FC2ブログ

楽農楽写Z

西中国山地の風景だけを撮影する団塊男が定年後、広島県安芸太田町に休耕田付きの民家を借りて、田舎暮らしを楽しんでいます。豊かな自然を紹介しながら、地域の情報を発信します。       

拡大or横ばい

 今年の景気は「拡大87%、横ばい7割」。昨日と今日の中国新聞に掲載された二つの調査結果の主見出しを読んだ人は、頭がこんがらかったのではないか。「拡大」としたのは主要111社を対象にした共同通信の調査、「横ばい」は中国新聞が調査した中国地方の主要211社の結果だ。大企業だけがアベノミクスの果実を受け取っている、今の日本のいびつな姿が正直に現れている。どちらか一方だけを読んだ人は、間違った情報をつかまされたことになる。

1820調査結果15141 
調査対象が違うとこれほどまでに結果が異なる。地方の企業の苦労が分かる

 共同通信の結果には目を疑った。実感とあまりにもかけ離れていただけに、中国新聞を見て別の意味でホッとした。全国の地方紙が同様の調査をしていれば、地方の人は二つの結果を見比べて、自分なりに整理できる。中央の官僚や財界人、マスコミ、「御用」と名付けてもいいような学者やエコノミストへは地方の情報は伝わり難い。例え落差が分かったとしても、「全国津々浦々へアベノミクスの成果を届ける」と、根拠のない甘い言葉で覆い隠す。

 二つの調査で気にかかる点がある。調査対象が「主要企業」なのだが、それ以外の大多数の中小零細企業の現実はどうなのだろうか。さらに肝心なのは庶民の生活感覚、財布のひもの締め具合だ。ただ、一つ一つの調査にもっともらしい分析やら、意味を見つけようとしない方がいいと思う。調査対象や設問、切り口で結果は操作できるし、数字は独り歩きする。相反する結果を前にすると、人は「自分にとって都合のよい方に解釈してしまう」恐れがある。

 明日は新年互礼会が開かれる。主催者や来賓の挨拶では景気のいい言葉が飛び交うだろう。財界トップや話題の経営者にインタビューすれば、満面の笑みで明るい予想を語るに違いない。テレビのキャスターや経済記者、コメンテーターも切り込んでいくことはない。正月のご祝儀談話だから、それはそれでも許される。拡大なのか横ばいなのか。3か月後、半年先、年末の状況を誰も的中させることは出来ない。まさかの坂を転げる落ちることはないと思うが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

景気

儲かっている企業が、外と内に金を使わず、ため込んでしまわないかと危惧してます。ペナルティー課したいですが、そうもいかないですかね。

kawa | URL | 2015-01-06(Tue)21:19 [編集]


好循環 ?

Kawa 様

明けましておめでとうございます。
さて今年の景気はどうなることやら、盛んに「全国津々浦々」とか、「好循環」とか、甘い言葉が踊っているようです。賃上げに前向きの大企業があるようですが、まず大株主が取るものを取った後の残りが、どれだけあるかですね。頭を抱えている中小企業の社長さんの顔が浮かびます。
たとえ賃上げになっても真っ先に所得税や住民税、年金と健康保険の負担増があります。それに、国と違って賢明な庶民は、増えた分をそのまま使い切ってしまうような、放漫経営はしませんよね。世の中へ出回るような金がストレートに増えるとは思えませんがね。
それにですよ、私たちが若いころの高度成長期ですら、労使がぶつかり合って交渉しても、物価上昇率を上回る賃上げを勝ち取った覚えがないのですから。「好循環」の夢を見ていたら、痛い目に遭いそうです。もっとも、年金生活者には無縁の世界ですね。

楽農楽写 | URL | 2015-01-07(Wed)15:09 [編集]