FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

畑復活

 妻と藤友さん夫婦が駆けつけて、草むら状態の畑に挑んだ。昨日の雨で土は軟らかくて草を抜くのは楽だったが、集めると小山が出来た。早速、耕運して畝を立て、大根の種を播いた。4人とも今夏一番の大汗。部分的でも畑らしくなると気分が乗って来るものだ。カブやニンジン、葉物野菜も播かなくてはいけないし、トマトのビニール屋根や猿対策をしたカボチャのネットも撤去しなくてはならない。天気予報も晴れが続く、一気に本来の畑を復活させたい。

9866草取り14971 
草を抜く妻と藤友さん。ピーマンもナスも出来が悪い。長ネギの草を取ると白い茎の部分が目立った。土寄せをしなくては

9868草取り14972 
二日前に刈った草と抜いた畑の草が小山になった。焼いて灰にしたり、白菜の周りへ敷いて防草用にしたりして有効活用する 

9872畝立て14973 
畝立て作業。小型だが、この耕運機は優れものだ。正回転で耕運、逆回転に切り替えると畝立てが出来る

9878種蒔き14974 
大根の種まきをする藤友夫婦。株の間隔をハンマーの柄の長さで決めて、軽く叩いて浅い穴を作る。そこへ種を2粒播く

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する