FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

1週遅れ

 都合がつかず参加者が少なかった安芸太田フォトクラブの7月例会を1週遅れで開いた。昨年も7月に流会したが、月をまたいだのは初めて。7月は長雨や猛暑のせいか毎年出品数が減る。今回も出品は21点で若干不調だった。それでも霧に煙る風景や大水、夕焼け、ヒマワリを添景にしたいい作品が見られた。土曜、日曜が草刈隊や「朝市さとやま」など、私の都合で予定が埋まるため撮影会を開けていない。平日でもいいかもしれないなぁ。

2819例会19821 
5点選ぶ投票は、40点近く出品されると迷いに迷って「よう分からん」となるが。20点ぐらいだと上位作品の得票がバラけず、妥当な作品が選ばれる

2820例会19822 
上位に選ばれた作品

左上=霧が立ち込める黄昏どき、静かに重い風景の中で小さなヒマワリが色を添える。自宅
     前の空き家だそうだ。雰囲気に引き込まれてしまう

左下=短時間、真っ赤に染まった。雲の形に変化があればダイナミックな迫力があっただろ
     うが、そんなことは言ってはおれない。撮った者の勝

右上=雲間の朝日。太陽を丸く撮れたのはこの1枚だった。太陽と赤い雲を包む真っ黒な雲
     のバランスがいい。一瞬へカメラを向けて成功

右下=雨の日の蓮の葉。凝って撮ったわけではないのにいい感じだ。画面いっぱいに葉を収
     めたので水滴が強調されたのだろうか

※例会から帰宅すると夜9時過ぎ、翌土曜朝は草刈隊のため6時起床。ブログ掲載が1日遅れになりました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する