡形もなくなるようなリライトは減ってきた。編集作業も若干楽になっている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する