FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

さんけん新聞26号

 今月号には3本の「調査」記事が集中した。それぞれ意義のある調査なのだが、困るのは見出しの付け方だ。主見出しを「〇〇〇〇を調査」ばかりには出来ない。変化を付けるために3本の記事を何回も読んで、的確な見出しを探した。それでも限界はあり、「まぁ、これでいいか」と、妥協せざるを得なかった。百点満点ではないと分かっていて校了する場合もある。過去の紙面を見て、「アリャリャー」と気付くのは珍しくない。印刷物とは厄介なものである。
さんけん新聞 2019年7月号確定版_page-0001 さんけんの会員には正会員と賛助会員がある。区別すると煩雑になるので、初校段階で「さんけん会員」に統一した。ところがチェックミス、「この人」欄の末尾に「賛助会員」が残ってしまった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する