FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

雨止んで、ホッ

 未明から雨、5時に目が覚めた。気象レーダーの雲の動きから予想して、安田女子大生が柿や柚子を収獲し始める「11時前には止む」と読んだ。それがピタリ的中、胸をなでおろした。イベントの成否は準備が9割、当日1割。私が気付かない所で地元の人に動いてもらっていて、助けてもらった。3年目になり、若い女性との交流に緊張感はなくなった感じだ。住民の協力者も増え、坪野地区を元気にする行事になってきた。

0264安田141193 
グラウンドへ出てお出迎え。このイベントは天候がヤキモキさせる。1年目大雪、2年目台風、そして今年は冷たい雨。いずれも若い力が吹っ飛ばしてくれた

0303安田141194 
ミーティングで私が、坪野地区での猿被害対策の経過と柿・柚子もぎの意義を説明した

0325安田141196 
有害鳥獣追い払い用の大音量花火の実演。ドカーンと3回鳴るとわかっていても学生からは驚きの声が上がった

0340安田141197 
もう雨は止んでいる。初めての高枝バサミに苦戦、柚子の枝のトゲが刺さって「イターッ」

0374安田141199 
柿の木上空(左上)へ空撮するラジコンが接近。映像は23日の産業文化祭で公開される

0429安田1411911 
昼食は班ごとに分かれて車座。おにぎりは自分たちで握った。豚汁の人気が高かった

0461安田1411912 
食後、学生が三味線を演奏。これまでにはなかった趣向で、花笠音頭などを歌った

0481安田1411913 
ススキの葉1枚でバッタの作り方を教える山本さん。裂いたり、畳んだり、折り曲げたりする複雑な手順に、学生さんは興味深そう

0485安田1411914 

0522安田1411914 

0507安田1411916 
午後からは柚子絞りと干し柿づくり、柚子の足湯を体験。ホット柚子のサービスもあった

0545安田1411917 

0557安田1411917 
1日の出会いは笑顔でお別れ。「それじゃ、また来年」、と言っても学生の顔ぶれは代わる

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

イベント

若い人たちが、地元の人たちの中にはいってのイベント。
盛会で、準備の甲斐がありましたね。

私も、今月末、公民館に96人が集まる囲碁交流会の幹事で、準備のため忙しくしています。当日は手伝いをしてもらいますが、準備は、一人でやっています。

kawa | URL | 2014-11-10(Mon)18:04 [編集]


少々お疲れ

kawa 様
こんばんは。3回目で様子が分かっているとはいえ、少々お疲れです。道具類の手配や文書の作成、観光協会との連絡・調整、会議の進行、お手伝いのお願いなどなど、イベントは一つ一つの積み重ねですね。
現役のときは、同僚や広告代理店、イベント会社などとタッグを組んでやっていたので、役割は部分的でした。そのときに比べ裏方の仕事は比べようもなく多くあります。でも、達成感はありますね。
気が付いたことはすぐメモして、一つ一つつぶしていくことがポイントだと思います。囲碁交流会が成功しますように。

楽農楽写 | URL | 2014-11-10(Mon)19:49 [編集]