FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

秋じまい

 台風は大したことなく過ぎ、何より。実家の稲刈りも順調に終わり、残っているのは粗起こしぐらいだ。収量は、8月の長雨がたたって平年の9割に届かない不作だった。農作業はこれで一段落だが、今年は田んぼの畔際(あぜぎわ)からの水漏れを防ぐ仕事が待っている。真砂土とセメントを混ぜて、漏れる場所へ敷き詰めるのだが、ほとんど人力だから、体にこたえる。それに寒さも加わる。これまでも田んぼの水路工事をした次兄との二人三脚だ。

9941耕運1410161 
耕運前の田んぼ。稲刈りのときコンバインで切った稲わらが焼かれ、田んぼは黒い。次兄が焼き、私がトラクターを使った

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する