FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

秋の始まり

 カープ観戦あり、急用ありで、昨夜の安芸太田フォトクラブの例会出席者は4人になって寂しかった。こんなときは投票による選考はせず、順番に気に入った写真をピックアップして合評しながら、ロビーに展示する写真10点を選ぶ。コスモス、彼岸花、秋空、運動会、しわいマラソン、白菜の作付けなど秋を告げる作品が並んだ。家から遠くない場所での撮影が多く、身近に題材が転がっているのがよく分かる。田舎の風景や暮らしを撮る地元密着を大切にしたい。

3668例会199271 
投票がないと番号札を置かない。集計はないので早く終わりそうだが、おしゃべりが弾んで時間はいつもとそれほど変わらない

3675例会199272 
選ばれた作品

左上=豊平・長笹。山の上に高原状に広がる地域で、安芸太田にはない風景がある。秋の空
     を大きくとらえ、民家を小さく入れて集落の豊かさを表現できた

左下=主役は彼岸花だが、暗く沈んだ石垣がなければ写真にならない。石垣が日陰になり、
     彼岸花だけに日が当たる時間は短い。ワクワク撮影、地元の強みだ

右上=雨の日のギボウシ。しっとりした色合い。光線状態も良く、バックの処理が適切で花
     を一層引き立てる。凝らずに、素直に撮って成功

右下=造形的に部分を切り取って作品づくりを求める意見もあるだろう。が、地元の今を記
     録する意味ではこのアングルも必要だ。右上の空をカットしたい

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する