FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

豪雨災害

 昨夜から未明にかけての雨と雷は尋常ではなかった。ピカッ、ドーンではなく、予告なくバリバリッと空気を裂くような音だった。30年前のプレハブ住宅だからか、雨の音も家中に響いた。幸い、我が家は山を切り開いた大団地の頂上部分にあるので、土石流や浸水の心配はない。山に囲まれた別宅の坪野でこんな雨が、しかも真夜中に降ったらと思うと身の毛がよだつ。青森、神奈川、滋賀、兵庫、岡山、松江、佐賀の新聞仲間からご心配をいただいた。感謝。

9613災害148201 
我が家の位置は「緑井」の右、太田川を挟んで直線で約2.5キロ。帯状に降り続いた場所からは少しだけ外れていたのだろう。家の近くの観測データは昨夜20時から今朝4時までで147ミリだった。運は紙一重、他人事でなはい被害の大きさだ(NHKテレビ)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

豪雨

局地的豪雨、しかも夜、避難できる状況じゃなかったですね。
家にじーっとしているしかなかったのでしょうね。
この異常気象は、もう普通の気象になってしまったかのよう。
恐ろしいですね。
ちょっと、雲の位置がずれていたら、他人事ではないですね。

kawa | URL | 2014-08-20(Wed)22:44 [編集]


避難困難

Kawa 様
おはようございます。
夜10時ごろからの雷や雨の音はすさまじいものでした。あの中で避難しなさいと言われても、二の足を踏んでしまいます。80歳近い人だったら尚更です。リアルタイム気象レーダーで確認していたのですが、「雨の帯は移動していくだろう」、と都合のいい方に読み取ってしまうことが分かりました。
午前3時ごろには張り付いてしまい、我が家はほんの少し外れていて「このまま静まれ」と、また都合のいい方に願ってしまいました。ちょうどそのころ土石流が多発していました。
差し迫ったときの避難の難しさを実感、「自分の身は自分で守る」は説得力がありそうで、実は口で言うほど簡単なものではない事を痛感しました。
今日も朝からヘリの音が絶え間なく聞こえています。

楽農楽写 | URL | 2014-08-21(Thu)10:27 [編集]