FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

足かせ

  長々と続く梅雨空、県道脇のがけ崩れや大規模農道の崩壊などがあって、危険な場所が多い安芸太田町では、むやみに車を走らせたくない。例会を1週間ずらして昨日開いた。コロナがあり、撮影意欲の足かせになっているようで若干低調だった。来週末の連休に撮影会を予定するが、天気予報とにらめっこになる。このままだと稲作に影響しかねないし、秋の色付きが懸念される。何とも嫌な2020年、オリンピック気分は遥か遠く彼方へ吹っ飛んでいる。

5899例会207172
作品を展示している川・森・文化交流センターのロビーにコロナ対策のロープが張られた。滞在利用をしないよう注意している。作品は遠くから見てもらうしかない

5890例会207171
上位に選ばれた作品

左上=上半分に霧が立ち込め、田の水を見回る人の傘。梅雨時のいい雰囲気だ。数秒後、
   全身が見える所だったらどうだろう

左下=上下左右を対称のように撮れる数少ない場所。苗がもう少し伸び、青空か、絵に
   なる雲が出ていれば、里山讃歌になる

右上=指先にまで力が入り、シャツは膨らんでベストタイミング。背景がごちゃごちゃ
   しているが、この子が大人になったとき、それも思い出になる

右下=普段は何でもない場所だが、小さな花が撮影ポイントにしてくれた。カメラ位置
   を下げて、手前の花を大きくし、水平ラインを上げる手もあった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する