FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

命の水

 坪野部落に大きな課題が持ち上がり、町の担当者を招いて住民説明会を開いた。坪野から上流2.5㌔にクリーニング工場の進出計画があり、坪野簡易水道は太田川のそばの地下10㍍から伏流水をくみ上げている。人口減に悩む地域にとっては雇用の場が出来て喜ばしいことなのだが、住民の不安は大きい。町は「厳しい環境基準がある」と説明したが、住民からは水源の変更などを求める声が出された。「命の水」だけに簡単には折り合えない懸案だ。

 簡易水道は45年が経過し、老朽化が目立っている。今年の正月には、ポンプの能力が落ちたのか、漏水なのか分からないが揚水量が減って、トラックで水をピストン輸送して急場をしのいだ。そこへ浄化されているとはいえ排水が流される話が降って湧いた。田舎にとって豊かな自然こそ魅力であり、財産なのだから悩ましい。水道は基幹インフラだけに切実だ。私は部落の事務局なので役目が回って来る。安心して暮らせるために粘り強く動くしかない。

9609説明会148171 
女性からも積極的に意見が出され、拍手も起こった。日々飲む水だけに、いつもの会合とは違う雰囲気だった。水をトラックでピストン輸送したブログ記事は1月29日付

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する