FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

女性4代

 89歳の義母と1歳1か月のひ孫の杏ちゃんが広島の自宅で、賑やかなときを過ごした。女性4代の主役は当然杏ちゃん、大人たちを振り回したり、愛嬌を振りまいたり、たまには爺さんにも笑顔を見せた。わが子のときもこれほど動き回ったのか、すっかり忘れていて思い出せない。ボールペンでジロジロができ、自分の思いも主張もする。今はつかまり立ちのレベル、「這えば立て、立てば歩めの親心」の真っ只中だ。次にやって来るのは雛壇飾りのころか。

1282杏ちゃん191211 

1302杏ちゃん191212 
ひいお婆さんは「ええ子じゃねぇ、肌がきれいじゃねぇ」と言いながらも、ときどき「僕ちゃん」と言ってしまう                          (昨年の1月5日付のブログ参照)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する