FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

会議&抽選

 広島県写真連盟の会員限定講演会を25日に開く。講師は遊美塾主宰の西本和民氏。役員会で当日の役割分担などを決めた。内輪のイベントだから細かい調整に神経を使わなくてよく、ある意味楽だ。続いて、県立美術館で来年の連盟展の会場抽選会に臨んだ。抽選順は30組中の11番でまずまずだったが、ゴールデンウイークにかかる日程になり、希望通りにはいかなかった。今年は会場枠が少なく、例年になく美術館側へ不満が多く出された。

 美術館地下の県民ギャラリーは5室あり、1週間単位で美術団体へ貸し出される。申し込み団体にはランクがあり、全国規模の団体などが優先的に場所を押さえる。残った枠を県写連など地元のグループが選ぶのだが、諦めて途中退席する人もいた。不満が噴出したのは県美展の審査や展示に5月中旬から7週間(35室分)使用されている点だった。昨年は5週間だったように思う。しかも使用料が10%上がった。地元団体軽視と言ってもいい。

3871県写会議 
講演会準備の役員会。司会は女性会員、録音・録画はテレビ局OB、副会長は機器に詳しい。私は3分程度の挨拶

3882県美抽選 
会場抽選会。会長の役目とはいえ、嫌な瞬間だ。11番を引いて少し気分が楽になった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する