FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

三段峡ガイドブック発行

 昨年春に出版の話を聞き、撮影依頼があった「三段峡 樹木・景観ガイドブック」が完成した。峡内を29分割して、地図に景勝と植物などの位置を落とし込み、写真のページが続く。私が撮った写真は各章のトップと随所に掲載されている。「さんけん」が大活躍。本宮理事長が景観、松尾理事が歴史について執筆し、小林副理事長も写真を提供した。印刷会社経営の瀬尾副理事長が編集・印刷を担った。制作にはタッチしなかったが、殺人的だったと想像できる。

1934ガイドブック194161 
左がカバー、右が本誌。企画・発行は安芸太田町、A5判、218ページ。2,500円、4月20日発売。問い合わせは役場(☎0826-28-2111)、または本宮理事長(☎090-3421-30469)
※4月19日、価格表示が「2,700円(税込み)」へ変更されたと連絡がありました。

1935ガイドブック194163 
Ⅰ章を除き、Ⅱ章からⅦ章のトップは見開き。黒淵や二段の滝、三段の滝など代表的な景勝はあえて使用しなかった

1940ガイドブック194164 
見開きの地図ページ。樹木の種類や位置、各入り口からの100㍍ごとの距離表示板などが細かく載っている。景勝地を目指して歩くだけでなく、手にすれば多くの発見があるはずだ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する