FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

雲海不発(掛頭山など:14年7月21日撮影)

 待っていた梅雨が昨日が明けた。湿った空気は残っていたが、安芸太田フォトクラブの撮影会は、雲海を求めて掛頭山へ出かけた。山並みはクッキリ見えず、空はわずかに染まったものの、ご来光とはいかなかった。それでも初体験のクラブ員は満足したようだ。私の実績では、気象条件を吟味しても雲海成功率は3割止まりだから、初打席初ホームランとはいかない。前もって撮影日を決めず、天候優先で再チャレンジして成功させたい。

1207掛頭山147211 

1221掛頭山147212 

9427掛頭山147217
午前3時起床で来たのだから、何が何でも撮らなくてはならない

1249霧が谷147215

1256 - コピー 

1283千町原147216 
下山して霧が谷、千町原へ。しっかりした霧ではなく光芒は弱かった。露に濡れた花のクローズアップを撮るべきだった

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ちょっと雲が出てますが、これでは、不十分なんですね。
なかなか1回で出会うのは難しいのでしょうね。
次に期待、といっても、梅雨があけてしまうと、もう見られないのでしょうかね。

kawa | URL | 2014-07-23(Wed)19:31 [編集]


雲海

kawa 様
こんにちは。
雲海は夏の強い太平洋高気圧に覆われて、すっきり晴れ渡ったり、秋の放射冷却で冷えたりしたときがベストです。撮影日は梅雨明けして数日したころがよかったと言えます。
私一人だけだったら、こんなこともあると思うだけですが、クラブの撮影会となると責任を感じていまいます。秋に再チャレンジです。

楽農楽写 | URL | 2014-07-24(Thu)11:35 [編集]