FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

いきなりの冬                              (千町原など:14年12月2日撮影)

 寒波襲来が的中。雪は山の頂きあたりだけと予想していたが、畑も白くなった。大根を覆っている猿対策用のネットが重そうに垂れ下がり、危うく潰れるところだった。二日前に冬用タイヤに換えているので準備万端整っている。迷うことなく芸北へ向かった。千町原で積雪15センチぐらいだから走りは楽々だった。が、強い風に止まぬ雪が撮影を難しくした。速いシャッタースピードにすると雪がゴミのように写るのでスローで切った。ブレの失敗作が数々あった。

5067自宅141221 
もう2センチ降っていたら、囲いは潰れていただろう。雪をはたき落すだけで、事なきを得た

5106津浪141222 
加計・津浪地区の定番ポイント。何回も撮っているのに、柿があるとは気付かなかった。雪があって写真になった

5127柴木141223 
三段峡入口近くの戸河内・柴木。色づいている葉が残っているのはこのあたりまで。実は車内からの撮影

5144小板141224 

5156小板141225 
戸河内・小板の2点。林の中で静かに崩れていく家は、手前に邪魔なものがあっても撮りたくなった。下の写真には電線が写っているので生活があるように感じさせるが、茅葺きの家は空き家になっている

5161長者原141226 
長者原の定点撮影している家。シャッター速度1/8秒だから若干ブレている。屋根の雪が飛ばされた

5241千町原1412213 

5245千町原1412214 

5182千町原141228 
千町原。雪が横殴りになると肉眼でもはっきり見えなくなる。少し強めの修整を加えているので、実際は写真のようには見えていない。愛車は4WD、この時期のためだ


5212千町原1412212 
よく立ち寄る小さな池。季節ごとにいい表情を見せてくれる。早くも結氷していた

5187霧が谷141229 

5191霧が谷1412210 

5208霧が谷1412211 
霧が谷の3点。誰も歩いていない木道を1周した。途中、雪が強烈に吹きつけた

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する