FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

藤森会in沖縄

 20年前ごろの新聞労連中央執行委員会のメンバー有志が、全国の観光地で旧交を温めている。名称は当時の委員長名をからとって「藤森会」。15回目の今回は沖縄で、幹事の計らいかどうか定かではないが、知事選投票日に合わせた日程だった。本土では見かけないノボリの林立や撤去されないままの終了した演説会の大看板、1面から選挙一色の地元2紙の紙面づくりなど、奔放な沖縄らしい勢いが新鮮だった。藤友夫婦と2日前から先乗りした。

0675選挙1411146 
当選した県知事・翁長候補、那覇市長・城間候補ら、オール沖縄陣営のノボリ

                        ◆


※藤友夫婦は新聞労連に縁もゆかりもないが、いつの頃からか、私が誘って参加する
 ようになった。今ではすっかり藤森会の一員だ。

◎1日目(13日)
0569座喜味城1411131 

0576残波岬1411132 

0583沖縄1411133 

0587沖縄1411141 
上から座喜味城址、残波岬、大満足の沖縄料理。宿泊はリゾートホテル。レンタカーに乗ったのが午後3時前だから、ホテルへの道すがらの駆け足観光になった

◎2日目(14日)
0601万座毛1411142 
万座毛。37年前、新婚旅行で訪れた。当時は柵がなく、恐ろしい思いをしながら写真を撮ったことを鮮明に覚えている

0650上村酒造1411143 

0658上村酒造1411144 
神村酒造の泡盛倉を見学。案内してもらったのは神村さん、大きな倉でないのが幸いして親近感があった。売店で土産をたっぷり購入した

0664勝連城1411145 
勝連城址。頂上は標高約100㍍、登るかどうか駐車場で迷っていると、下って来た人に「ここまで来たのなら」と言われた。登る価値あり

0679與儀さん1411147 

0724與儀さん1411148 
私が福岡勤務だったときの琉球新報支社長だった與儀さん(写真上、中央)と7年ぶりの再会を祝った。前日とは違った沖縄料理を堪能、與儀さんの解説も完璧だった。島唄に合わせて踊り、琉球の文化に浸った

◎3日目(15日)
0754首里城1411151 
午前中、首里城を見学。修学旅行生が多くごった返していた。ガイドをしてもらわないとただ見ただけになってしまう。それにしても沖縄戦がなければと思う。世界遺産になっているのは床の下の石垣だそうだ

0773普天間1411153 
午後1時、藤森会の面々と合流。早速、普天間基地が見渡せる展望台へ。沖縄戦の経緯と基地の危険性を元民放労連の大島さんに説明してもらった。基地(写真右上辺り)は休日でオスプレイや軍用機は飛ばず静かだった

0800シュワブ1411154 
キャンプ・シュワブ第1ゲート前で「辺野古反対」を訴える人達にエールを送る藤森さん。塀の向こうには米兵らしき人、ゲート前と私たちの背後には日本の警察官がいる

0801シュワブ1411155 
暗さや悲壮感など全くない。沖縄の人たちは腹が据わっているのだろう、へこたれない強靭さを感じる

0808辺野古1411156 

0816辺野古1411157 
辺野古の座り込みテントで記念撮影。最前列がガイド役の大島さん。「座り込み3863日」の粘り強さにはただ感服するだけだ。8月31日付ブログに書いた、元官房副長官補・柳澤協二さんの講演を思い出した。「辺野古で反対運動をしている人にとって、勝ち負けの問題ではない。やらなけれなならないのです。そこに意義がある」。

0821藤森会1411158 

0829藤森会1411159 
宿泊は海の近くの民宿。通常はホテルや温泉旅館だから異例中の異例だ

0842藤森会14111510 

0851藤森会14111511 
しかも夕食はバーベキュー。風が当たると寒かったが、小屋に入ると流石に沖縄、快適だった。記憶に残る藤森会になった

0901藤森会14111512 
2次会はぎゅうぎゅう詰め。酔いが回った私は、いつものように少し早目に部屋へ帰ってバタンキュー

◎4日目(16日)
0977島唄1411161 
朝食の後、「なだそうそう」などを聞かせてもらった。沖縄の民宿ならではのサービス

0995水族館1411162 
美ら海水族館。大水槽前では5分ぐらいの滞在だったが、運よく2匹のジンベイザメが行き違った。しかも低い位置を。イルカが尾びれにちょっかいを出している

1027摩文仁1411164 

1044ひめゆり1411165 
摩文仁の丘とひめゆりの塔。南部地域に入るとバスガイドさんの説明は、詳しくなり熱が入った。沖縄の心が伝わって来た

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

沖縄

スケジュールびっしり、盛りだくさんの沖縄の旅でしたね。
訪れたことのあおる名所旧跡がたくさん出てきました。

kawa | URL | 2014-11-19(Wed)19:00 [編集]


沖縄旅行

kawa 様
こんばんは。
体重が増えた沖縄の旅でした。ちょっとした観光ポイントは「わ」ナンバーのレンタカーがびっしり。それに修学旅行生とアジア(台湾や中国)からの団体客に巻き込まれました。泡盛の倉のような場所が、本当の沖縄観光のようで、事前調査がキーポイントですね。それにしても、人口が増えている沖縄には元気があります。基地なんかぶっとばしてもらいたいです。来年は「ディープな大阪」になりました。これも楽しみです。

楽農楽写 | URL | 2014-11-19(Wed)23:22 [編集]