FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

里に春(加計・戸河内:19年3月21日撮影)

 強い雨が心配された春分の日、安芸太田とあすなろ両フォトクラブの合同撮影会は、徐々に天候が回復し、里の春を感じる一日になった。前半は雨上がりの霧が流れ、傘をさすほどでもなく、しゃがみ込んでホソバナコバイモが撮れた。後半は日が射し暑さを感じるほどになった。暖冬だったせいか、例年より梅の散り方が早いようだ。桜はどうなるか、過去のデータを基にして撮影スケジュールや場所を決めていたら、当てが外れる危険性がある。ご注意を。

0589安野193211 

0627安野193212 
花の駅・安野。花まつりは4月7日だが、桜の満開はそれより早まりそうだ

0656津浪193214 

0653津浪193213 
津浪。ホソバナコバイモが見頃、4月に入るとカタクリが咲く。地元の人たちの管理のおかげだ

0672木坂193125 
木坂。国道脇にある立派な石垣。田植えどきや秋、写真になりそうだが撮る角度が限られる

0685筒賀193217 

0676筒賀193216 
筒賀、消防署近くのアズマイチゲ。一段高くなっている所に群生しているから撮りやすい

0699田吹193218 
田吹。昼過ぎの日差しが梅を浮かび上がらせた。標高が少し高く、満開にギリギリ間に合った

※撮影会の後、広島市内でさんけんの「NPO特例認定報告会」と懇親会があり、
  ブログ掲載が1日遅れになりました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する