FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

豪華還暦祝い

 押し迫った29日から1泊2日、子供たちが妻の還暦を祝って佐賀・嬉野温泉をプレゼントした。新幹線はグリーン、宿はミシュランガイドでも最上級に認定されていて、部屋は離れの特室。佐賀牛をはじめ、料理は申し分なし。御献立の一品一品を見ながら、これまでにない味や食感を堪能させてもらった。およそ30年ぶりの家族だけの旅行は、生涯で「最初で最後の豪華旅」になった。「次はお父さんの古希か」と言うと、今や70歳は稀ではないとのこと。

1729還暦1412291 
年末の帰省客が多く、新幹線グリーン車内の撮影はこれが限度だった

1734還暦1412292 
新鳥栖駅にあった有田焼の新幹線模型を見つけて「ワアーッ」と娘。まだまだ若い

1739還暦1412293 

1746還暦1412294
佐賀城本丸歴史館は年末年始休館、初めて見るしめ飾りに救われた(写真上)。ネットで開園を確認して吉野ヶ里へ(写真下)

1755還暦1412295 

1757還暦1412296 
肥前浜宿の酒蔵通りを散策、近くの祐徳稲荷神社へ足を伸ばした。さて各自、何をお願いしたのやら

1767還暦1412297 

1768還暦1412298 
約3時間の宴は少々飲み過ぎで、デザートが出る前にベッドへ行く羽目になった。5人はその後、トランプゲームで盛り上がった

1779還暦1412301 

1782還暦1412302 
とっておきのサプライズは、リムジンカーによる駐車場までの見送り。「次に乗るのは箱入りかのう」と冗談

1793還暦1412303 
有田での買い物を済ませ呼子へ。少な目の2500円コースにして正解、最後にイカのテンプラが出たときには腹いっぱいだった

1795還暦1412304 
名護屋城址は、佐賀駅の列車時刻を心配して入り口あたりで引き返した。結果的には1時間の余裕があったのに残念

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お祝い

うれしい家族旅行になりましたね。
うちは、私が年明けに古希、お祝いがあるとは思えません。

kawa | URL | 2014-12-31(Wed)16:06 [編集]


謹賀新年

Kawa 様

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
大奮発のお祝いでした。元気なうちに何かと理由を付けてイベントをするのも、人生を楽しむ極意かもしれません。今、山陰へのカニ旅行が計画されています。今度はケチケチ旅行になりそうです。

楽農楽写 | URL | 2015-01-01(Thu)14:45 [編集]