FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

さんけん新聞 38号

 さんけんの正式名称は「三段峡-太田川流域研究会」である。開峡100周年を前に三段峡憲章を議論した際、「下流を含めた流域全体を視野に入れるべき」との認識で一致した経緯があり、名称に太田川流域が入った。安芸太田町など上流域へ国内最大規模の風力発電計画が持ち上がった。環境や生態、景観などに大きな影響が考えられ、さんけんは理事会で情報収集・提供を確認した。さんけんの使命でもある。今後数年間にわたって、紙面に登場するだろう。
さんけん新聞 2020年7月号2校確定版_page-0001 - コピー
「一口メモ」は文字数が少ないだけにまとめるのは難しい。執筆担当者は5倍ぐらいの文字数で執筆している。 多くは削除されているがこれからもたっぷり書いてほしい、元原稿はパソコンに保管されているから

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する