FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

秋終盤                                         (戸河内巡り:18年11月15日撮影)

 秋を撮る暇がなかった。昼前から戸河内・吉和郷、内黒、横川、餅木、小板、寺領と加計・温井を大急ぎで走った。真っ盛りは過ぎているが、それはそれなりにいい風情を見せてくれた、餅木を過ぎるあたりから雲が多くなりイライラ、無理もない芸北へ近いのだから。予定を早め、雲が少ないと予測して、逆光で撮れる寺領、温井を回った。そのころには陽が傾き過ぎ、レンズに光が入って苦戦した。ゴーストを承知でシャッターを切ったが、出来栄えには溜息。

8898吉和郷1811151 

8906内黒1811152 
吉和郷と内黒。これまでにも何回か撮っている場所。下の写真は秋終盤でないと木の葉が邪魔をして撮れない

8933横川1811153 

8942横川1811154 
横川。陽の当たり方に助けられた。上の写真の白い大木は、何回も横を走っているのに初めて出会った

8971餅木1811155 
三段峡の餅ノ木口。最終盤の秋がいい雰囲気だ。すべて散って初冬も狙える

8991小板1811157 

9001小板1811158 
小板川。目は最初、紅葉に行ったが、秋の陽に包まれた
大木が気に入った

9018寺領1811159 
寺領。ススキと遠くの青い山、電線も邪魔にならない。特別な場所ではないが足が止まる

9038温井ダム18111510 

9057温井ダム181114511 
温井ダム。何度も撮った場所、年々樹木は姿を変える。手前の木が成長して撮れなくなる場合があり、撮れるときに撮る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する