FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

楽写展&ブリヂストン美術館展

 中国新聞写真クラブ顧問の大村博さんが主宰する写真クラブ「楽写」と文化講座会員の合同展「楽しく写す 仲間たち」展、ブリヂストン美術館展の二つを巡った。楽写展は66人が全紙101点を出品、風景や動植物、スナップなどの色鮮やかな作品が並ぶ。「特段の写真ではありません」が大村さんの口癖。一方、印象派からピカソまでのブリヂストン美術館展は照明が落とされていることもあり、沈んだ色調に引き込まれる。近寄ると細かな筆遣いに驚かされる。

0657楽写展1811262 
大村さん(左から4人目)は動き回って話が弾む。広島市まちづくり市民交流プラザ北館4階ギャラリー(中区袋町6-36)。12月2日まで、10時から18時

0656ブリヂストン1811261 
モネ、ルノワール、セザンヌ、ピカソら30人の76点。ひろしま美術館(中区基町3-2)。12月16日まで、9時から17時。一般1,400円(高齢者1,200円)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する