FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

復帰

 2011年、安芸太田フォトクラブが発足するきっかけになった、公民館の写真講座を私に依頼してきた当時の町地域づくり課長だった栗栖さんが定年退職し、フォトクラブに復帰した。最後は多忙な総務課長で、例会や撮影会は長らくご無沙汰だった。24日夜の例会はいつにも増して賑やかになった。クラブが一段と元気になる。広い町内の隅々まで知っていて、野鳥に詳しい。新しい視点の安芸太田らしい作品に期待したい。それに欲張ってクラブ員の勧誘も。

2404例会196241 
上位作品を除いた後、作品について話すクラブ員。左から二人目が栗栖さん

2407例会196242 
上位の作品

左上=夕方、見慣れない帯状の雲が空を分けた。作者は自宅近くで空、雲を多く撮影して
     いる。ストックするとその人だけの貴重な財産になる

左下=土壁の倉と若芽の柿。葉の大きさが丁度いい。撮れるタイミングはそれほど長くは
     ない。何でもない場所でも年に一度は着飾るときがある

右上=山に囲まれた安芸太田には田植えどき、面白い水鏡の風景がいたる所に現れる。
     水平線をどこに置くかが大切、中央に置きたかった

右下=木漏れ日に浮かび上がったユキノシタ。バックが黒く落ちて成功。別の日にも狙っ
     たが背景が写り、写真にはならなかったという

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する