FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

撮り納め(芸北など:14年12月23日撮影)

 安芸太田フォトクラブの撮影会が今年の撮り納めになった。日程は雪の具合を見て4日前に決めたので、年末と言うこともあってか参加者は何と3人になった。気温は上がり、久しぶりの晴れ間も出て撮影は楽だったが、冬らしい光景は今一歩。それでも何とか写真になるもので出かけないといけない。厳冬の撮影は来年の楽しみにしておこう。出来れば、氷点下10度を下回る晴天の早朝を芸北で迎えたいのだが、前夜に決めなければならずクラブでは難しい。

5449川手1412231 
急に気温が上がったためか戸河内あたりは濃い霧に包まれた。日が差し、急きょ車を止めて撮影した。場所を選んではおれなかった

5469深入山1412232 
定番ポイントの深入山。絶好の登山日和、体力のあるうちに登っておきたいと思う

5492国道沿い1412233 
国道脇にもいい被写体があった。交通量は少ないから、こんなときは遠慮なく止める

5514臥竜山1412234 
臥竜山。全面に日が当たり不満は残るが、こんな好天は滅多にないのでシャッターを切る

5526小板1412235 

5543小板1412236 
戸河内・小板集落。空には申し分ない雲、タイトルは「冬晴れ」以外にない

5595荒神原1412237 
芸北・荒神原。ほとんど出かけない地区だが、古い民家の屋根がいい場所にあった

5597板が谷1412238 
戸河内・板が谷集落。山の中に張り付いた集落に見えるが、脇を国道が走っている。雨上がりに霧が湧き立つと絵になるポイントだ

5632梶の木1412239 
戸河内・梶の木。シンボルのもみの木へはカメラを向けたくなる。以前は手前に水田がありいい風景だったのだが

5637梶の木14122310 
梶の木集落からの帰り道、杉がアーチになっていた。梶の木へは2方向から入れるので孤立する恐れは少ないが、通行止めになる危うい場所は町内に数多くある

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する