FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

新雪(戸河内・芸北:19年1月27日撮影)

 一夜明けるとすっきりした空気。安芸太田フォトクラブの5人は午前9時、戸河内インター駐車場へ集合した。「朝日に光った山がきれいだった」「途中、きれいだったのに撮れんかった」など、期待させる雪景色だった。が、気温は高めで日差しが強く、樹上の雪は次々落ちて、状況は段々と悪くなった。戸河内から芸北へ。救われたのは比較的早い雲の流れ、新雪の風景に明暗を付けてくれた。「来ますよ、来ますよ。今、今、今っ。はい終わり。撮れましたか」。

0377吉和郷191271 

0402吉和郷191272 

0419吉和郷191273 
吉和郷。戸河内から立岩ダムへ向かうルートで、写真愛好家の姿は少ない。安芸太田フォトクラブの庭だ

0428深入山191274 

0432深入山191275 
深入山。南口登山口から登って木の
面白い影を撮る予定だったが、雪が少なくブッシュが出ていそうで見送った。「いこいの村ひろしま」前の一カ所にお目当てがあった

0442臥竜山191276 

0446臥竜山191277 
戸河内小板(上)と芸北長者原からの臥竜山。ともに定番ポイント。小板は道から少し入った所から撮るが、既に一人の足跡があった

0499八幡191278 
八幡。雪が少ないから撮れた1枚、水路の葦が持ちこたえている

0506八幡191279 
八幡。15秒ぐらいだろうか、日当たりは右から左へ移動した。願い通り、手前の雪には日が当たらなかった

1886八幡18294 
昨年2月9日早朝に撮影した同じ家。雪の量が全く違う、気温は氷点下23度

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する