FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

いよいよ秋                     (芸北・臥竜山:14年10月25日撮影)

 芸北の秋のスタートは、やっぱり臥竜山がふさわしい。安芸太田フォトクラブの撮影会の場所選びに迷うことはなかった。大きな雲がゆっくり流れ、日差しを待つのがもどかしかったが、爽やかさは申し分なし。あと10日ぐらいが撮りどきだろう。贅沢なほどの写真日和なのに他の写真グループに会わなかったのが不思議だ。9月20日付ブログに掲載した千町原の赤ソバ畑では収穫作業の最中だった。タイミングよく巡りあったものだ。

3883長者原1410251 
臥竜山への途中にある廃屋、前を通るたびに崩れていく姿を撮っている。柔らかな秋の日差しが優しく包んだ

3910臥竜1410252 

3935臥竜1410253 

3970臥竜1410254 

3978臥竜1410255 

3987臥竜1410256 

4034臥竜1410258 

4037臥竜14102512 
以上臥竜山7点。数えきれないくらい通っているが、今回初めて撮ったアングルもある。これだから臥竜山は飽きない

3989臥竜1410257 
ブナの大木に肉薄するクラブ員を、笑いながらゲットするNさん

4044千町原1410259 

4040千町原14102514 
赤ソバの収獲。クラブ員の一人が地元の人と知り合いで、挨拶がてら寄せてもらった。昔の脱穀機を踏むクラブ員

4089千町原14102511 
締めくくりは千町原。運よく大きな雲が切れてくれた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する