FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

芸北巡り(高野など:20年5月30日撮影)

 さんけんの総会を控えた理事会が三段峡ホテルで開かれるのに合わせて昨日、新緑見頃の芸北を東の端から西の端まで走った。東の美和地区はそれほど出かけない地域で、どんな素材があるかは手さぐりだ。出かけてみるもので、感じのいい民家が新緑に包まれて、里山の原風景を見せてくれた。ただ、多くは空き家で、いつまでも残る景色ではないと思うと、どうしようもない寂しさが残る。理事会は順調に1時間で終了。バーベキューで懇親を深めた。

5105芸北大谷205131
旧大朝町に隣接している大谷地区。休耕田に放牧されていて、「あんた、どっからきんさったん」といった風情で、物珍しそうに見詰められた

5119芸北大谷205133

5117芸北大谷205132
大谷。道路からは田んぼは見えない。荒れた休耕田を予想して上がっていくと、見事な十数枚の棚田があった。普段は空き家だが、2軒ともこの時季には街から通っていると言う

5131芸北高野205134

5132芸北高野205135

5133芸北高野205136
高野。芸北らしく広々としている。2枚目の4軒は立派な茅葺屋根だったのだろう。雪景色になればトタン屋根が隠れて当時の様子が蘇る

5145芸北高野205137
高野。声をかけて撮らせてもらった。現住の数少ない茅葺屋根、洗濯物が何よりいい。昭和の中期へ戻ったような雰囲気だ

5153芸北大暮205138

5159芸北大暮205139
大暮。苗がもっと伸びるころには、深緑になり面白くない。撮れるタイミングはそれほどない

5183臥龍山2051310

5189臥龍山2051311
臥竜山。雲一つない晴天では、ほとんど撮れない。下の写真は山桜とブナの新緑

5200臥龍山2051312
臥竜山。最近立てられた看板。野鳥撮影のポイントで、長時間、超望遠レンズが何本も並ぶ。キャンプやバーベキューをする人がいるからこんな看板が立つのだろう。「野鳥や地区の人に、誤解やストレスを与える」とやんわり注意している

5219聖湖畔2051313

5232聖湖湖2051314
聖湖畔の定番ポイント。新緑と芽吹きのコントラストが日々変わる。あと10日で緑一色

5236松原2051315
戸河内・松原。田植えが終わった田んぼで苗を直す二人の女性。この作業は結構きつい

5245さんけん理事会2051316

5254さんけん理事会2051317
三段峡ホテルでのさんけん理事会と裏庭での懇親バーベキュー。余裕の大広間、爽やかな風が抜ける屋外。コロナの心配はまずない、田舎の良さだ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する