FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

ジャガイモ収獲

 週末が雨模様なので、じゃがいもの半分でも収獲しようと、ワールドカップの対ギリシャ戦が終わるとすぐ畑へ出た。土はふかふか、手掘りしていると驚いたミミズが次々に這い出してきた。出来は上々で、特にメークインは規格外の大きさが多くあった。ジャガイモは日常的に使う食材ではないので毎年、年明けごろにはしなびて芽を出すものが残ってしまう。「プレゼント作物」として位置付けて、無駄にならないようにしなくてはいけない。

8953ジャガイモ146201 

8962ジャガイモ146202 
収穫前と後。上の写真の草を取った場所にはタマネギやニンニクの囲いがあった。二日前、2時間がかりで草を抜いた。右側の囲いに残り半分のジャガイモがある

8964ジャガイモ146204 
自生した赤シソを残すように草を抜く。全く手がかからない「作物」だが、シソジュースになって夏には喉を潤す。先日スーパーで売られているのを見て驚いた。手前の緑はズッキーニ、奥にはスイカとカボチャ

8959ジャガイモ146203 
左がメークイン、右はキタアカリ。小さい芋も残さず収獲しないと、思わぬ時期に、畑の思わぬ所から芽を出す。この後、暗い納屋に納めた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する